スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックに思う その6

  • 2008/08/19(火) 23:06:34

オリンピックに思う その6
 ー○○ジャパンって何なのよー

 星野ジャパンや柳本ジャパンなどと聞いて、少し日本のチームは監督に注目がいきすぎな気がしてならない。
 確かに監督の采配が勝負を決することはあるでしょうが、やはり試合を必死にやっているのは選手だからもうちょっと遠慮してほしいの~(星野)。

ではどうして女子サッカーは「なでしこジャパン」なのか?
佐々木則夫監督が率いていれば、 「佐々木ジャパン」でなくてはならない。
 しかし、監督が目立つようではいけないので、
 私は、 「なでしこじゃぱん」は柔らかさに力強さも感じてグーグー
 だと思う。

 それでは他も呼び名を変えてしまってはどうか?
反町ジャパンさくら散るじゃぱん 
選手と監督が反目するなどチームがバラバラであったと聞くが、何せボールを回すことが大好きな集団です。誰もゴールを目指すこともなく、タッチをした回数を競う球技では優勝候補とみた。選手村でもどうして日本は(恐らく)一番弱いのにOA(オーバーエイジ)枠を使わないんだという他国のサッカー関係者から笑いものになったということを聞く。それでも反町監督には美学がある。日本の桜の散る際の美しさを追求したかったのでしょう。 ただ、咲くことなく散ってしまったのでそこが誤算であったかもしれない。

星野ジャパン同級生トリオDEじゃぱん
 コーチの選出は六大学の同級性トリオで、この監督は仲良しの就職先の斡旋をオリンピックでしているようだ。選手の選出にも温情が目立つ。なかよしジャパンとでもしたかったが、リズムがよいのでこうさせてもらった。 

柳本ジャパンやなぎもとはジャニーズジャパン 
オリンピックでジャニーズの出ない応援風景は新鮮である。やなぎは「しだれやなぎ」を意味して、どうも芯がないし、もとをただせば、ジャニーズで興行が成り立っているという意味で銘々させてもらった。
 これでもかこれでもかと妙に世界大会が多いのがこのスポーツの特徴でであるが、そのほとんどが日本で開催されるというところも摩訶不思議なスポーツである。
(おわり)
 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。