スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補欠にスポット

  • 2008/08/04(月) 17:00:37

「ひゃくはち~われら補欠 夢と煩悩のかたまり~』

まだ見ていないものを紹介するのも気がひけるんですが、今週末に公開される映画です。
高校野球の補欠にスポットライトを当てたといことで、面白い映画になっているのではないでしょうか。
野球部員が18人いても補欠が半分。
30人もいれば、ベンチに入るだけでも大変です。
甲子園に出場するようなチームは部員100人ぐらいもざらかもしれません。
「ひゃくはち」という題名は部員108名かなと考えましたが、どうも副題のー夢と煩悩のかたまりー
から推測できますがどうなんでしょう。
「除夜の鐘」ですね。



甲子園でも、メガフォンを持って応援している生徒がよく画面に映りますが、3年生の最後の夏にベンチに入れない子の気持ちがどんなものでしょうか?
それでも甲子園という夢の場所にチームとして応援できるのですから、そんなことは吹き飛んでしまっているでしょう。

さて、主人公、準主人公役の2人は同じ学校の現役高校生だということです。
オーディションに出ることはお互い秘密で、昼休みにキャッチボールをしていたのに、(オーディション)会場でばったり会っって「おまえもか~」ということですが、そんな素人ぽい情熱が伝わって2人とも採用だという結果はこれもめずらしいことでしょう。

この映画を楽しみにしています。
関連記事はこちらから
ひゃくはち
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

映画のタイトル

はじめてコメントいたします。

私も少年野球児の親ですので、いつも楽しく拝読しております。


108は、ボールの縫い目の数だそうです。
偶然ですが煩悩の数と同じなんですって…

  • 投稿者: 師範代
  • 2008/08/08(金) 09:25:54
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。