スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリはじめます

  • 2008/07/25(金) 20:08:28

これだけお休みすると書くきっかけをなくしてしまいます。
リハビリで少しずつ・・・・

北海道では、ドームで試合があるということで、日本ハムではなく札幌滞在日に巨人×中日を見ましたが、当日券で入ることができました。
内野席が3500円とこれまた安かったです。実は外野席で見たかったのですが売られていませんでした。また札幌ドームの紹介をしたいと思います。

あまり遅くなるといけないので6回で帰りましたが、私が帰ると中日が大逆転ということで一番面白いところを見れませんでした。

また、その前日には昼休みを利用して札幌丸山球場で北海道の高校野球を初体験し、東海大四×苫小牧中央をみましたが、高校野球の守備のレベルは上がったなと感じました。

みんなステップも基本通りで、捕ってからも早いですがスローイングも悪送球がほとんでありません。
まだ2回戦ですが両チームとも鍛えられていました。
それでも、東海大四のキャッチーは体格もよく送球の速さも際立っていました。
後から読んだのですが、ドラフトの候補ということですので私も目も節穴ではないと嬉しくなった次第です。

そこで、捕ってからすばやく投げるには・・・これはスリッパ捕球や捕る・掴む・開くなど以前紹介しましたのでやめて、
最近また活躍が目立つ巨人の坂本選手について、
報知新聞に「宮本も認めた坂本の選手」とういうコラムでのがありますが、そこで面白い内容が
ありましたのでここから話題を頂戴してみます。

「坂本選手は教えたらすぐやれる。のみこみが早い」緒方外野守備走塁コーチ
小学校ではまずそんなことはありません。
繰り返し繰り返しの連続です。

それでも、教えられることを自分が叱られているとして、いつも嫌そうに聞いてくれます。
実はわたしが少しだけ子供に平等に接することが出来なくなったのにもこれもあります。
「いろいろ聞いてくる子」と「素直に聞けない子」

少年野球ではまずここから始めてみる必要があります。

そこで、親の方にここで書いておきたいことは、(指導者であれば別ですが)
自分のお子さんに指導されている監督・コーチの話をどういう態度で聞いているかです。
小学生は正直ですから、姿勢・顔にすぐ現れます。

それと、もう1つ感じていることは
監督の話は返事もよく「ハイ」「ハイ」ですがコーチやお手伝いの方の話は横を向くなどしっかり聞かない子がいることです。
子供なりに立場による差別をしてしまっているんですね。
みんな一緒であればまだよいのですが、明らかに態度が違う(^。^)
これは小学校の高学年が一番顕著に現れるのでないでしょうか。

中学校でそうであれば、恐らく「ぶん殴られます」(ちょっといいすぎかな・・いや人間形成が出来てくる
としておきます)

そんな子は野球が上手くなる前に、上手になる大切なものを自ら放棄したようなものです。

あまり信信深くない私も、実は野球の神様だけは絶対いると思っているのです。天を味方にではないですが、回りを味方(自分の応援者)にすることも悪いことではありません。

一度自分のお子さんをそんな観点から見てみて下さい。 (つづく)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。