スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守りのリズム 2

  • 2007/08/01(水) 23:53:47

守りのリズム 2 です。

その前に、私は結構強気で野球論を述べていますが、政治でいえばマニュフェストみたいなものでまだ理想論です。現時点ではそれがチームの強化に役立ったという事実はありません。ただ、これを活用してチームを立て直していき、その経過と結果を報告するのが、このブログの目的でもあります。
ただ、決して思いつきで話しているわけではありませんので、使えるものは使って下さい。 



今日はショートストップのリズムを書いてみます。

打つ瞬間に軽くジャンプして着地をするとしましたが、ことショートストップだけは、勢いをつけて軽くジャンプするのが主流のようです。
その方法を書きます
[方法]
ピッチャーが投げる準備(セットに入る)の時に、右足を前へ出した形で低く構えます。
前回は両足をそろえてジャンプしたわけですが、今回は右足を出した状態から、左、右、左(この時に両足をそろえる)とステップを踏んでジャンプ、相手がヒットするときに着地をします。
これは、前への勢いをよりつけて攻撃的にするのが目的だと思います。

私の知るところでは、二岡、井端、鳥谷、小坂がこのタイプです。
(こういう姿は野球場でしか見れないので、全選手を見ていませんが実際にはもっともっといるはずです)
外野手でも現在売り出し中の阪神桜井などは、ステップは1つですが、右足を大きくだして構えています。

ここまで、名手と言われる選手がするなら、これはもう基本形というよりは必然と考えてよいでしょう。
ただ、これが小学生に相応しいかどうかですが、私はこと「守りのリズム」は真似をしても全く問題ないのではないかと考えます。
小学校ではいろんなポジションをするので、その戸惑いが少し心配ですが、これも変なクセになるものではないので教えてみてもいいと勝手に判断しています。

ただ、打撃フォームに個性があるように、人それぞれにあったリズムを取る方法もあるでしょう。
ですから私は、
1.前回の軽くジャンプは徹底指導
2.今回の前進してジャンプは1が難なく出来る子を、選んで半分ぐら
いに試してみることを勧めます。 
 この身のこなしで内野の要の、ショート、サード、セカンドを決めていいと思います。

以前は、その構えの二岡の動画もあったと思いますが、見当たらなくので探していますので知っている方は是非紹介して下さい。。
しばらくは、見られた方も多いでしょうが何度見てもうなってしまう、今回のテーマの動きから繰り出す小坂選手の動画、「小坂ZONE」をリンクさせていただきます。
http://www.youtube.com/watch?v=8sa4qWXnol0

チームを変える実験 その10:軽いジャンプのタイミングが出来る子には半身から、少し前進してジャンプをさせてみる
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。