スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おったまげたなあ

  • 2008/05/07(水) 23:07:24

おったまげたな

今年小学校の6年になる息子のバッティングについて

以前は早撃ちでしたが、最近は比較的ボールを待つようになりました。
しかし、横から見ているとどうも初球、2球目ぐらいの甘い高さのボールを平然と見送っています。
甘い球は行っていいという指示が出ていることもあるので、恐る恐る聞いてみました。ハーボット
父:おい○○○、あの初球のボール高さは真ん中に見えるけど内角か外角に外れているので打たないのか?

息子:全然、あれまん中やけど、「ぼくはまん中は最初は振らないの!」
ぎょっ!!絵文字名を入力してください
父:最初は小さく絞ってベルト付近のどっちボールぐらいの大きさで狙って行けと言っただろう!!
息子:「だってそこは不得意だもん」

そういえば、内角の球を強引に引っ張って大ファールを披露してくれています。
でもさ~ まん中を狙っていかないなんて、誰も教えていないのに勝手なことをやって下さいます。
「灯台もと暗し」こりゃ、どこかの鉄道会社ではないけど、日勤教育ならぬ再教育が必要かもしれません。

それでも・・・最近は素振りに付き合うことでさえ、「やめて~」と言うようだから、こりゃもう「星一徹型」(彼の1/10ぐらいだけど)指導はそろそろ卒業しなければならないのかなうーむ…
とも考える今日この頃です。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。