スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉ロッテの黒木投手の引退式

  • 2008/03/16(日) 22:33:31

昨日は特別注目の日でありました。

そうれは、黒木投手の引退試合であったからです。
思い起こせば十年前ぐらいであろうか、まだ東海地方にパリーグファンが皆無であったとう時代あら、黒木のファンです。

当時は交流戦もなく、パリーグの試合はほとんど見れなかったのですが、オリックスはイチロー人気をあてにしてが、年に1度「なごやドーム」で公式戦をやっていました。

同僚を誘っても無視されるので、私は1人です。
勿論、並ぶ人もいなくて、いつもは人の流れで試合があるんだなと解るのですが、通行人もぱらぱらで外は静かです。

その時はじめてドームでは内野、バックネット裏も中の通路は一周できるということに初めて知りました。中へは入場チケットを確認して入場するのです。

買ったのは外野席、でも試合途中でもうちょっといい場所で見たいという欲望にかられました、さっそく移動です。そこでバックネット裏のチケット確認通路のバイトが暇そうであまり仕事熱心ではないような感じです。

それを狙ってひょっとしたら中へ入れるのかやってみようと勇気を出して決断。
まず、チケットをポケットから捜すふりをして入り口まで・・声をかけられなかったので急いで入場です。成功! 

そこはもう三塁側ベンチの上で別世界でした。

それでも、すぐに座るのは気が引けてづっと立って観戦。
かえって怪しまれるので「どげんかせんといかん」(宮崎弁)と思い、最後は黒木応援団の10数人の近くで観戦しました。
その応援団は恐らく、社会人時代の同僚だと思います。

試合終了!黒木は勝ち投手となり、記者に囲まれてインタビューを受けて、私達(おいおいあんたは違うだろう)昔の仲間に向かって手を振りました。立ち上がったまま「ジョニー~チャチャチャ」「黒木いいぞ~」とか私も拍手をしていました。わたしも王子製紙の社員に成りきっていました。
まあ毎日電車で前を通るからいいっかtiko-1



そう、黒木選手は宮崎県出身ですが、第2の故郷は愛知県です。社会人では「王子製紙春日井」の出身だからです。

私が黒木選手を生で見たのはそれが最初で最後でした。

最後は肘の故障で1軍への登録もほとんどない状態だったと思いますが、現役への未練はあったと思います。この引退式でも即決でOKした訳ではないと聞きますので、最初はまだ球団に対するわだかまりもあったかもしれません。それでも皆に愛されたジョニーがまた何らかの形で指導者として戻ってきてほしいです。

そんな彼の引退式を紹介したブログがありましたので紹介します。
ジーンとくるんですが、それはファンだけでしょうか。
黒木投手引退式のブログ

プロ野球選手になるという夢をかなえても、活躍は勿論引退式までやってもらえるのは、極々わずかなんですね。華やかに見えますが本当に厳しい世界です。(おわり)
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。