スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりにジャンプしない子ども達へ

  • 2007/07/26(木) 22:23:12

野球に暴投はつきものです。
これは弱小チームにおいては、ヒット数より多いことも珍しくありません。
特にこれは少年野球では顕著です。

じゃあ、しっかり投げて暴投をすくなくしましょう!!
いつもの通りキャッチボール

さあ、練習、練習・・・
ちょちょっと待った!!!!!!!!!!!!

原因は投げるほうだけですか?
(まあ8割はそうでしょうが)
捕り手にも大いに問題ありと思いませんか。
我チームでも、相手の送球に対して全くジャンプして捕ろうとしないシーンを何度も見ました。
手を上へ出すだけで終わり。

ひょっとして今の子は
1.人間はジャンプ出来ることを知らないのかな~
  (カエルの血を少し煎じて飲むか)

2.ジャンプの方法を知らないのかな~
  (足を上げても実質跳んでない子もいるような)

3.絶対後ろへ逸らさないという気迫がないのかな~
  (気持ちの問題か。なんでも人のせいにしているからか ん?ドキッ)

そこで、今回はその対策を考えてみました。
名づけて、
みるみるジャンプが出来る子どもを作る方法
1)ジャンプをして捕ることを徹底する
 練習方法:2人1組で行います。(グラブは使いません)
 1人が投げ手で、3mぐらい離れてもう1人が両足を開いてグラブ側の手を 前に出して構えます。
 これを、左右に交互にリズムよく投げてすぐ返してもらいます。
慣れてきたら、下から上のグラブ使いをイメージして、横8の字の動きを
するのもいいでしょう。
 これは股関節を柔らかくさせて、腿を鍛え、腕の使い方をしなやかにするとてもよい練習です。

 確かにいい練習ですが、これって普通の練習じゃない?
 そうかそうか、これにジャンプを入れてはどうかな
 右、左、ジャンプ 
 取れるか取れないところへ投げて、しっかりジャンプさせて下さい。

2)グラブをはめて、実際に上へ抜ける球を投げてジャンプの練習です。  最初は短い距離でジャンプのコツを覚えます。
  出来る子には距離を長くして、その場ではなくジャンプだと解ったら、判断よく 横、後ろへ動いてジャンプさせて下さい。
  註1)構えは普通のキャッチボールのように必ず両手を広げて膝を曲げる状態から。
  註2) ジャンプする時に少し横を向いて、タイミングよくグラブがその頂点へ向かって伸びているか見ててあげて下さい。
うまくタイミングが合えば褒めます(成功体験を作る)
 また、最初から手を伸ばしてジャンプする子もいそうですが、膝を一度曲げてからジャンプして手を伸ばすことを教えます。
    
3)自分はどれぐらいジャンプ力があるか計ってあげて下さい。
  チョークなどで印をつけてもいいでしょう。
  スポーツテストにこの項目を入れることもよいと思います。

4)日課として、毎日家で柱に向かってジャンプすることを与えてはどうでしょうか。
 我が家では、素振り、アスレチックテープ(ビニールみたいなもの)の、内旋・外旋に加えて、今日からジャンプをやらせてみたいと思います。今は量でなくやり続けることにより、精神的に強い子にと思っています。


まだまだ練習方法はあるでしょうが、ジャンプを意識することにより、
躍動感のある、ジャンプしやすい体を作ってあげたらどうでしょう。
いろんなところに効果が出てくると思います。
例えば「ト・ツカ・ヒラ」と、このジャンプしやすい体作りにより、中継が逸れた時に、少しジャンプした状態で体を入れ替えて、着地と同時に返球するとういうかっこいいことも出来てくると思います。

とにかく続けてみましょう!!

そいえば、私たちは毎週ジャンプ(少年)が楽しみでしたね!

チームを強くするアイデア その7:ジャンプ力の強化は必ずチーム力をジャンプさせる!

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

迷監督さん

いえいえ野球はいろんな理論がありますからね。それが面白いんですよね。今帰ってすぐなんでまたお邪魔させていただいてコメントさせて頂きますね。とりあえず、お礼まで。

  • 投稿者: ヨッシー
  • 2007/07/27(金) 22:05:07
  • [編集]

よっしーさん。昨日は「何だ!何だ?」と気をもませるだけのコメント,ごめんなさい。
たいしたことではないのですが,私のキャッチボールの持論を言いたかっただけなのです。本当にごめんなさい。
迷監督・・・・に書き込みましたので,良かったらご覧ください。
「ト・ツカ・ヒラ」を否定するものではありません。ただ,あんまり「両手・両手」「捕ったらすぐ」を強要すると,{?」の部分を感じるのです。もちろん,よっしーさんの理論を否定するものでもありません。投げるのもおぼつかない将来プロ野球の卵達ですから,投げるボールも正面半分・逸れるの半分だと思うのです。

  • 投稿者: 迷解説者
  • 2007/07/27(金) 20:33:28
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。