スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人への野球 その4

  • 2008/02/09(土) 19:47:37

大人への野球 その4
 -捕ったボールを素早く投げる時のよくある間違いー


こんばんは
なかなか更新できませんでしたが、ゴロ捕球が一連の動作でないはあまり支持されませんでしたか(^.^)
動きは一連ですが、投げる動作にはすぐ入らないという意味です。

これをまた書きたかったのですが、今少し書けませんので今回は中日ドラゴンズの野球教室を紹介します。
中村捕手がモデルになっていますので大分古いですが、非常によいことがいっぱい書いてあります。

実はここ(守備編1)でもモデルの荒木、渡辺選手が捕球してから足が動く動作が見れます。
捕る→ボールを掴む→割りを作る(正面でグラブとボールを離す)→足を運ぶ→投げる形に入る
 もう1つここ(守備編2下)で野球教室のキャッチの送球までの写真でこの流れのフォームも見ておいて下さい。
中日ドラゴンズ野球教室

内野でもキャッチでも投げ方の基本は全く同じです。
特に子供たちのキャッチボールで特にここだけは絶対に見てあげて下さい。
捕ったボールとグラブを、そのまま一緒に体より右(右投げ)へ持っていってしまう子が多いです。
しっかり割りを作るということは、グラブは体の真ん中より右へはいきません。

これを勘違いして、「素早く右肩へ引いて早くなげようとしてる子」が非常に多いです。
 これ、比較的動きのいい子にみられます。
 中村捕手のキャッチングしてから、体はターンしてもミットは体の中心より右へはいっていないでしょ!!

大人への野球 その3:捕ったボールを素早く投げる時は素早く体の真ん中でグラブとボールを離すことを心がけなさい

 では今夜は雪見酒でも飲みながらゆっくり読んで下さい jumee☆snowman2Ljumee☆snowman2Ljumee☆snowman2L

ブログランキング
.にほんブログ村 野球ブログ 少年・中学野球へ バナ


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ブログ巡り中に立ち寄りました。
応援ポチッ!

  • 投稿者: サトシ
  • 2008/02/10(日) 15:59:38
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。