スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捕手を育てる その3

  • 2008/01/16(水) 17:56:53

捕手を育てる その3
ー送球の足の運びー


いろいろな本、雑誌から情報収集してみましたが、ヒットエンドラン2006年9月号の元大洋・横浜の市川和正さんの説明が一番解りやすかったのです。ここでまずその3つを紹介します。
キャッチャーの送球いついて
●セカンド送球に必要な3つの要素
1.フットワークの早さ
2.送球の正確性
3.送球の速さ 
この3つがすべて不可欠です。
納得なっとく

●構え方
 走者がいる時といない時は構え方が違うが、
 走者がいる時の構えは、お尻を浮かして左足を少しだすのが一般的ですが、平行でもよい。
(でもほとんどは左足を少し前と教えているんじゃないでしょか)icon4
 
●足の運び(ステップ)には3つあるという
1.その場で踏み変え(ノーステップだが地肩の強さが不可欠)
2.1歩踏み込み(一般的)
3.1歩後退 (元ヤクルト古田選手)



さて、さてどれがよいとは言い切れませんが、私は勢いをつける意味では、一般的な2.の一歩踏み込み型がよい気がしますが、いかがでしょう。
【3つのステップ図】
捕手ステップ図


昨年の秋の大会では、ばたばた2歩ぐらい走るキャッチもいましたが(笑)、ある程度経験すればそんなこともなくなるでしょう。あなたのチームの捕手はどれに当てはまるのでしょ
う。
これだけはチェックしておいてはどうでしょうか?
1.キャッチしてから、最初に左足を出していることはないか
(左足が先に1歩出ると、次が軸足なりますので1歩余分な時間がかかります)
2..右足がちゃんと投げる方向に直角に出ているか(基本中の基本)
3.捕球と同時に右足を踏み出す素早さがあるか
4.いつも、ややカカトを浮かせて、左足を前にしてお尻を浮かせて構えているか。

ある雑誌にその練習方法がありましたので紹介します。一度試して下さい。
(1)地面に十字の線を引いて、捕球後右足を横のライン上に置きます(軸足を直角にする)
(2)ボールを1個踵に置いて(踏んで)構える
.にほんブログ村 野球ブログ 少年・中学野球へ
捕手を育てる その3:送球の足の運びは右足を前に出すステップが基本。まずこれを試してみること! 
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。