スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球のコツ

  • 2014/11/24(月) 20:48:37

野球のコツ
ーコントロールつけるにはー


コントロールをつけるには握り方や手の振りやステップなど数え切れないほどあるでしょうが、今回はこの題で、ボールを離す際に指で強く押すことを紹介します。

よくボールを手のひらに乗せて、指先で真上に上げることをしている選手(特に投手)をみますが、これって大事だなと思います。つまり指先感覚です。

これはあたりまえですが、初めての子はできません。手を全体を使ったり手首をつかってしまうのですが、主に人差し指、中指のみを使います。

私は小学校5年の秋という比較的遅く入部した学童には素振りだけでなく、これとボールを素早く掴む練習を日課とさせます。

投手では仰向けになり天井へ向かってボールを真上へ上げる練習ですが、これはボールを強く握ったりすれば上手くできないので軽く握る習慣もつきます。

私の経験ですが、トスバッティングでストライクが急に入らなくなった時に、指先で押す感覚でボールに回転をかけることにしたら力が抜けてストライクが入るようになりました。もう50才の時ですが・・・(笑)

これは投手だけでなく内野手でもこのスピンの感覚は必要です。これは短い距離でも磨けますからこの指先感覚を磨いておいて損はないでしょう。

もと中日鈴木孝政さんの言葉を借りて、これを野球のコツとします。
野球のコツ: 最初からボールを強く握ると、手首がロックされるためにスナップが効いた回転のよいボールは投げられません。はじめからしっかり握るのではなく、ボールが指先から離れる直前リリースする直前に指先に力をいれましょう。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。