スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『42 〜世界を変えた男〜』

  • 2014/11/10(月) 21:30:47

『42 〜世界を変えた男〜』

今は、息子が大学の受験勉強なので高校野球の練習試合も見ることもないですし、秋の県大会や東海大会なども見ることはありませんでした。 もっぱら少年野球ですが、今年はプロ野球の試合は1試合も球場では見ていないのに気がつきました。

すこし、気が抜けた感じです。

今回はひさしぶり野球の映画を見たのですが、派手さはないですが野球ファンは必見の映画です。
『42 〜世界を変えた男〜』 見られなくてもほとんどの方は知ってみえるでしょうが、黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの伝記ドラマです。そう全球団の永久欠番42のジャッキー・ロビンソンです。

その中で、ブルックリン・ドジャースの会長ブランチ・リッキーをハリソンフォードが名演技でしたね。
彼の代表作は何だろうなとふと考えたんですが、やっぱり私は「ブレードランナー」かな。そして「レイダースー失われたアーク」「逃亡者」 いや「刑事ジョンブック」かな? 迷いますね。

「ブレードランナー」といえば独特な哀しさのあるSFですが、その独特の哀しさのあるSFはと言えば・・・「ガタカ」「第9地区」が好きです。
 それにしてもハリソン・フォードは名作が多い。
 ハリソン・フォードの作品

最後に、映画の中でジャッキー・ロビンソンが私なんかと契約していいのか?というと(状況や言葉はちょっと違うかもしれません)、会長ブランチ・リッキーのこんなようなせりふがありました。
「君は私の野球への情熱を、またかりたててくれたよ」

 今は自分もそんなことを待っているかもしれません。 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。