スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラブは縦に使う!

  • 2014/10/06(月) 23:24:27

グラブは縦に使う!
ーこれって本当?ー


ゴロ捕球の際にどうしても左足が出過ぎる子供達。
どうも指導の中で左足を前に出し「イチ」「ニッ」のリズムで捕るを徹底しているようだ。

私が教える際は、右足をまず決めてから左足は意識しない。左足のかかとを意識するのみ。
それでも左足は前に出るからまったく心配ない。
左足を前を意思すればいつもいう捕球の際は結局横向きで、ボールを弾くと後方へボールが行ってしまう。

これと捕球の際にグラブを体の軸より右へすぐにもっていくから始末が悪い。



さて今回はグラブの使い方。
高代 延博さんの『高校球児に伝えたい! プロでも間違う守備・走塁の基本』です。
高校球児に伝えたい!  プロでも間違う守備・走塁の基本高校球児に伝えたい! プロでも間違う守備・走塁の基本
(2013/12/04)
高代延博

商品詳細を見る


その中でグラブは横に使うです。

またまた息子の話で恐縮ですが、キャッチボールの際に胸より上をグラブを横にして捕球していて、されに肘を横に引くようにグラブを動かしていたので、ついそれは違うぞと言おうとしたのですが、別にミスするわけでもないのでこういう捕球もあるのかなと思っていた。(もう2年以上も前)

この本を見て驚いた!!
グラブを縦に使うのは間違いだと書いてある。
グローブを横使いすると、ヒジが柔らかく使える。つまり柔軟性がありボールの変化に対応できる。

これは久々に衝撃でした。(息子は理にかなっていたんだと)

縦に使うとハンドリングの柔軟性がなくなり、打球の変化に対応できなくなってしまうという。

ちょっと前、キャッチボールの際に相手のボールが上手く捕れない子はグラブの先を押してグラブを広げることを習慣づければ、肘も上がり構えがよくなると書きましたが、まさにそれが、グラブの横使いとハンドリングの柔軟性なんですね。

これって、捕手のミットの使い方と似ているんですね。

これは子供たちにも早くから教えてあげたいですね。
もう自分の顔正面は勿論、少し左ぐらなら横づかいです。
ただ、胸より下の切り返しはちゃんとさせてください。

それ以来、私の中では、「グラブを立てろ」は死語となりました、またグラブを体の前で回して向きや切り返しを教える動作も2通リ必要となります。
従来の①頭の上を通過するものと ②顔の前を通過するものです。

野球の新常識:グラブは立てるな、横に使いなさい!! 
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。