スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかが姿勢されど姿勢

  • 2014/09/21(日) 20:47:47

姿勢から野球を学ぶ (1)
ー姿勢で筋肉の力が入る場所が違ってしまうー


最近は土曜日曜はその朝どこへ行こうか決めるありさまです。高校野球であれば愛知、岐阜なら秋季大会のベスト8、ベスト4ぐらいでどちらかへ行っているのでしょうが、学童やDVD三昧な生活です。

小学校が遠征でないときは、午前中の練習に顔を出しています。
今日はヒマラヤ杯のグループ優勝をかけての試合ということで、その前の下級生の練習と試合を拝見。

前々回でしたかボールをグラブに当てれなくて、グラブと手で挟むような摂り方の子は、教えたことをちゃんと守っていたのでまずは安心です。膝や肘に遊びがないので、柔く使うことを何度も何度も教えます。



今回は宮本慎也氏がPL時代に体の仕組みから教わったのだが今の子はその逆の子供が多いということを書いています。
一つには「気を付け」の姿勢で立たせると両足の親指をくっつけてしまうという。
本来は「かかとを揃えるのが野球には必要」だと書いています。
 野球の守備では腰を落とす時や足を運ぶ時、スローイングの時はこの内側の筋肉を使う。
腰が落ちない子は体が硬いからとか、足の筋力がないから我慢できないとかで片付けてしまいがちですが、この起立の姿勢を知らいない子はそれだけでハンデをもって野球をしていることになりそうです。

その点、中学の硬式グラブで練習の最後でやっていた姿勢の作り方は高校へ行ってから非常に役にたったのでは。
捕球姿勢では非常にいい指導であったと思っています。

ごろ捕球
※ごろ捕球 姿勢で検索した写真を使わさせてもらっています

普通の捕球姿勢をとり、後ろから補助の1人が選手の両足の外から両足の内側へ足を入れます。馬乗りになった補助員のお尻は選手の腰にくる感じでしょうか。
ただ低くなるだけでなくお尻が上がっていると上手く乗れませんのでこうやって、ここまで低くするということを体で覚えるにはいいです。

軟式ではそういう低いボールは少ないしょうが、小学生でも練習のはじめか、最後に取り入れてみることをお薦めします。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。