スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ち進むのには訳がある

  • 2014/08/27(水) 23:59:40

甲子園から学ぶ 
ーフライアウトを少しでも減らすー


高校野球に関係なく、あれだけ打撃のよかったチームが散発数安打、そこまでいかなくとも少しいい投手や変則の投手で見せ場がなく敗退することはよくある。

そんなチームと、どんな投手でも接戦で勝ち上がれるチームはどこが違うのか?
こんなの解かれば苦労しない(笑)

それでも、攻撃型のチームで毎年同じことを繰り返すチームもありそうだ。

今年の甲子園、三重高校は素晴らしい試合をしました。春から打力がすごいと言われていましたが、(練習試合で聞いたのですが・・)三重高校の近くのライバル高校の父兄によれば「言われるほどではないよ」と言ってましたが、おそらく打つことは打つけど意外ともろいと言いたかったのでしょう。

それを新監督が大学出身であったのも今回の躍進に大きく関係したようだ。もちろん試合運び、采配も大きいでしょうが、
(甲子園の雑誌によれば)守備力それも最初の第一歩の動きをなどを徹底的に確認とそれと前回から言っている選球眼を
磨いたことです。
 つまりある程度打撃がいいと評価されているチームはさらに打撃向上としてさらに飛距離を出そうと欲がでるでしょうが、
強く振る、ボールを見極めるという基本に帰り大ぶりしないことを徹底した。

全部の試合を見ていませんが、兎に角強いゴロがセンターへ右バッターでも三遊間へ強い打球が飛んでいきます。
長打なんかその意識の結果なんだとという感じ。

アウトをゴロ、三振、フライとすればかなりゴロ率が高いのかもしれません。
「俺が」「俺が」では、接戦で後半に強いチームはできない。
次に繋ぐという言葉は野球では「魔法の言葉」かもしれない。

俺が決めるという意識ではやはり打席で力んでしまうし、タイミングがずれて凡フライかボテボテである。

甲子園に出るようなチームでもゴロの対するエラーは少ないが、無いないわけではないしそこそこある。
(打球が速いのと緊張から実力が拮抗していればどうしてもある)
でもフライはほとんど無い。
特に下が緩い場合は弾みや送球にも関係するので見えないエラーも含めればいくつもある。

ただ、どんなに芯にあたっても力負けをしたらそれはフライになる。強いゴロを打つには、素振りの量は並大抵ではないだろう。
 大阪桐蔭の監督はどこにも負けない練習をしてきた自負があると言われたが、私立の強豪高はどこも思いは同じであろうが、勝ち上がるチームは次に繋げるという意識を徹底して持たせているようだ。
 上げたら終わり! やはり、フライを上げたらその日の打撃練習はなしぐらいの英断が必要かもしれない!

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。