スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選球眼を鍛える その3

  • 2014/08/19(火) 21:57:03

いい投手は打てない
ー選球眼を鍛える その3-

こんにちは

さて甲子園では、スローボールや盗塁について是非があるそうですが、どちらも非があること自体がおかしなことで、
例のアナウンサーがどういう人かしないですが、スポーツを語るに値しない。特に
「少なくとも、投球術とは呼びたくない。意地でも。こういうことやってると、世の中をなめた少年になって行きそうな気がするが。ハハハ」ではもう身を引くしかない発言ですよね。

私こと、今年の甲子園は少し迷ったのですが、1泊2日で行ってきました。と言っても夕方から出発して宿泊、朝1番で並んで4試合(最後の試合は5回まで)見て帰ってきました。

それでも東海大相模の負けは少し以外でした。このチームとは関東への遠征で試合をやった(監督さんの縁でやらしてもらった)のですが、練習試合ではほとんど負けなし? コールド負けでないことだけで地元のファンに褒められました。
そりゃ4枚も140Km前後を投げる投手がいるんですから。それに打球の速さは半端じゃななかった。

さてこの試合、それだけ盛岡大付属の松本投手がいいからといえばそうでしょうが・・。
確かに彼はズー体は大きいですが機敏です。スカウトさんも彼のバント処理のダッシュを見て惚れ直したと思い
ます。あれで故障あがりで投げていないといういうんですから・・。でも彼は神奈川出身なんですね。

もう一つ感じたのは、甲子園まえくるチームはバント処理にしても絶対アウトにするという気持ちがありますね。

甲子園へ行ってから今年は買っていなかった「甲子園」朝日新聞出版を買ってしまいました。
その中であの時の負けたくやしさで○○の練習を取り組んだというのがチームの紹介でよくあります。
試合でも勝つのはいいですが負けた時何が足りないのか、じゃ~どーしたよいといえば簡単ですが、どうしたらあのチームの上へ行けるのかのかを考えています。

そんな一例を拾って書き出してみます。
前回から選球眼について書いてきましたがそれを鍛えているチームは実に多いです。

八戸学院光星:春の甲子園で優勝した龍谷大平安との2回戦での2-8での負けた悔しさから、打撃では選球眼を磨く練習を重ねた。マウンドからの距離(18.44m)より近い13mから投手の球を
打つ近距離バッティングで変化球を見極める目を養った。

よく対戦相手が決まってから投手を前にして投げさせるということはよく聞きますが、選球眼を磨くために常ね前から投げさせたというところがここでのミソだと思います。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

知人から紹介されてやってみました。

私と同じような体験をしていたらごめんなさい。
母子家庭で1歳の息子がいて、何も買ってあげられなかったんです。
でも、ある方法で私の人生は百八十度変わりました。
お金がほしいと伝えたら、すぐに振り込んでくれたんです。
すぐに裕福になれる方法があります。
冷やかしじゃない人だけにすごいことを教えます。
もし知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてください。
禁断の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。

  • 投稿者: 晴野
  • 2014/08/20(水) 10:40:36
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。