スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍛えたのは・・・

  • 2014/08/14(木) 06:27:32

淡白な打線を変える・・
ー鍛えたのは選球眼ー


昨日の三重と広陵の試合で、三重はしぶとさを発揮して9回に追いつき、11回に押し出しでサヨナラでした。
三重高校は昨秋東海の王者となり「強力打線」と称されながら、打撃が蛋白になることが多かった。
(今、思うとどこかの高校と同じ・・・ただし強力打線とは称されてはいませんでしたが)

そこで4月に中村監督が就任すると、「選球眼を鍛える練習を取り入れた」。
打撃練習時にゲージの後ろで選手たちが審判を努めストライク、ボールの判定をさせる。その結果が三重大会5試合で28四死球、チーム打率4割1部で50得点。
力はあるはずなのに、昨夏、今春と甲子園は続けて初戦負け。

悔しさをバネにしたのだが、やはりこれも一つの課題への徹底力がものをいったのだろう。
よく言われる「ボール球を見極め球数を増やす。投手を疲労させて後半勝負。

この広陵戦でも外角を見送る場面がおおく5回までに86球を投げさせたという。それが終盤に生きたことになる。
最後も押し出しだったということも、この鍛え方が効いたかもしれない。

言うは簡単ですが、私も耳にタコができるぐらい、「それはボールでしょう」「どうしてそこを振るの!?」を聞いたわけですが、チームの徹底力でそこまで練習したことがあれば、実戦で必ず生きてくるのでしょう。

前回の「ベースの近くに立つ」「ひきつけてセンター逆方向へ振り切る」も「ボールの見極め」 もボールを長く見ることになるの四死球を生み、好投手攻略の絶対条件になる。

まだ野球生活が残っている選手は、このチーム一丸で選球眼を鍛えることをチームに提言してみてはどうだろうか?
きっと効果があると確信するものである。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

お久しぶりです。

西野カナは地元のスポーツ新聞でも大きな記事になりました。

> 速読教室は視野を広げるのに役立ちますね。眼球を動かすのので疲れは半端じゃないのでしょうか。

野球はやはり視からの入ったものを動作にするので、視神経を鍛えるのは最後に物をいう。バッティングも好不調あるでしょうから、その日の調子もあり、結局はボールの見極めがどうか投手を崩す最たるものだと信じています。長打力はあるにこしたことはありませんが、四球力があり甘い球はちゃんと強く打てれば繋がります。

たしかに選球眼はパソコンや動体視力を鍛えるのもありますね。
審判をやるといっても審判により本当に違います。
まあ一定していればいいですが、バラバラはことは練習試合でもよくあることです。

うちなんか、練習試合で審判に文句というか、「今のはボールだから気にするな」的なことを言って、注意されていました。
どちらにも一緒といっても、高さや両サイドの広さは投手のタイプにより有利不利はあるでしょう。

それでも選球眼を磨いていればバッテリーだけでなく打者も早い回からチームとして対策が練れます。

さて選球眼はいろんな方法があるでしょうが、ボールを見極めるということの徹底は、結局は体の開きを抑えるとか、バットの降り出しから力が入らないとか、振りがコンパクト、打点を後ろにして逆方向へなど意識を変えるにはよいですね。

> 自分が打てるコースを想像しながら後ろから見ると言う事が 大切と思います。
その通リですね。自分か打てる球、ファールにする球ですね。

最後に甲子園ぐらいのチームはあんな厳しいところ(低い)の切れた変化球をバットに当てていますが、これはやはり目がついていっているからなんでしょうね。肩が早く開いただけでバットの先は10~15センチぐらいはあがりますからバットにかすることも困難です。

  • 投稿者: ヨッシー
  • 2014/08/31(日) 21:24:02
  • [編集]

ヨッシーさん
ご無沙汰しています。

そう言えば!
西野カナって三重高校出身なんですよね~
甲子園での三重高校の校歌を聞いて
西野カナが唄っていたのを思い出しました!

強豪校もやっていると聞き、どんなものか?と
速読教室に通わせています。
週1で4か月程度で効果が表れると聞いています。

私も体験してみましたけど
目の疲れはハンパなかったです(笑)

ただ、パソコン画面を見ての訓練です。
周辺視野の広がりやボールに対する集中力の
アップには良いとは思うのですが、
変化球の様な立体的な動きの変化に対応できるか?は
若干の不安がある様に思えます。

その点、球審となり投球を見ることは
立体的であり、変化球の軌道に対しての
ボールの見方が鍛えられる感じはしますね。

ただ、ストライク、ボールの判定は?
自分の基準のストライクの判断ができない子供もおり
また、試合に至っては球審の判断も相違する事から
自分が打てるコースを想像しながら後ろから見ると言う事が
大切と思います。

  • 投稿者: きやっち
  • 2014/08/15(金) 08:53:57
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。