スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好投手の攻略法

  • 2014/08/12(火) 23:04:15

好投手の攻略法
ーそれを実戦で試し練習でも行っているかー


今日は朝方の激しい雨でゴルフを中止にしたのですが、1時間後には雨が止んでしまった。
なんかついてない。

家で、高校野球やDVDを見て過ごしたのですが、大垣日大と藤代高校はすごいハンデ戦でした。
初回に日大のエースが8失点、普通は勝負ありでしょうがその裏4点返したのが大きかった。
私は2点ぐらいでもまだまだわからないと思ったのですが・・・。

ただ、藤代には2番手投手がいなかった。それでもセロ点がつづくと焦りがでるので藤代の5回ツーランで
6点差に広がった時にはそれまでと思いました。阪口監督もだめかと思ったと言っていました。

それにしても、左バッターが多い打線ですが左中間に長打が多かった。もちろん引っ張りもできます。
そういう意味では単に振るだけの打線でなかった。



今日の第2試合静岡×星稜も好ゲームでしたが、そこでの解説者が繰り返していたこと。

好投手を攻略するにはベースに近づいて内角を投げずらくすること。
そこで外角の甘いボールを球に逆らわないで逆方向に打つこと。
また、高めのボールの速球を絶対に振らないこと。


おそらく、監督・コーチであればそういう指示はするでしょうが、大事なことはチーム一丸とした徹底力と練習試合でそういう時に備えてきたかという準備力。

今思うと、気持よく打って勝つときは大勝、接戦には今一つ弱いチームはバッティングの基本が違うかもしれません。

それともう一つ、このチームは盗塁はいける時は個人に任せてあるという。甲子園までくるチームでも勝てるチームはすべて監督の指示待ちでは勝ち上がれないかもしれませんね。

最後に星稜の岩下選手、周りからみれば負けていても自分たちは負けていると思わない。
ある選手は全力プレーで流れを変えれると思った。

最後はいつも同じ結論になってしまいますが(笑) 
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。