スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トスバッティングは必要なの?

  • 2014/08/04(月) 23:35:44

小学校でやるべきこと、やらなくてもいいこと
ー思い切ってトスバッティングをやめてしまうー


こんにちは、またまたご無沙汰しています。

小学校3年から高校野球まで見てきましたので、おぼろげながら何がよかったのか、それでいいのかということが大凡はわかってきました。

そんな中で、これは一つの考えとして参考にしてください。

実は当チームはトスバッティングはここ1年以上やっていません。
中学、高校では必ずやるこの練習ですが、数年前まではキャッチボールのあと、トスバッティングのあと、ハーフバッティングを行っていたのですが、それがいいのが悪いのか「投げ手へワンバウンド」で返すということが、窮屈であるのか子供には面白くないのでしょう。

つまり、子供の振りたい、飛ばしたいという思いを抑えることが出来ないわけです。

そんなことから、取り入れたのはトスを無くして、ハーフバッティングとロングティーです。
しかし驚くべきか、考えられないぐらい子供達の構えが大きくない振り切る子が増えました。

つまり自分なりに、飛ばす形を作ります。つまり同じアドバイスでも、トスではそれを応用できない、「飛ばさない打法」は成功体験が脳に残らない。

ところが思いっきり振りながら例えば、10回に1回でも振り抜けたり打球が飛べばそれが感覚として残ります。
アドバイスが生きてくるわけです。
そんなころからヘッドを寝せて当てにいくスタイル子はいません。

おそらく、中学校では「トス」が通常練習であるでしょうから、まあ大会が一通り終わり秋からは、トスバッティングという練習もあるということを教えなければと話しています。

キューバを始めアメリカではトスバッティングがないという話を聞いていましたが、まったくやらないということは勇気がいるます。

それでも、正しいトスバッティングを小学生が理解できるのか、またそれを教えることが出来ますか。
大きな構えで振り切ることと教えながら、違うことをやることつまりトスバッティングは無駄ではないか?

バットコントロールなんて必要ない時期もある。
膝をつかってコントロールトスバッティングが出来ないのでアウトサイドインの振りや当てにいくことになってしまいかえって悪いクセを作ってしまいそう。

そこで、一つの提案です。
打てない打てないと言う前に「トスバティング」はやらないという方針でやってみよう。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。