スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後に笑うのは県大会では1校のみ

  • 2014/07/29(火) 00:05:11

ご無沙汰しています。

結局は三回戦で負け、といっても勝ったのは一つでした。
中学生の仲間(ボーイズ)の高校も、シードであれど結局のところベスト4までに負けてしまいました。
どこかで負けるのであれど、昨日の石川県の決勝戦で、8ー0からの9回逆転で負けたチショックを考えると・・・
大したことないと思ってしまいます。

それでも3回戦敗退から少し野球から離れていました。
野球はいろんな要素があるわけですが、打つときは気持よく大勝、接戦に弱いという典型的なチームだったなと改めて思いました。

野球に対する取り組みも、当チームは一塁まで全力で走らないことが最後まで直らなかったのが残念です。
見ている観客からいいチームだと思われないことには、「野球の神様」も味方をしてくれません。

練習試合で、ノーアウト2塁で、右打ちのサインが出たときに、センター前へヒットを打った選手を強く叱った監督がいま
したが、狙い球を絞るだけでなく徹底的なチームバッティングと、基本はセンター返しの大事さを感じました。
というのも、ゴロアウトがほとんどないのと14Kですから完敗です。
普段やっていないことを、その試合だけでやることは不可能。練習試合でもテーマをもって行うことが大事だと痛感しました。
相手の投手がいいにせよ、振り回しすぎでしたよ。



さて、小学校のチームはといえば、37年ぶりに東濃大会優勝(5つの市)という快挙を成し遂げました。
相手を探すにも苦労したことを思うと、嬉しさより驚きです。

練習は、えっ今日は休みなの?と思うぐらい雨は休み、平日は練習なしですが、このチームは打てるは普段の個人の
努力があってのことですが、あたり前のことをやるにしても徹底しています。

変に小細工をするわけでなく、3点とられたら4点取り返せで、振り切ることと軸の回転を教えています。
上から叩けなどとは言いません。

(1)挨拶は全員練習を止めてします。(中学のボーイズはそうでしたが小学校ではそこまではやらないのでは)
(2)道具はバットの置き方からグラブまで徹底しています
(3)野球ノートを指導者が毎回チェックしています。
   (私の時代から書かせましたがえてチャックが甘かったです)

 その他:練習前に必ずラダーをやっていますが、冬場だけでなく夏場もやっているのはいいですね。

 今では野球の新聞も出るなど、保護者の方も力が入っていますが、自分の世代だけでなく下級生の入団にも一体として
取り組んでいます。
 今ではサッカーより野球の方が人数が多い不思議な小学校です。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。