スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試合に臨む前に・・・

  • 2014/07/10(木) 23:08:40

試合に臨む前に・・・
ー緊張を楽しむことと笑顔を絶やさないことの違いとはー


前回は妙に笑い顔が気になった投手のを紹介したにですが、「笑顔」をチームの方針としている指導者もいる。
緊張感で体がガチガチで動かないということもよくあり、サッカー日本代表のワールドカップ初戦後のコメントでもあった。
その緊張感を取り除く為に、笑顔を絶やさないということだろうが逆にパフォーマンスの低下にならないのか。

それでも緊張で体が動かないよりもいいのではないかという反論もあろう。

正解があるかどうかわらないが、私はヒーローインタビューによくある「緊張を楽しめた」という言葉がいい表現ではないかなと思う。
ある程度の緊張はあたり前ななので、「緊張、よしキタキタぞ」と受け入れるわけだ。
そして、それを和らげる方法を使う、軽くジャンプしたり、ほっぺを叩く、息をはくなど方法はあるだろう。
始まる前から笑顔・笑顔では、本番で追い込まれたときでも笑顔でいられるのか、それではアドレナリンも出ないのではいうのが素人考えである



今回紹介するのは最高のパフォーマンスは6:4の比率であるというコラムです。
その比率はどうやってつくるのかですが、話としては面白いと思います。

最高のパフォーマンスをあげるには

さて、台風も去って土曜日はおそらく快晴真夏日でしょう。どこまで夢が続くのか、ここは腹をくくって「さあこい!」です。(といっても私たちは応援しかできませんが・・)
息子に先週最後にかけた言葉は、「練習は自分が一番下手だと、試合では自分が一番上手いと思ってやれ」ですがもう練習はないのですから、「自分を信じて思いきってやれ!」と言いたいです。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。