スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守備側がいやなことをやる

  • 2014/06/30(月) 23:11:24

野球は攻撃側が何をするのかを予測するのか楽しい
ー守備側がいやなことをやるー


今年の夏の高校野球もすでに北海道や沖縄では始まっており、愛知でも先週の土曜日に最も遅い?抽選会があり他県ながら今から楽しみです。

今年の夏が最終年を迎える親とすれば岐阜県のドローはひょっとすればという期待はあるものの、逆にう悪いことも頭に浮かんできます、いやいや強気強気でいきましょいう。初戦までは2週間を切りました。

さて最近は、サッカーで睡眠不足ですが、年寄りにはたまに早く起きても試合をやっているので、助かっています。(笑い)
かといって日本代表の試合は冷静に見れました。やはり今思えば初戦でしょうね。予想しなかった状況に対応できる能力が選手、監督の采配になかったみたいです。

サッカーは進化しているという点では、前回優勝国スペインのパス回しのが無残に打ち砕けた点でしょう。
今回は個の力が突出しているチームが勝ち上がっているのが特徴だといわれますが、1対1で競り負けないという選手がいるチームが強いですね。
 それと、相手によって変えられる攻撃の順応性、柔軟性も大きなポイントです。
 日本は自分たちのサッカーができなかったというが、私は最後の4試合の練習マッチが明らかに格下であったこと。つまりワンパターンで戦えてしまったこと。これ(ランキング下位のチームを監督が自らを希望したということを聞き、練習試合の組み方にも考えることがあります。(これは後日)



さて、野球にたとえてみれば、「攻撃バターン」をいく通リをもっているチームは強い。
野球の面白さの一つは、投手によって攻撃パターンを変えることでもある。つまり攻略いつものパターンで優位に立てればそれで押し切る。それが通じない又は想定外のことがおこれば慌てることなく、二の矢三の矢を用意することです。
つまりこれでもかこれでもかと攻めることの必要です。

日本チームこれでいけるという確信は大事であるが、その他のオプションがなかったということではなかったか?
これについては、野球でも「ちゃんとそれなりの練習をしておけよ」といいたい。
最後はこういったチームプレー、個人技が勝敗をわけることも多い。

ヒットエンドランや盗塁、バスターやバンドなど、バントでも初球でやったりやるやると見せかける駆け引きなど私たちは、
何を仕掛けてくるのかを予測するのが楽しみである。
個人的に一番すきなシーンはバントの場面で初球思いっきり振り切り振ったり、相手のダッシュを見てあえて一球待つところ。
さて、次は何をするのか? 少し大きい文字見るものを楽しませることは裏を返せば、守備側からすれば何をしてくるのかわからないということ。これはプレッシャーでもありミスの出やすい状況が生まれる。
つまり、 相手のミスを待つのではなく、ミスをさせる状況をつくるチームが強い。
「負けた気がしない」という試合もあるが、振り返れば自チームは守りでプレッシャーを受け続けて、最後はミスで・・・という試合も多いのではないだろうか?
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。