スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捕手の投手へのアドバイス

  • 2014/06/18(水) 23:32:35

捕手を育てる
ーコントロールが乱れた投手にどう助言ー

今回は江藤省三さんの少年野球教室から引用です。

質問:中学軟式のキャッチャーです。試合中急にピッチャーがコントロールが乱れたときはどうすればいいですか?
監督はいつもキャッチャーが悪いといいます。

答え:プロでも突然乱れることがあります。味方のエラーや際どいところをボールと言われカッカするなど精神的な
要素もあります。投手が冷静でないなと思えば、投手をなだめて気分よく投げさせるなど、タイムをとるのもいいでしょう。

試合中にすぐ修正できるチェックポイントは
①肘の位置ー下がっていないか ②ステップの方向ー真っ直ぐに踏み出しているか ③ステップの幅ーいつもより広く(狭く)なっていないか ④肩の開きー早く開いていないか ⑤腕の振りーリリースポイントがばらついていないかなどです。
リードでは「逆だま」が続きだしたら気をつけます。
 また、カーブを続けると腕の振りやバランスが戻ることがあります。


私はその他、①投げ急ぎはないか ②知らず知らずボールを強く握ってはいないか  ③プレート周りや足を踏み込む場所が極端に掘れていないかも注意する 

精神的なものや体力的なものもあるでしょうが、常に行うチェックポイントは自分でもっていることが大事です。
今日も、日ハム対阪神で、大谷投手は勝利インタビューで、「ブルペンでは調子が悪く球がバラついていたが、試合で矯正で来た」いつも調子がいいとは限らないというか、むしろ調子が良い時のほうが少ないでしょうから・・・。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。