スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロのスカウトの判断(2)

  • 2014/05/27(火) 21:22:59

プロのスカウトの判断(2)
ー打撃は何とかなるものであるー


今回も広島。菊池選手の話。
今の広島の影の立役者と言われいる。
練習熱心でアグレッシブな守備、遅咲きではあるが、171cmと小柄ながら長打力もあり、さらにスローイングの正確さも備えている。
一歩目の動き出しが非常に速く、ドラゴンズの谷繁元信は「グラウンドに犬が走っている」と評しているそうだ。
捕球から送球まで機敏なことから、12球団のスカウトからは「守りでプロの飯が食える」と評されていたらしいが、私の知り合いも知っていて、守備は一級品でもやはり打撃はやや見劣りしたらしい。そこを広島がドラフトで獲得した。

そこで、前出のスカウトの話がでるのですが、、
「バッティングは教え方で変えることが出来る」
これを裏返せば、 「コツをつかめば劇的に変わる」とも読み取れる。

いろんな選手(高校生)を見て守備についてはこんなところを私はみている。
 ①守備範囲が広い(一歩目が早い選手と守備位置が的確)  ②ボールへの入り方がいい (ボールの右からの入り方と素早さと捕球の際の減速のしかた) ③スローイングが安定 (スローイングが状況に合わせて2つ以上ある) ④肩が強い(軽く投げているようだが球に伸びがある、常に思いっきり投げているわけではない)  ⑤グラブさばきが柔らかい
⑥捕球してから掴むのが早い((すぐに投げないで状況に応じて間が作れる)  ⑦ステップにバリエーションがある(状況判断ができる) 
以外と立っているだけで雰囲気がある選手もいる。 細かくわけたが、連動している動きなので、ダメな選手はどれもイマイチでいい選手はそれなりにできる。

それでも、「そんな選手いないよと」言われそうだが、こんな選手が大学が欲しがるんじゃないかというのはわかるもんだ。

そんなことから、守備に自信があれば、進学して野球という選択枝もあるのかなあと漠然と思っています。
一言で言うなら、「守備力はウソをつかない」
ただ、スローイングは教えてもそんなに簡単に変えられない一つかもしれない。それだけに状況に応じた二つのスローイングとステップで補う必要がありそうだ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。