スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2014/04/22(火) 22:44:14

打撃とは
ーそれはファール力ですー


追い込まれても、なんかやってくれそうな打者とダメかな~と思いがちな打者はどこが違うのか。
ツーストライクを取られてからの打率を比べればいいでしょうが、打者により思った以上の差があると思う。
いってしまえば、選球眼だと思うのだが、審判によってほんとボール一つぐらいは楽に違う。

つまるところ、いくらボールでも、審判がストライクといえばストライク。
やはり審判のクセを知ることでしょうが、そうだからといってそこに手がでなくてはしょうがない。

そこで、私の好打者の条件は「ファール力」ではないでしょうが。
ボール球を振ってしまうのは見極めが早いのと、振り始めからトップスピードへはいるからかもしれません。
ようは最初の始動は「さぐり」が必要です。
初動は振らない、打ちにいっても、ボールだと思った瞬間にバットが止まる選手と止められない選手。
この差ではないでしょうか。



その上でファール力を鍛えるにはどうすればよいのか。これまた野球塾で江藤省三さんはこういっています。
プロの選手はバティング練習の時に打つたびにストライクがボールを確認しています。単純なことですが、打つたびににすること大事かもしれません。何人の選手が打つたびにしているでしょうか。

またミートポインが内角は投手よりで外角は捕手よりだということも大事です。
ミートポイントがそうであれば、内角はみきり発射で少しポイントを前にして回転でファールにする。これは内角の低めは引きつければよりバットに合わせられないので変化する前にファールにしてしまうものです。これはストライクボールを止むおえなくファールにする場合にも有効だと私は信じています。

また江藤さんは外角の球についてもこう話しています。
無理にひっぱらずに逆方向へ打つようにしておくことが基本です。
そこで後ろの脇をしめてバットを内側から出す。
技術的には①ステップした膝を開かない。②後ろの脇をしめてバットをインサイドから出す。③後ろ足はベタ足のまま腰の回転を我慢する。
④ミートの瞬間に後ろ肘の送り込みと一緒に腰を回転させる。

そうすれば逆方向に強い打球が打てるという。

つづけて、そういう意識があれば、①ボールを長く見れる②ボールを引きつける③変化球についていけるなどバッティングに必要なことをたくさん身に付けることができる。

今回は「ファール力」でしたがこの気持ちがあれば、たとえ際どいボールても、されにボールを長くみて見極めやファールにできるでしょう。
くれぐれも、ファールすると決めたら相手のベンチに向けて打つことを忘れないでください。
ベンチに打つと仮定した時のバットの角度を作ってみると驚きます。ほぼ角度はまっすぐです。
ここまで後ろか!!
外角の球をファールにできない選手は選球眼の前に、腰の回転がを我慢できず、そもそもバットが届かないことも大きいかもしれません。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。