スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業後5年目の快挙

  • 2014/04/03(木) 23:23:49

小学生チームの快挙

今日は高校野球の地区予選の最終日でした。
ここ東濃地区は、全勝同士の対決で1位多治見工業、2位中京が決まり、当校は3勝1敗で3チームが並び、今日巴戦がありました。
1位が県大会、2位は西濃地区との対戦で勝者が県大会へ。
巴戦に出た当校は2勝で県大会を決め、一安心でした。

さてビッグなニュースは、出身の小学校のチームが、先週の日曜日マクドナルドの県大会への出場を決めたこと。
これはクラブ始まって以来の快挙というか、ブログを読んで下さった方は知ってみえるでしょうが、息子の時代では考えられなかったこと。
その試合の応援に行ったのですが、一塁コーチがボールを指差していたのは驚いた。
それと、ボール球をあまり振らないので、相手チームは苦しかったと思うのですが、これは私の「へそのボールだけを触れ」という指示がよかったのでしょうか(笑) それでも牽制で何回もアウトになっているのは勿体ない。
①あわててスタートしない。
 小学生ではサインがなければ二次リードができれば十分。
②リードは大きくても戻りを優先

もう少し走塁の練習をすれば、全国もひょっとするとひょっとするかもしれないです。

ここまでくるチームは守りはしっかりしているのですが、外野フライにはハラハラです。
「後ろから捕る」ということがまだできないので、ぎりぎりに手を伸ばしてかろうじて捕るというのが数回ありました。
そこで思ったのは、同じ守備力なら外野手は背が高いほうがよいのかなということでした。

今ではどのチームの野球ノートも当たり前ですが、このチームは選手も、監督(返信)もびっしり書き込んでいるところに強さがありそうです。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。