スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなの野球教室

  • 2014/03/03(月) 23:56:55

みんなの野球教室
ーバッティングの基本は真ん中のボールをセンターへー


よく長打力とは天性だ。と言われますが、これは打球の角度というか遠くへ飛ばす技というものだと思いまず。

今回紹介する打撃教室は松戸ボーイズで、元ロッテの定詰選手が講義しています。
これを小学生が聞いていることに少し驚くわけですが、これは高校生が聞いてもいいですね。

私はよく、ボテボテのサードゴロは最悪だよと教えていましたが、軌道だけでなく打つポイントも悪いことが話されています。

見ていただければわかるますが、視点がいいですね。一応テキストで要点を書いておきます。

①いい打球を打とうとするのは当然だがタイミングを合わせるという意識を 
②真ん中でもボールの高さでポイントは違う
 内角、外角では違うということはよくいうんですが、高さでポイントも
 違うは野村さんの「野球ノート」にもあったような

③真ん中のボールをセンターへが基本

④長打とは外野の間を強い打球を打つこと 
 ~ショートやセカンドの頭を強いライナーで抜けば長打だ~

ごめんなさい後は動画を見てください。
 http://www.youtube.com/watch?v=HhdVXbz5xwg




 後半のトップの考え方、「右肘をいかに素早くおへその前へもってくるか」については私もこれを以前から使わせてもらっています。
 特にトップから最短でという表現よりは、「右肘をいかに素早くおへその前へもってくるか」のほうがよいと思います。前者は間違っていなくとも、誤解を招き、スイングがかえって悪くなるケースも多く、小学生では使わないほうがよいのではと考えます。
 
 また、この中でも、「真ん中のボールをセンターへ強く打ち返すのがバティングの基本」がシンプルでありながら
意外と練習で意識されていないと感じでいます。

 松戸ボーイズさん、定詰さんありがとうございます。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。