スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッティングにおける腰の使い方 (1)

  • 2014/02/26(水) 23:29:46

バッティングにおける腰の使い方 (1)
ー軸足はどうなっているかー


腰の使い方は教える際には非常に難しいものです。そもそもどれが正しいのか、人の感覚もいろいろある。
ポイントをどこにもってくるか、内角の対応など数えたらきりがない。
“一気に”とか“ずばっと”という表現がまかり通るのですが、感覚として間違っていない気がする。

このキャンプ巨人の臨時打撃コーチの松井氏も“あまり教えない”スタイルであったと言われるが、太田泰示選手には
熱心に指導したと言われ、新聞によれば「引きつけて右腰(軸足側)で打て、Aロッドの体の使い方を見ろ」だったそうです。

そんなことで、避けるわけではないがここで、腰の使い方でなく、こう使えば腰を使えるよという参考になるポイントをいくつか上げてみようと思う。
さて、先にパワーを貯めるためにも、「軸足は投手に直角」であることを書いたが、これは投手のプレートに置く軸足やキャッチボールでも同じで、力を蓄えるに必要な形と心得なければいけません。

小学校クラスでは一番出来ていないというか、見過ごされているので確かめでください。つま先が捕手の方に向けば、力を貯めれません。ただ軸あしを(投手に)直角に構えても、テークバックの際に体重を載せるだけではあまり意味がないのですが・・・・まずは形だけはだれでもできることなので、まずは確認すること。



これで、腰が回る準備ができたのですが、これが習慣づいたなら、 「スイングした時に軸足を回すこと」です。
つま先だけが地面についてホームベースと並行になるまで90度回転する。つまり踵が上がることです。

ベタ足の子も多いですが、この軸足の位置と回転の二つとも出来ていない子も多いです。 当然手打ちで振ったあとも実に窮屈ですから、フィニッシュを見てもとても打てた感じはしません。 
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。