スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ日本の投手とアニメは世界で通用するのか

  • 2014/01/25(土) 23:29:58

なぜ日本の投手とアニメは世界で通用するのか
ー箸の文化が変化球に生きているー


権藤権藤博さんとスタジオジブリのプロデユーサーの鈴木敏夫さんとの対談での話です。

権藤さんは、「箸を使ったり、文字を縦横にはねるとめるの手先の微妙な動きが変化球を投げるにも生きている」という。

プロからアマの指導者になった投手の人は、ボールを離す時の感覚を選手に話こともあると聞く。
人それぞれだが、私が間接的に聞いたのは押しだすよにプッシュするという。これは爪が割れるということからも、かなり強い力がかかっているんだろうと想像できる。

ポイントがずれているかもしれないですが、私は、打者と10mぐらい離れてトスバッティングの投手をたまにするのですが、ストライクが入らいとき、腕の振りでなくボールが離れる瞬間に中指の先のかかりを意識すると、突然コントロールしやするなる。ひょっとして、こういう感覚なのかなと思う時がある。

以前ヤクルトの館山は調子が悪いと、ダーツやピアノをするそうだが、指先感覚とは投手においては特に大事なものでしょう。

左バッターになるなら左手を使いなさいと言ってきましたが、投手なら、そろばん、ペン習字、ピアノなんかいいかもね。習い事ではなくとも、その延長線で、片時もボールを離さないで、指先でボールを操るのも、仰向けで真上の天井へボール投げることも、最高の指先トレーニングだったのかなと思う。(実際に息子は好きでよく小中学校の時やっていたのを振り返ってみて)

ジブリの入社試験も鉛筆を削ったり、紙の模様をハサミで切ってみてと言うそうだが、ほとんどできないそうだ。

最後に箸の話に戻して、子供の食卓にはフォークやスプーンを使う洋食が主流となりつつあるが、野球選手ならしっかりと箸をつかえるようにすることが親の務めかもしれませんよ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。