スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球の将来を考える

  • 2014/01/19(日) 23:32:44

野球の将来を考える

先日、イギリスで初めての本格的野球場が完成したということをNHKで放送していました。
まだ、野球ソフトの競技人口はまだまだ少ないのだけど増えているという。
特にソフトは会社や地域で行われているようです。

こんな記事もあります。
http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10835947434.html

プロを引退した野球関係者が使わない道具を、アジアやアフリカの子供に送っている記事もみますが、地道というか、もっともっといろんな団体が行って、野球を広めてほしいと思います。

そんな中、日本の野球界の危機を考えると私はサッカー本田や香川の活躍もありあますが、地域に根付いたJリーグのチームが増加もありますが、女子サッカーが高校日本一がTV中継などもあり子供の夢を与えるまで、チームが増えてきていることは、かなり驚異を感じています。

少年野球でもお兄ちゃんがやってから弟も入部というケースが非常に多いのでの、お姉ちゃんがサッカーなら弟もやっぱりサッカーじゃないかな。



プロ野球では、役立たずの前コミッショナーが変わったことですし、プロ野球だけの問題だけでなく、アマチュアと手を
組んで、今まで以上な改革を行ってほしいと思います。
指導者問題などいいことはありますが、もっとスピーディーに行わないと見回せばサーカー選手ばかりになりそうです。

さて以前に野球も天皇杯のようなクラブチーム、社会人、大学チーム、プロの二軍ぐらいを入れて、トーナメント
をやってはどうかと書いた覚えがありあますが、今回は野球の出身県別トーナメントを提案したいと思います。
方法はいろいろあるでしょうが、駅伝の県別があるように、いろいろな世代を入れて、行うのもいいです。
プロ野球って結構出身県て見るものですが、高校でなく中学校を過ごした地域であれば・・・意外性があって面白い。少なくともオールスターよりは面白いんじゃないかな~。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。