スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2014/04/22(火) 22:44:14

打撃とは
ーそれはファール力ですー


追い込まれても、なんかやってくれそうな打者とダメかな~と思いがちな打者はどこが違うのか。
ツーストライクを取られてからの打率を比べればいいでしょうが、打者により思った以上の差があると思う。
いってしまえば、選球眼だと思うのだが、審判によってほんとボール一つぐらいは楽に違う。

つまるところ、いくらボールでも、審判がストライクといえばストライク。
やはり審判のクセを知ることでしょうが、そうだからといってそこに手がでなくてはしょうがない。

そこで、私の好打者の条件は「ファール力」ではないでしょうが。
ボール球を振ってしまうのは見極めが早いのと、振り始めからトップスピードへはいるからかもしれません。
ようは最初の始動は「さぐり」が必要です。
初動は振らない、打ちにいっても、ボールだと思った瞬間にバットが止まる選手と止められない選手。
この差ではないでしょうか。



その上でファール力を鍛えるにはどうすればよいのか。これまた野球塾で江藤省三さんはこういっています。
プロの選手はバティング練習の時に打つたびにストライクがボールを確認しています。単純なことですが、打つたびににすること大事かもしれません。何人の選手が打つたびにしているでしょうか。

またミートポインが内角は投手よりで外角は捕手よりだということも大事です。
ミートポイントがそうであれば、内角はみきり発射で少しポイントを前にして回転でファールにする。これは内角の低めは引きつければよりバットに合わせられないので変化する前にファールにしてしまうものです。これはストライクボールを止むおえなくファールにする場合にも有効だと私は信じています。

また江藤さんは外角の球についてもこう話しています。
無理にひっぱらずに逆方向へ打つようにしておくことが基本です。
そこで後ろの脇をしめてバットを内側から出す。
技術的には①ステップした膝を開かない。②後ろの脇をしめてバットをインサイドから出す。③後ろ足はベタ足のまま腰の回転を我慢する。
④ミートの瞬間に後ろ肘の送り込みと一緒に腰を回転させる。

そうすれば逆方向に強い打球が打てるという。

つづけて、そういう意識があれば、①ボールを長く見れる②ボールを引きつける③変化球についていけるなどバッティングに必要なことをたくさん身に付けることができる。

今回は「ファール力」でしたがこの気持ちがあれば、たとえ際どいボールても、されにボールを長くみて見極めやファールにできるでしょう。
くれぐれも、ファールすると決めたら相手のベンチに向けて打つことを忘れないでください。
ベンチに打つと仮定した時のバットの角度を作ってみると驚きます。ほぼ角度はまっすぐです。
ここまで後ろか!!
外角の球をファールにできない選手は選球眼の前に、腰の回転がを我慢できず、そもそもバットが届かないことも大きいかもしれません。
スポンサーサイト

  • 2014/04/21(月) 22:43:18

打撃論
ー打撃はタイミング。それにはヒッチをなくすのが近道ではー


岐阜県の春季大会は2回戦で敗退。
力負けとはいいたくないですが、シード校は守りはそれなりに鍛えられています。
練習量が違うからという親もいますが、あえて私はそう思いたくありません。

テレビの「弱くでも勝てます」なんて漫画より漫画的ですが、勝ちに近づける方法はいくつもあるでしょう。
挑戦者は挑戦者の戦いをしなければダメだと感じました。

同じ土俵で戦ってはいけないと思います。そういう意味で、私は3年前でしたか至学館の名電との愛知での決勝戦は、前者が怯むこおとなく、盗塁がエンドランなどをしかけて相手を焦らすわけです。何をしてくるのかわからないというのは、守っていてもいやなものです。

いつも1点差でで負けますが、取れそうで取れない1点のストレスは相当なものです。時にはおまえに任せたというサインもいいでしょう。
いつも一球一球ベンチを見る選手に余裕はないのと、バンドの構えや失敗で常に追い込まれてしまうのも気になりました。
そういう意味で、弱者の戦法は読んでおかなければいけません。

高校野球弱者の戦法―強豪校に勝つために高校野球弱者の戦法―強豪校に勝つために
(2010/05/29)
田尻 賢誉

商品詳細を見る

高校野球弱者の心得高校野球弱者の心得
(2011/06/25)
田尻賢誉

商品詳細を見る
高校野球弱者の教訓―強豪校に勝つために高校野球弱者の教訓―強豪校に勝つために
(2012/07/25)
田尻 賢誉

商品詳細を見る
 (ごめんなさい後の二つは未読です)

さて、打撃について

打者には、スランプが長い選手と、短い選手がいるわけですが、いままで見てきて、私なりに仮説をたてているのは
 スランプが長い選手は
①ヒッチをしながらタイミングを取る選手
 ヒッチは引いてからトップを作りまた戻ってくるのでタイミングが狂いやすいだけでなく、後ろへ引く動作のため、
 その反動でまっすぐ前へグリップがでて、インサイドからバットが出にくい。
②ノーステップは一度調子が落ちるとスランプが長い。 ノーステップ打法はスタンスが広いのは長所でもあり、短所でもある。ポイントを前に置くことにより上半身のつっこみが招きやすい気がします。回転がしずらいので内角に差し込まれることも多い。
 
③肘が下がった構えから打つ選手は「間が」ないので手打ちてになりやすくボールを見極はどうしても早くなる。
 こんな小さなフォームで「いち・に~の3」という間は作れない。

この3つは、実は愚息が昨年試したものと今年の春の打撃フォームでした。
比較的得意だった内角のさばきも窮屈そうで、ボール球にも手をだすことが多い。

それに対しては私は、ラミネスの構えと肘の使い方をいいつづけたのですが、ここへきて少し聞く耳をもったのが、ふろころが深くなりました。まだヘッドが緩んでしまうのが不満ですが、タイミングだけは教えれるものではないですから・・・。

そんな折、昨日のTV番組で、巨人の村田選手がインタビューで、「ホームランをすてて繋ぐ打撃を心がけて、とにかく苦手な内角を打てるようにした。それには、ラミネスと内川の構え、タイミングを参考にした」と言っていましたね。

結局、打率を上げるには点でなく線で打つことで、それにはインサイドからバットを入れること。肘を脇につけるように入れられる位置にバット(トップ)がなければいけない。
中日の大島も意外と好不調がはっきりしていますが、やはり肘の高さが原因だとも言っています。

野球は技術だけではない

  • 2014/04/14(月) 22:54:44

野球は技術だけではない
ー周辺視を鍛えるー


動体視力を鍛えるろいう題材も書きました。
非常に大事なもので活躍する選手は一応によい結果がでるという。

今回は周辺視です。
打撃好調の楽天藤田は、「ボールがよく見えている体調がいいのもあるが、野手の動きもよく見えている」という。
つづけて「守備でも走塁でも同じですが、一点だけを見るのではなく、周りを同時に見なければいけない。いわゆる“周辺視”というものです」という。
周辺視とはあまり聞きなれない言葉だが、生活の中で無意識に使っているものだ。
本を読んだりテレビを見たりする時に一点を見るのが中心視、それに対して食事の際に茶碗を持ったり、階段を上り下りする際は意識しなくとも対象が見えてておりこれが周辺視と呼ばれるもの。

野球にプラスアルファーがあるとすれば、運動神経も大事であるがやはり周辺視のある選手は、見たものから判断できるので、ポカが少ないかもしれない。

高校野球を見ていると、最近は一球一球守備位置を変えているのが外野(スタンド)から見るとよくわかる。そんなに早く動けば打者にわかるのだろうと思うのだが、これも周辺視で見えるものなのかも。
昨日の試合では延長15回の引き分けに終わり、再試合となりましたが、相手チームは打球の飛ぶ位置から極端に守備位置を変えていた。センタはほぼ左中間に守っていたのだが、これだったらセンターへのライナーでもヒットだったかもしれません。(これはボールのコースもあるのでそんなに簡単ではないでしょうが・・・)
それでもスキはいろんなところにあるものです。いい選手は周りがよくみえているから巧打や好走塁も生まれる



さて、好調な藤田選手の「秘密の遊び」は、高く投げたり、バウンドさせたりたり、タイミングをずらしたトスされたボールを両手でキャッチするトレーニングがそれだという。
それを落ち着いて捕球する。試合前のリラックスにも効果があるというが、多くの選手の中でもやはり藤田選手が抜群に上手いという。
 みなさんも試してみてはどうだろう。
 私は少年野球で試してみようかと思っている。

遠投はするな・・・だが

  • 2014/04/07(月) 23:23:17

遠投はやるな
ーそれでも意識をもては遠投も大事ー


「遠投はするな」がね私の主張でしたが、元ヤクルトの古田氏も同じことを言っていますね。
それでも、上原選手や浅尾選手なども、調整などでは必ず遠投をすると言っています。

ということで、遠投をしないというのはあくまで、遠くへ投げることを目的とする山なりのボールを投げるのは意味がないということで、低く強いボールでの遠投は効果があると思います。

その際、私見ですが気をつける点を上げてみたいと思います。
①ボールがスライス回転してないかを見る どうしても低いボールでも距離を出そうと思うと、肩が早く開いて肩が横に回るので、スライス回転となりがちです。
 しっかりとしたワンバウンドになるよう、肩を縦に回すようにします。
②大きなテークバックを意識する。
遠投には勢いをつけて、肩甲骨の稼働範囲を広くするという目的もあると思ます。 ただし、肩を入れすぎたりすれば横回転になってしまうので、肩のラインが投げる方向より入り過ぎないことが大事。 肩が入りすぎる人は、グラブをまっすぐ高く上げるのも一法かもしれません。
 実は好投手の1/3ぐらいはこうやって肩の縦回転をさせています。
 楽天の松井投手のフォームもそうですが、投手希望であれば一度試してみてはどうでしょう。
 matui

③ステップを意識してしっかりする。
 ただ前へ進んで、ダッーと投げるのではなく、後ろ足を引き上げたり、基本の4歩のステップや、軸足をトントンとしてからとか、送球を意識した、いろんな実践的なステップで安定した球筋にする。

以上ですが、小学生ではこのようなことを意識することも難しいので、悪いクセを作ってしまうこともありそうです。
よって、遠投というのでなく、塁間より10m~20mぐらいの距離で、そもワンバウンド送球で十分かなと思っています。(もちろん低学年は塁間ぐらい)
                               
 

卒業後5年目の快挙

  • 2014/04/03(木) 23:23:49

小学生チームの快挙

今日は高校野球の地区予選の最終日でした。
ここ東濃地区は、全勝同士の対決で1位多治見工業、2位中京が決まり、当校は3勝1敗で3チームが並び、今日巴戦がありました。
1位が県大会、2位は西濃地区との対戦で勝者が県大会へ。
巴戦に出た当校は2勝で県大会を決め、一安心でした。

さてビッグなニュースは、出身の小学校のチームが、先週の日曜日マクドナルドの県大会への出場を決めたこと。
これはクラブ始まって以来の快挙というか、ブログを読んで下さった方は知ってみえるでしょうが、息子の時代では考えられなかったこと。
その試合の応援に行ったのですが、一塁コーチがボールを指差していたのは驚いた。
それと、ボール球をあまり振らないので、相手チームは苦しかったと思うのですが、これは私の「へそのボールだけを触れ」という指示がよかったのでしょうか(笑) それでも牽制で何回もアウトになっているのは勿体ない。
①あわててスタートしない。
 小学生ではサインがなければ二次リードができれば十分。
②リードは大きくても戻りを優先

もう少し走塁の練習をすれば、全国もひょっとするとひょっとするかもしれないです。

ここまでくるチームは守りはしっかりしているのですが、外野フライにはハラハラです。
「後ろから捕る」ということがまだできないので、ぎりぎりに手を伸ばしてかろうじて捕るというのが数回ありました。
そこで思ったのは、同じ守備力なら外野手は背が高いほうがよいのかなということでした。

今ではどのチームの野球ノートも当たり前ですが、このチームは選手も、監督(返信)もびっしり書き込んでいるところに強さがありそうです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。