スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三塁ランナーのリードについての疑問

  • 2014/03/23(日) 21:16:25

三塁ランナーのリードについての疑問
ーファウルゾーンから大きく離れてリードすることー


甲子園も始まったのですが、春の県選手権の地区予選もこの連休から始まりました。
中学で同じクラブだった息子の仲間もいるので、地区は違うのですが関の市民球場で2つの高校を応援。
応援の効果があり?、1つは昨秋はコールド負けのチームに0-4から大逆転の勝ちで私も大いに楽しみ親との親睦を深めてきました。
その帰りに豊川対日本文理の試合を8回から見ながら帰ったのですが、あの粘りはどこからくるのか、野球は終わるまで
解らないを実感しました・

そして今日が初試合で、まずは幸先のいいスタートを切ることができました。

さて今回は「なぜなぜシリーズの第二弾」
前回はランナー二塁でサードはどうして二塁の方を向くか? でしたが、それって打者の雰囲気を感じるのが遅く
なるので必要ないのじゃないの? でした。

今回は、三塁ランナーはなぜ大きく塁線上から離れてリードするのか?
特にプロ野球が極端です。
そこから、投手が投げると内に切れ込んでいくのですが、最初から線から少しファール側でリードするのとどこが違うのか? 

①ファーウルを避ける ⇒ どこでもファーウルなので一緒
②勢いをつける    ⇒ 線から少し離れていても勢いはつけれる

そんな疑問に横浜の小倉さんが答えてくれていましたので「すっきり」しました。



[抜粋]
最近何故か三塁走者がラインからファウルゾーンへ大きく外れてリードを取るチームが増えている。これだと捕手が
右打者を「壁」にしながら打者の前から牽制しやすくなる。リードの大きさも捕手から見やすいから勧められない。

ウチはラインの「50センチ外側」をリードするよう指導している。これだと捕手から三塁手への送球が重なって投げにくい。
「捕手の立場からすれば、僅差の試合が多い甲子園でこういったスキは見逃さないでほしい。

この話を参考に、今日は三塁ランナーリードを注意して見ていると大きく離れるリードがほとんど。その中でスクイズの際はどうかと注目していると、ある選手はサインが出ると、無意識でしょうが少し内側へ寄ってリード。スクイズだと思ったのですがズバリ当たりました。
一番変化に気付く能力が求められるのは捕手ですから感のいい選手はわかるでしょうね。
スポンサーサイト

バッティングにおける腰の使い方 (2)

  • 2014/03/13(木) 23:47:08

バッティングにおける腰の使い方 (2)
ーステップについてー


腰の使い方という題目で「腰のことを書かない」2回目です。
前回は軸足のことを書きましたが、今回はステップの足です。

すり足や足を上げるなどいろいろ試している選手も多いでしょうが、ここでは地面と接触する際の形ですが、私はまだどれがいいのかは今でも解りません。

ただし、これは「ダメ」ということは指導しています。

これだけは、直してあげよう。
1.ステップする足のつま先が投手に向いてしまう
 キャッチボールと打撃の大きな違いは、ステップする際に、ことつま先だけは開いてはいけないことでしょうか。
 回転のきっかけがつかめないというか、腰がすでに開いた状態なので手打ちになってしまいます。
 これは両足を逆ハの次に開いて構える子に多いようですが、よくある欠点です。

2.足をベタッとついてしまう
  ベタっと着く時点ですでに上半身がつっこんでいるのでパワーがでない。



 私は母趾球からとは言うのですが、私のこじつけの理屈はこうです。
 
 送球の際に、グラブや肘を相手に向けて、肩の開きを抑えるわけです。
 投手の写真を見ればわかります。
 吉見 グラブ

バッティングにおいては上半身はねじれは不要で、大事なのは肩を早くから開かないこと。
そのかわりと言ってはなんですが、下半身でねじれを作らなければいけません。
それを両足で作るわけで片方だけではダメ。

そう考るとステップする足は投手のグラブや肘の使い肩と同じことが必要になってきます。
 
理論としてはあまり自信はないですが・・・ どうしても前の足を見ていると投手の腕の使い方
 と重なってしまうのです。
どうです? 腰は上手く使えましたか

★ステップの参考
木俣さんのヒマラヤ野球教室より

みんなの野球教室

  • 2014/03/03(月) 23:56:55

みんなの野球教室
ーバッティングの基本は真ん中のボールをセンターへー


よく長打力とは天性だ。と言われますが、これは打球の角度というか遠くへ飛ばす技というものだと思いまず。

今回紹介する打撃教室は松戸ボーイズで、元ロッテの定詰選手が講義しています。
これを小学生が聞いていることに少し驚くわけですが、これは高校生が聞いてもいいですね。

私はよく、ボテボテのサードゴロは最悪だよと教えていましたが、軌道だけでなく打つポイントも悪いことが話されています。

見ていただければわかるますが、視点がいいですね。一応テキストで要点を書いておきます。

①いい打球を打とうとするのは当然だがタイミングを合わせるという意識を 
②真ん中でもボールの高さでポイントは違う
 内角、外角では違うということはよくいうんですが、高さでポイントも
 違うは野村さんの「野球ノート」にもあったような

③真ん中のボールをセンターへが基本

④長打とは外野の間を強い打球を打つこと 
 ~ショートやセカンドの頭を強いライナーで抜けば長打だ~

ごめんなさい後は動画を見てください。
 http://www.youtube.com/watch?v=HhdVXbz5xwg




 後半のトップの考え方、「右肘をいかに素早くおへその前へもってくるか」については私もこれを以前から使わせてもらっています。
 特にトップから最短でという表現よりは、「右肘をいかに素早くおへその前へもってくるか」のほうがよいと思います。前者は間違っていなくとも、誤解を招き、スイングがかえって悪くなるケースも多く、小学生では使わないほうがよいのではと考えます。
 
 また、この中でも、「真ん中のボールをセンターへ強く打ち返すのがバティングの基本」がシンプルでありながら
意外と練習で意識されていないと感じでいます。

 松戸ボーイズさん、定詰さんありがとうございます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。