スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手を強く振れる投げ方

  • 2013/12/29(日) 21:15:12

野球教室
ー野球の神様の少年野球教室ー


野球のコツを1つ上げれば、私は第一に「ねじり」を上げたい。
これは手首、手首から肘、肘から肩の上半身、腰から下の下半身にしてもそれぞれの箇所でひねりがある。
パワーもこのねじりを組み合わせ、つまり「ねじり」の開放を知った選手のみ故障のないパワーを得られる。
野茂の投球にしても、ただ背中がバーターを向いているぐらいひねられているわけですが、足首から手首まで人体でひねりが可能な箇所はすべて捻られているんじゃないかと思ってしまう。

投球においても、基本はいろいろ教えてもらうのですが、以外と手首のひねりは教えてもらえない。
大きなテークバックや、すぐに耳へもってくるいろんな教え方があるでしょうが、意外と手首のひねりは教えない。
ただ、正しいステップ、体重移動がなければこの「ひねり」を戻す間が作れない。
肩の開きが早いのもまたしかり。
つまりこのひねりは、基本が組み合えば最強のキャッチボールとなる。


今回紹介する記事はZAKZAKの編集者からの記事です。


 川上さんの少年野球教室

〈テキスト〉

V9巨人の監督を引退してからしばらくたったある秋口、川上哲治さんが、少年野球教室で信州を訪れたことがありました。

 千曲川のほとりに広がる河川敷に、野球少年が集まりました。参加者全員にコーラが1本振る舞われるということもあり、小学生だった私もグラブを持って参加しました。

 生のプロ野球など一度も見たことのない田舎町です。父母も誰も彼もがみんな集まって川上さんの話に耳を傾けました。

 今でも覚えているのは、川上さんが正しいボールの投げ方を熱弁してくれたことです。「振りかぶってボールが頭の後ろに来たとき、一度、手の甲を目標に向けること」。

 そのとおりに投げると、なんとなくいい感じになり、私は野球が大好きになりました。40年たった今、毎日野球を見るのが仕事になっても、その気持ちはあまり変化していません。秋の社内野球大会では悪送球ばかりしてしまい、説得力がないのですが…。川上さん。ありがとうございました。 (運動部・米沢秀明)


一度、向ける時と、向けないで投げるとでは、手の振りの弧が全然違う。
手を振る距離ができるので手を触れる。一度お試しあれ。
 
これで投げていれば、少なくとも肩肘への負担は少なくなる。
手の振りは違えど、これが投手の腕の振りのよさ、内野手ではよいスナップスローが出来る出来ないにも関係してくる。
スポンサーサイト

西武 ショート浅村選手はなぜ使いにくいのか

  • 2013/12/22(日) 22:04:45

西武 浅村選手の送球と守備について

以下の文書は日刊スポーツからの抜粋です。
ここで書かれていることは、ヤクルトの宮本選手の教えとも通じるものがあり、基本的には足を使って送球するというここが再確認できればいいと思います。
送球という面では私は、楽天の松井選手、巨人の村田選手が上手いと思っています。そろそろスナップスローについて書いてみたいなというところです。



ショートの守備に於いて「使いにくい」と評され、浅村栄斗選手は完全に渡辺久信監督の信頼を失ってしまった。
(中略)ライオンズというチームはここしばらく、本物のショートストッパーが育っていない。本物のショートストッパーとして思い出されるのはレギュラー選手では田辺徳雄選手、守備要員では奈良原浩選手が最後であろうか。その後は松井稼頭央選手、中島裕之選手が長年不動のショートを務めあげた。しかし松井選手と中島選手はご存じの通り、プロ入り後からショートの守備を始めた選手だった。松井選手に関しては守備でも高い評価を得るまでに至り、名手と呼ばれることもあった。だが中島選手は昨季までに関しては、最後までショートらしいショートの域に達するには至らなかった。

では、ショートらしいショートとは?実はこれに関してはビッグプレーも多いメジャーリーグであっても考え方は同じだ。日本流に言えば「忍者のように動ける選手」で、アメリカでも小回りの利く守備範囲の広い選手が求められている。もちろんこの枠に収まり切らない選手も多々いるわけだが、ショートらしいショートという考え方に於いては、原点では両国で共通点は多い。現にメジャーリーグであっても長身の選手は「大型ショートストッパー」という風に、大型という言葉が強調されることが少なくはない。ちなみに一塁手や三塁手、外野手に関しては大型という形容詞が付けられることはほとんどない。

浅村栄斗選手はプロ入りしてからずっと、中島裕之選手の守備を見続けてきた。中島選手といえば元来メジャー志向が強く、守備に関してもメジャーリーガーのようなプレーを見せることがある。だがショートストッパーとして巧いかどうかと尋ねられれば、中島選手を巧いと評する一流選手は少ないだろう。その理由は派手なプレーが多いためだ。例えばダイナミックな送球動作で強烈なボールを投げてホームで失点を防ぐ姿などは、まさに強烈的だ。このような派手なプレーを見せられると、それほど野球に詳しくはないファンはそれだけでも魅了されてしまう。いや、もちろん魅了するプレーを見せるということは、プロとしては非常に重要なことだ。だがショートストッパーを技術屋として見るならば、派手なプレーは決して求められてはいないのだ。

浅村選手は松井・中島両選手とは異なり、高校時代からショートストップを務めてきた選手だ。ショートの守備は非常に上手かったように思う。数年前にまだ浅村選手が1軍に上がりたての頃、原拓也選手と並んで試合前練習をしている場面があった。原選手といえば、シュートストッパーとしては非常に巧い部類に入る選手だ。その原選手と比較をしても、決して引けを取らないショートでの守備練習を見せていたのが浅村選手だった。しかしその浅村選手が今、守備で信頼を完全に失ってしまっている。それは何故なのか?

筆者が考えるにそれは、浅村選手は中島選手のプレーを見続けてしまったからだと考えている。もちろん中島選手のせいである、と言いたいわけではない。中島選手とはショートストッパーとしての性格がまったく違うにもかかわらず、浅村選手はその違うタイプを目指してしまったのだ。例えば体の強さ。中島選手は非常にタフで、よほど痛くない限りは痛いとは決して言わず、試合に出続けるような選手だった。だが浅村選手は違う。とにかく細かい怪我が多く、それによって一気に調子を落としてしまう。プロ野球選手としてそれほど体が頑強ではないにも関わらず、フルスウィングを続けることで生じる細かい故障、これは過去これまでの浅村選手にとっての致命傷だった。

浅村選手は打撃とはともかく、ショートストッパーとしては一度原点に戻った方が良いだろう。中島選手を真似、力強い送球を見せようとするのではなく、「送球は脚で運ぶ」という基本に戻った方が良い。送球エラーが多いと言うことは、それは上半身の力に頼ってボールを投げているためだ。上半身に頼って投げてしまうために並進エネルギーではなく、回転エネルギーによってボールを投げるようになってしまう。するとボールが引っかかったり抜けたりする確率が高くなり、送球が不安定になってしまうのだ。特に0.1秒を争う併殺シーンではより力が入ってしまい、より力が入ってしまうことにより送球はさらにぶれやすくなってしまう。

浅村選手の守備に関しもう一点気になるのが、優しさだ。これは中島選手に対してもまったく同じことを書いてきた筆者なのだが、併殺シーンで浅村選手も走者を避けてしまうのだ。これはショートストッパーとしては致命的な欠点だ。走者を避けながら送球をすれば、当然その分動きが大きくなり、送球も乱れやすくなる。一方対戦相手であったドラゴンズのショートストッパーはそうではなかった。同じような併殺シーンを見ても、一塁走者の顔に向けてボールを投げるのではないか、と思うほど走者を避けることをしないのだ。併殺シーンで浅村選手の送球エラーが多い最たる原因がここにあると筆者は考えている。投手でも同じであるわけだが、グラウンドで優しくなってしまう選手は大成することはない。

併殺を阻止しようと手を広げてスライディングしてくれるような走者がいたとしても、その走者の顔面にぶつけてやるという迫力を持ち、決して走者を避けずに送球をすることが重要だ。ただし避けずにと言っても、それはあくまでも投げる前の話だ。送球を完全にし終えたあとはすぐに走者を交わしに入らなければならない。そうしなければ走者のスパイクで大怪我をしてしまうこともある。浅村選手は非常に細身の選手で、自分よりも大きな選手がスライディングをしてきたら恐怖心もあると思う。しかしそうではなく、逆に滑り込んでくる走者に恐怖心を与えられるショートストッパーへと進化しなければ、併殺時の送球エラーが減ることはないだろう。ちなみに今年のWBCに於いては、鳥谷選手は外国人選手のスライディングに臆することなく併殺時の送球を行っていた。きっとそれだけの強いハートを持っているからこそ、長年素晴らしい活躍を続けられているのだろう。浅村選手にもいつかは鳥谷選手のような、走者に恐怖心を与えられるショートストッパーになってもらいたいと筆者は今、切に願っているのであった。

日米の野球の違い 

  • 2013/12/14(土) 11:38:02

内野手のヒント
ー右足を前か左足が前か 
日米でこんなに違う内野守備ー

 ~楽天・松井稼頭央インタビュー~
 WEBでも検索できます
 東北楽天の松井稼頭央は今季、8年ぶりに日本でプレーした。全日程を終了しての成績は139試合で打率.260、9本塁打、48打点、15盗塁。西武時代はトリプルスリー(3割、30本塁打、30盗塁)を達成したスイッチヒッターとしては決して満足のいくシーズンではなかっただろう。ただ、守備では久々にショートストップのポジションを務め、好プレーを連発した。日本とメジャーリーグで内野守備にどのような違いがあるのか。二宮清純が仙台で本人に訊いた。
(写真:再三の好守が評価され、第6回「ジョージア魂」賞も受賞)

二宮: 本格的にショートを守るのはメッツの1年目以来7年ぶりです。ポジションはもちろん、メジャーリーグの球場は天然芝、日本の球場は主に人工芝という違いもある。戸惑いはありませんでしたか?
松井: 感覚はだいぶ戻ってきたと思います。最初はショートを守っていて、「あれ? ショートってこんなに動いてたのかな」と感じましたね。セカンドはショートと動きが逆ですが、肉体的にはラクです。その分、ランナーを気にしないといけなかったり、頭を使う。今季はショートでよく走っている印象を受けます。

二宮: 岩村明憲が日米の守備の違いについて、『Number』のインタビューでおもしろいことを語っています。「ゴロを捕るとき、日本人は左足が前、向こうは右足が前なんです」(2011年2月10日号)と。松井さんも同じことを感じましたか?
松井: 僕自身は左足が前とか右足が前という感覚はないですね。体の真ん中で捕ることを心がけています。ただ、日本は人工芝の球場が多いからイレギュラーが少ない。だから左足の前で捕ってから投げても問題ない。ところがメジャーリーグの球場は天然芝でアンツーカーの部分もある。イレギュラーがあるので左足を前にして確実に捕れるとは限らない。

二宮: 確かに左足を前にすると自分から見て右方向に打球が逸れた時、対応が難しくなります。
松井: 右方向に弾くと一塁から遠くなるので、アウトにできるチャンスが少なくなる。だから右側から足を出して捕球するのでしょう。これなら最悪、左に弾いてもすぐ拾えれば一塁は間に合う可能性があります。

二宮: ただ、右足を前にして捕ると、スローイングに移る際にステップが難しい気もしますが……。
松井: メジャーリーグの選手は捕ったら体ごとファーストを向いてスローイングします。ここは日本との違いでしょう。それで打球に応じて右足を引くか、左足を出すかして投げる。日本での左足の前で捕って、右足に体重移動するスローイングが基本ですが、向こうの選手は投げる際の軸足を左にしても右にしても対応できるんです。

二宮: 松井さんの守備はショートでもセカンドでも素晴らしいのですが、身体能力の高さとスピードを活かせばセンターだって守れたのではないでしょうか。
松井: 東尾(修)さんからは「センター、行け」っていつも言われてましたね(笑)。でも、内野をずっと守っていて外野に転向するのは思ったより難しいですよ。遊びで外野を守ったことがあるのですが、打球との距離感をつかむのが難しい。内野のフライだと打ち損じばかりですが、外野は芯でとらえた当たりもあるので、その判断がわからないんです。
(写真:「ファインプレーはおまけ。イージーなミスをしないことのほうが大事」と語る)

二宮: メジャーリーグに挑戦した日本人内野手がセカンドでのクロスプレーでケガをするケースが相次いでいます。松井さんに岩村、西岡剛……。これは向こうのスライディングが厳しいこともあるのでしょうが、もともとセカンドが本職ではなかったという点も影響しているのでしょうか。
松井: まぁ、向こうの選手は狙ってスライディングしてきますからね。完全に潰しにくる。僕の時はジャンピングスローしようと思ったら、ランナーのヒザが上がってきました。本当に痛かったですよ。でも、こちらとしても防御策を考えるしかない。僕はメッツ時代に「ベースを盾にしろ」と教わりました。つまり、セカンドベースの前に出てしまうと、もろに交錯してしまう。だから、極力ベースの上か手前でさばくようにしていました。

二宮: どうしてもダブルプレーの際には一塁へ早く送球したいので、体ごと前に行ってしまう。そうならないようにプレーすると?
松井: はい。それとサードやショートからの送球が来たら、すぐにヒザを一塁方向に向ける。横を向いたままだと強烈なスライディングに足を払われますからね。ただし、捕球してその場で反転してヒザを一塁方向に向けるのはなかなか難しい。だから僕は捕球した後に、ちょっと下がって体の向きを変えてから投げていました。

二宮: 久々のショートは、やはり一番守りがいがありますか?
松井: そうですね。このポジションにはこだわりがあります。できれば40歳になってもショートを守りたい。日本でもメジャーでも40代のショートってあまり聞かないですよね。だから、ショートをやり続けたい気持ちはメチャクチャ強いです。それを目標にこれからも頑張りたいと思っています。




このインタビューには面白い箇所はたくさんあります。
1つは、松井選手が、米国での右足前はボールを弾いたとき前へ落ちる場合が多いので、拾ってからアウトにし易いからだと言っていることです。
 ここでは、日本では人口芝であるのでイレギュラーが少ないので・・・とありますが、高校生ぐらいまでほぼ100パーセント土のグランドなので、環境的にはイレギュラーなバウンドは一番多い。だから、もっと前へは捕りやすい位置と、1つでもバンドが少ないところで捕球が当然。もちろん時間的な早さも。
 そんな中、ボールを最悪弾いても拾って投げれるから、右足前が基本であるというこの話はただ肩が強いからだけでは片付けられない。
 私は一足分ぐらい左足が前を基本にしていますが、それこそ並行に近い。つまり右足の位置を決めて捕球体制に入り、そこからは普通に自然に左足を前にだす。右足の次は左足が前なので、何も意識は必要ないよという考えです。
 ハンブルはつきものですが、ボールが後や三塁側か、前やセカンド側かは大きな違いです。
 上手い内野手はなぜかボールが拾って投げれる位置に落ちます。ボールの勢いを止める捕球、体の向きなどの技があってこそでしょう。(つづく)

  • 2013/12/09(月) 22:10:37

バントの練習は必要か?
~必要ならその徹底した練習はいつからすべきであるか (2)~


この題において、バンド練習は早いほうがいいに決まっているだろうという考えも多い。
そんな小学校からバンドなんて必要ないだろうという考えもある。

現に小学校ではほとんんどバンドをやらないチームがあった上に、うちはバンドをやらないと父兄が宣言しているチームもあった。当時は市内16チームであったが、おそらく2~3チームはバンドをやらなかったと思う。

まあほとんどのチームは接戦では必ずバンドで崩してくる。
毎年優勝または上位へいくチームは、徹底的にバンド作戦であった。バンドが上手くないと使われないという感じである

 野球の好みの問題といえばそれまでだが、勝ちにこだわる徹底バンドついて私見をいえば、徹底したバンド練習によりバッティングを小さくしていないか。
 バンドの多いチームはいつバンドのサインが出るかで頭がいっぱいである。
 例え最初からバンドのサインでも失敗すれば、1ストライク、2ストライクである。そうなれば当然当てるだけのバッティングになる。

 ストレートしかない小学生では実にもったない。

 好球必打と簡単にいっても、なかなか初球から打ちにいくのは、勇気がいる。監督の後押しがあって初めてできる。

 また、これはもっと反論があるかもしれないが、小学校でバントが下手な子は、ほとんどバンドが上手くなることはないです。 

 えっ それは違うよ、練習すればやるだけ上手くなるんじゃないか。

 それも否定はしないが、だからと言ってバンド練習を繰り返し繰り返しするのは、野球選手の可能性を狭めます。
 つまり、小学生の内から、“まずはバンドを上手くしよう”という順番が間違っている気がしてならない。
 (つづく)
 

内野手のヒント 送球編 3

  • 2013/12/04(水) 00:23:42

内野手のヒント 送球編 3
ーボールはすぐに肩上へかつがないー

いろいろコメントを頂いていますが、それを読みながら参考とさせてもらいます。

さて、今回は随分前に書いたきりで終わっている送球編です。
送球後に右肩が上がる選手が結構いると書いたのですが、この投げ方は肩が上手く回らないので、勿論強いボールは投げられません。つまり外野手や投手の送球後のフィニッシュと逆ですから。そのせいか、このクセのある子はセカンドが多いです。

 また前回捕球後ボールは、「すぐに肩上へ担がない」ということを書きましたが、これは全く悪い投げ方と否定するわけではありません。
 これは、結構サードの選手に多いですし、全くミスなく強いボールを投げていている好選手もいます。
 このスタイルの選手は、腕を上げたまま、足のステップをしてしっかり手を振って投げます。ですから意外と強肩に見えます。(実際に強肩です)

 しかし、難点はあります。ボールの握り替えがやりづらいことと、また送球時の肩の動きが縦となることです。
 この縦の肩の動きの送球は横へ走っての送球の場合に、一塁ベース側へ肩を戻す場合は横であるので、そこから少しサイドスローで投げれればスムーズであるのですが、この形の選手は投げるスタイルを変えない為、正確に投げる為には、一度態勢(肩のラインとステップの両方)を立て直す必要があります。
 それでいいのじゃないかと思われますが、一度肩を戻して(横に回して)、その後、縦の振りはボールを離すタイミングがずれ易い。
 ですからこの形の選手はなんでもないボールを、低投や一塁手のはるか上へ投げてしまう場合があります。

 しかししっかり投げている選手もいますし、私が悪くはないと思うのは、多くのステップをしても、ボールを離すタイミングを最後のワンステップでとれますし、右サイド(三塁ベース寄り)のボールには、無理なく素早く強い送球が出来ます。 そういう意味ではサードの選手に多いのもわかります。
 
 高校野球までは十分通用する投げ方なんだろうと思っていますが、練習量がものをいいそうです。
 内野手で送球が10球の内1球でも、上へ逸れる場合は肩の縦回り(投手投げ)でないか考えてみるのもいいかもしれません。 
 ※小学校レベルでは、投手投げでも全然大丈夫です。ただもともと上へ向かって投げている場合もありますので、強いワンバウンドを投げさせるべきです。(つづく)
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。