スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2013/08/27(火) 23:03:59

甲子園からの報告(4)
 ー試合前のノックの個性 ー


○○高校ノックを開始して下さい。

7分間のこの時間にチームをどう表現するかは個性でもあるが、魅せる絶好のチャンスである。
凡そ6割ぐらいは、まあみなさんがよく見られる順序で進む。

塁間のボール回しから、内野のホーム送球・・それでもチームによっては、少し順序を変えたり、違ったことを取り入れてて個性を出している。
例えば、名電は必ず投手を数名いれて、バント処理や一塁のベースカバーから始まる。
それを真似たわけではないが、そんなチームも出てきている。

 それでおやっと思わせたチームが花巻東である。
 いままでと真逆から始まる、最初が内野手のバックホームで・・少し驚いて覚えていないが、兎に角「おいおい」という感じである。そして最後は内野手がセカンドからホームへ投げて終わるのだけれど、それがツインである。
つまり2人が左右にわけれてホームへ投げるのですが当然キャッチャーはホームを挟んで2人、それも、揃ってるからシンクロなのです。
おおっと思うとそれが2連発だから、観客を引きつけているんですね。



ここで花巻東を紹介したのも、花巻東の試合は、作戦的にもみてて面白いのだけれど、知っての通り2つの問題が起こりました。
一つは、セカンドの打者にコースを教えたんじゃないかという疑惑ですが、これは私の感じではまず間違いでしょう。これがチームの方針かどうかわかりませんが、あくまで疑惑ですので、個人と個人でやった合図かもしれないですし、惑わせるだけということもあるので、結論的には紛らわしい行為はやらないようにでしょう。

もう一つは、一番の千葉選手のカット打法です。
これは賛否両論ですが、好意的な意見も多い。

例えば、19日の準々決勝の鳴門戦、千葉選手は相手投手に41球を投げさせ、5打席で1安打4四球と、チームの勝利に貢献。
しかし、試合後に大会審判部からの注意を受け、準決勝は、相手投手に投げさせた球数は4打席でわずか10球。4打数無安打と結果を出せなかった。

「甲子園への遺言」など野球に関する著作が多いノンフィクション作家、門田隆将さんは「千葉選手の活躍は全国の体の小さな選手に勇気とやる気を与えたはずだ。自分の創意と工夫でレギュラーを勝ち取り、甲子園の土を踏んだ希望の星」と活躍を称賛。
その一方で、大会審判部の対応について「そのプレースタイルは、誰もができるものではなく、一生懸命努力して会得したもの。高野連はその努力が分からないのか。希望の芽を摘もうとしている」と批判した。

みなさんはどう思われたか知らないでしょうが、審判の判断を支持するものです。(その指摘の時期は?で、あれば嫌がらせで、もっと早くか今回は見送りでしょう)
 それは技術であるのだから・・・。誰でも出来るものではない。ということは認めるものの、度がすぎてはいけない。あれを指摘できなけらば規約は削除すべきかもしれません。
 少数意見で批判を受けそうですが、私は野球はある程度スピード化が必要であり、好球を必打しての点取りゲームであるべきと考えいます。

例えば、柔道では攻める姿勢がないと、指導があるわけですが、やはりこれ以上はちょっとねという場面もあります。つまり限度があるわけです。振りきるならまだしもカットしてファールも明らかに5球続けば、イエローカードでも出したらどうでしょう。つまり振りきればいいわけです。

私達の小学校時代はファール○本でアウトだとウソかマコトか本気で言われていました。

さて、解説ではそんなに批判をするわけではないですが、こういうカットをする選手には一番カットしずらいボールを投げるべきです。
それは、まん中高めと低めです。 参考にして下さい。
スポンサーサイト

甲子園からの報告(3)

  • 2013/08/20(火) 23:02:29

甲子園からの報告(3)
 ー内野手のヒント 送球編 1 ー


中央特別席には終日、日陰。(所謂暑さを避けるには最高の席)
午前は陽が当たるが、午後は日陰。またはその逆と大きく分けて三つあります。

甲子園へ入場したその階からまず球場へ出ると、まん中よりちょっと下段の比較的よい位置へ出ます。
実はその横一線の通路が日の当たるラインの目安となります。雨よけのスタンド屋根の影の境がここになります。

その通路より上側は両端の一部を除いて太陽が当たる心配はないので、すぐに埋まります。ABC放送やNHKはそこのバックネット裏を確保してあります。そういう意味ではその両サイドが一番の人気の席かもしれません。またその通路の上へいく順に人も埋まるようです。またその通路の上一段目は手すりもあり、足も伸ばせますからまず席はないでしょう。人によって最高の席は違うわけですが、近くで見るなら暑さは覚悟しなさいということか。



さて、前橋育英高校の優勝で終わったこの大会ですが、投手を含めた総合力が素晴らしいかったですね、
私は打撃は波や相性もあるので、ベスト16あたりから、守備、走塁など雰囲気から常総、作新あたりかなと、何となく思っていました。

どうしても守りだけでは勝てないといって、打撃の強化又は打撃優先のオーダーチームも多いようですが、それは地区大会の数回戦までで、やはり守備、走塁が鍛えられていないチームは守りでリズム崩して、序盤で大量点を取られて、時すでに遅しということになります。

さて、最初のノックで大凡の判るということは、このクラスでは断言できなくなくなってきます。
そこで私は、迷った時は、内野手の送球の素早さ、形をプラスしてみようと試みました。

まずは、スナップスローの形とフィニッシュです。
いろいろなスローイングがあるわけですが、これまた強くて早くて正確なスローインするには、これはちょっとダメなんじゃない?
と思う投げ方があります。
それは投げる前から右肩が上がりぎみで送球後もそのまま右肩が上がってフィニッシュするものです。
あれ、変わった投げ方だなっと思えばほぼこれに近いです。

投手や外野手、捕手ではまず見られないものですが、高校野球でも意外と内野手にこれが多い。中にはこの学校ってこの投げ方を教えているんじゃないって思えるように内野手の半分以上がその場合もあります。

これも社会人野球や、プロではほとんど見られないので、直されるのか、上では通用しないんでしょう・・・・。
高校生まではありかな~(笑)

だって、前橋育英のサードとセカンドはいずれも送球後に右肩上がっていたので、私は接戦になったらまずいなと思っていると、なんのことない鉄壁の守備でしたから私の予想は見事に外れたわけです。
前橋育英のサードも深いところからの送球では一塁手上へ暴投はしていましたので、まあまんざら間違ってはいませんでしたが・・・。

比較的セカンドなど、短い距離の選手に多く出現します。すこし投げる距離が長くなると、ボールを抑えることが出来ないのでボールが浮いたり、スナップスローでなく伸びのあるボールがでないので、肩が強いという印象は受けません。(つづく)

甲子園からの報告(2)

  • 2013/08/19(月) 23:48:43

甲子園からの報告(2)
 ー内野手のヒント サード編 その2ー


今年の甲子園で一番混雑が予想されたのは、17日の土曜日ですお盆期間でもあり第二試合に大坂桐蔭が出るからです。では一体何時頃に甲子園につけばいいのかですが、17日は午前6時03分ぐらいに甲子園に着きました。
難波から阪急電車ですが、一番早いので5時03分発。私はその後の5時26分です。いずれも尼崎で乗換です。
すでに甲子園駅の出口寸前まで人が並びしまったと後悔しました。経験のない混みようです。
1人ですので、いつ列が動くのか分からないのでコンビニにもいけず、立って並んでいると、いつもより30分早く7時半に切符が売り出されました。それでも中央特別席は試合開始9時の1時間前には札止めでしたが、心配した入場券は余裕で買えました。席も半分も埋まっていませが、自分の好きな場所はちょっと無理。
 人はいないのにタオルが横にずらっと置かれています。

 入場できないわけでもなく、一般内野や外野席(無料)があります。それでも並び直す必要がありますので、どちらも売り切れも考えられます。 その前日は、2試合目が西脇工のため何と、一塁側アルプス席でさえも10時前には売り切れました。半分も埋まっていないので売り切れということは、アルプス席は応援高校、市町村で予約が出来るのでしょう。 地元出場を要チェックですが、その日は外野は札止めにはなりませんでした。

 もししまったと思われた場合は、特別中央と一般内野を両方で並んで、先に買えた方を優先すべきかもしれません(チケットは1人5枚まで購入可)。ちなみに17日土曜日は10時すぎには外野席も入場制限でした。

 一番混みそうな日なら、特別中央席は試合開始の2時間前が一つの目安となりそうです。6時前には甲子園駅に到着です。それならどんなに人がいてもとりあえず安心です。とにかくどこでも入場したのなら、最低試合開始1時間前でしょうが、それでも並ぶ際にははかなり不安な気持ちになるでしょう。
地元が出ない、平日、お盆でなければテレビを見てもわかる通り、入場できないことはないでしょう



さて、昨日につづいて、二つ目は、「サードの構え」ですが、ショートやセカンドと同じで、後ろから一歩、二歩と出て軽くジャンプする選手が結構多いです。これは、甲子園クラスでもかなりあります。

内野手は軽く、打者のヒッティングに合わせてジャンプするわけですが、その方法は人それぞれです。
少し後ろから一歩、二歩前へ出て軽くジャンプするのが一般的ですがそのタイミングはちょっと前に書いたと思いますが、2塁ランナーの後ろのショートが戻る際に、ランナーの二次リードと一緒に動く(同化する)という事実は、ランナーがいない時でもそのリズムが一番動きやすいという参考になると思います。

ただ、サードは痛烈なゴロやは弾まないライナー性のゴロが多いので、通常の構えだとグラブが上から下へいくことになります。
いわゆる、グラブが遅れてトンネルになってしまいます。常葉菊川もあの大量点にはサードのトンネルが致命的になりました。あれだけしっかりした内野でも、勝ち上がれば上がるほど打球が違います。打球が強ければイレギュラーも増えますし、それも意外とゴロが跳ねるだけでなく、普通に弾まないで地面をはうボールもあります。

サードはグラブを出来るだけ地面に近づけて守るのが一般的です。つまり低い姿勢で少しでて沈む感じです。災難は忘れたころやってきます。

甲子園からの報告(1)

  • 2013/08/18(日) 22:43:24

甲子園からの報告(1)
 ー内野手のヒント サード編ー


今年も甲子園に行ってきましたが、毎年(私の)予算が削減されています。
いつも同じなのは、1人旅なおかつ3、4日前ぐらいに日程を決めるというもの。

初めは一休com.による尼崎の都ホテルアルカイック 通常の半額ぐらいでとれまれましたが、ここ2年はwebには出てこないです。
翌年は三宮のJR駅の上、いいところに泊まっているみたいですが、夜10時以降の素泊りで5800円。
これは当日予約もできます、ここ数年チェックしていますが毎日あるみたいです。

じゃ~これ以上の予算の削減は・・ これも、携帯の楽天の予約サイトで三宮周辺の当日宿泊可能なホテルでみつけた3800円。これも安いですが、結構探せばあるものですが試合中に宿の予約なんて落ち着かない。

今年は迷ったあげく、前々日に決めたので、カプセルです。
阪急難波駅から5~6分のラムザです。一泊3000円ですので、最安値しかも天然温泉付ですから4試合見て
から、帰って風呂を入って館内で食事もよし、外へ出てもよし。
はっきり行って寝る時間は4~5時間ぐらいですから、おっさん1人旅には十分です。(つづきは次回)



さて、今回は内野手の中でもサードの守備についていつも気になる点を二つあげます。
サードは各チーム器用というより、一般的に内野手でもパンチのある選手が起用されます。
チームの構成上、どうしてもショートやセカンドより打てる選手が、またゴロも強く、前へのダッシュも必要です。
 そんな中、私が気になる点の一つは、ランナーセカンドの際に、(45°ほど)横向きになる選手が結構いることです。
 少年野球を経験されている方は判ると思いますが、かなりベースの前で守る時はべつですが、ほぼ8~9割は
そうします。つまりセカンドを見ながら投手が投げてからホームを見るのですが、中学の硬式でも半分ぐらいはそうしています。なんと高校野球でもどうれぐらいかは、わかりませんがかなりいます。

つい最近の練習試合で息子が、久しぶりサードを守った時にもそうしたので、一応「それはないよ」と聞く耳をもたない彼に言いました。

社会人でもほとんどなく(全くないかは判らない)、プロでは全く見ない行為がどうしてあたり前のようになされているかは判りませんが、理由は3つ。
(1)指導者がそうさせている
(2)みんながやるのを見てそうれが正しいと思っている
(3)自分の判断(ランナーを見ていないと不安)

 今回の甲子園はこれに対して、甲子園出場校はどうなのか?というのが自分のテーマでした。
 20校近くみましたが、1校のサードだけ少し体をセカンドへ向けていました。
 花巻東高校でしたが、それでも彼は普段の守りで右足を少し前へ出しているようですし、半向きしてるという判断はできませんでした。
 つまり限りなくゼロです。

 少し長くなりましたので、私が「それはない」と理由を上げます。

(1)サードはバッターの構えやしぐさて、バンドが強硬かをいち早く嗅ぎ取ることが必要です。  つまり半身ではバッターの構えのタイミングがわからない。 よくダッシュして塁間の半分以上ダッシュしてくることもありますが、それもバッターがバンドの構えから少しづつ前へ出て、投手が投げてから一気に出るものです。
半身で構えている選手のダッシュを見ていると、投手が投げてからバッターを見てからダッシュする選手    が多いですし、中には振りむきながら同時にダッシュをするのでが、私に言わせれば、もっと早くからバッターの構えから集中することが大事です。

(2)さらに、セカンドランナーを見る必要なんてあるの?  もともとべースの近くにいるわけで、例え盗塁しようがそれからベースにつけば、いいのです。
走ったかとうかは周りからの声で知らせ、自分で気配を知る、キャッチの動作でベースに入ってもよいでしょう。
    
 強いチームはやっていない。
 少年野球では一般的であることは何か理由があるかもしれませんが、少なくと私には判りません。
  

バッティングの基本はまずは意識しなさい

  • 2013/08/14(水) 22:47:26

バッティングの基本はまずは意識しなさい

日本の高校生3年で一番長く野球を続けることが出来るのは今の甲子園出場チーム。少し皮肉的にみれば、それでも全学年あげて応援しているかといえば、
そんなこともないかもしれない。
2年生以下の子や親にしてみれば、早く終わって試合をしたいと思っているとも限らない。

そう、今は秋の大会の真っ最中でもあるからです。
新しくベンチ入りやレギュラーの子もいるわけですが、ここでも背番号が貰えない子もいるわけです、まだまだあきらめてはいけません。「継続は力なり」とよくいったものですが、ただ、みんなと同じ練習、取り組みでは追いつき追い越せないことも事実です。
これは練習量だけではなくアプローチや方法もそうです。

少し前に紹介した「どんな打ち方でもよいから、その打ち方の天才になれ」が1週間ほど前に、仁志さんの間違いだらけの野球教室で紹介されていました。
その中でこのポイントは守って下さいとありましたので書いておきます。
①バックスイングでしっかりトップが出来ているか。
②ボールに対してバットをまっすぐに出せているか。
③体の前側の壁をぎりぎりまで開かないでキープ出来ているか。

よく言われていることですが、これはバッティングにおいて一つでも欠かすことは出来ない基本なんでしょう。
それを少なくとも意識しているかどうかが大事です。
例えば①については、バットを短くもって軸足に重心を乗せてトップを作る動作をよく見かけます。
②については前にも書きましたが、まっすぐ出す気持ちです。実際は振りだして回転するので真っ直ぐではないのですが、少なくスローなイメージでは最短距離です。
③では開いたら負けとまで言われます。

勿論無意識に出来ればよいですが、これを全く意識しないで成績(結果)が出ている選手がいれば教えてほしいです。これだけではないですが、少なくともこの3つは素振りの中で意識したいものです。きっとかなり有利な体格でバットに当たりさせすれば飛んでいくのだとしか思えない。

俊足打者を抑えるには

  • 2013/08/13(火) 23:18:32

俊足打者を抑えるには
ー甲子園の解説からー


甲子園やはり面白いですね。
この時期、はっきりいってプロ野球はあまり見なくなります。

意外性、何が起こるか分からない。ドラマという点では高校野球、これ以上のものはないでしょう。

話題として、上げればきりがないですが、西脇工の大応援団、バス80台? 地域性を知らない私は、どうして地元の代表がバスで乗り込のか?と思うんですが、ちらっと市のHPを見ると市が募集をしていたんですね。

青森の弘前学院聖愛も、すべて青森県内の選手だということがウリのようですが、中高一貫教育で中学硬式の選手が多く高校へ進学するらしい、それでもクラブチームで他中学の選手も中学硬式へ入部できるらしい。これはよい選手獲得方法ですね。

もうひとつ、公立高校の躍進も目立ちますが、今は偏差値の高い県内有数の進学校が活躍することも多い、その中でもいくつかが、何とスポーツ推薦があるらしい。えっ!どうしてこの学校にこんな投手が・・・と思ったら、中学の選抜の選手であることは十分あるでしょう(勿論成績はそれなりに優秀でしょうが入学枠がありますから有利です)。 

さて、今日はテレビの解説者が幾度も話していたことを紹介します。
投手や捕手の方は参考にしてはどうでしょう。

俊足の選手はどうしても、(タイミングが早く)待ち切れないので、外角の緩いボールが有効です。最初は緩いボールと言ってましたが、内角の緩いボールを上手くレフト戦へ運んだのを見て、“内角ではなく外角”ですと言ってました。
これは、西脇工の一番の俊足打者を抑える際の話です。 

送球や走りが早いテンポの選手は、どうしても打撃のタイミングもは早くなるんでしょう。

近距離からボールを投げる

  • 2013/08/04(日) 21:48:44

近距離からボールを投げる
ーだかがトス、されどトスー

野球は普段出来ることが、緊張したり、違うの動きでに腕の振りや、リリースポイントが狂ってくる。
送球ではいろいろなステップが必要だが、速い、遅い動きからも、安定した強いボールが投げることです。

ただ、意外と使われる至近距離からの送球について、つい悪いクセが出で致命傷になる場合がある。
高校野球の夏の大会でトスが乱れたりことで、悪送球やダブルプレーが取れないことでサヨナラ負けも多く見た。

トスのエラーは、投手と一塁の連携、ダブりプレーに関係する、ショートからセカンド、セカンドからショトがあるが、同じ学校で4年間で致命的なミスが2度あったもので記憶にあるのは、ショートからセカンドだ。

セカンドからショートは、肩の高さも、腰からの下でも下からのトス、距離があれば下からのスローイングだから意外と迷わない(トスの良し悪しは別にして)。ここで紹介するのはショートからセカンドですが、トスミスが起こり易いのは6、7mぐらいの距離でトスにしようか迷う距離が多い。
ただ、正しいトスでしっかり足を使えば問題ないんだが、つい「ふあわっと上から投げてしまう」のが危ない。

これは憶測ですが、いままではそんなトスを実戦ではしたことがないから、指導者も気がつかない。
その上からのふわっとは力加減が難しい。悪送球もあるが、上がり過ぎもある。だいたい、少し迷う距離は正しいトスをすれば普通は下からのトスでよいと思いが、これをフワッと上から投げることはやってはいけない。少年野球ではよく見るのだが高校野球でもある。

私は、「やってはいけないことは、練習中でもランナーがいなくても気をつけなさい」と言いたい。
例えば、ヒットやアウトになってボールが内野へ帰ってくるボールを、投手へひょいと山ベールで返す選手がいるのだが、そんなことが、つい実戦で出ないとも限らない。
みなさんはどう思われるか知らないが、私には実にもどかしい。ビシット返せと言いたい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。