スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割の感覚

  • 2012/01/24(火) 23:35:33

打撃論 土井正博に聞く
ー割の感覚ー


昨日紹介した、「プロ野球の一流たち」-二宮清純ー の中より土井正博「名伯楽のインコース論」の中で、インコースは縦振りがよい。
から紹介するものです。わずか12ページぐらいですが、これはイチローが、これは坂本が言ってたよなとか、思い浮かびます.

よってこれを要点をまとめて書くのじゃなくて数回に分けていてみようと思います。

【中村について】
土井彼は先天的にボールを飛ばす技術をもっていました。しかしバッターボックスの中で、構えてからバットをボールの当たるまでの距離がとれなかった。
二宮ー要するにちゃんとバットを引いてから打っていなかったということですね。
土井ーそうです。浅いところから打っても金属バットなら飛びます。しかし木製バット、しかも一軍のピッチャー相手だとそうはいきません。
弓矢の原理と一緒ですよ。矢を引けるとこまで引き、張り詰めたツルがパチーンと弾くから、強い強い矢を遠くへ放つことが出来るわけです。
二宮ーバッティングでも引けるところまでひかなければならないと?
土井ーそうです。バットを後方へ引いた時の状態を、私は「割り」と呼んでいるのいるのですが、体が割れてくるといいフォームが作れます。弓矢でいうとツルが目いっぱい張れている状態です。
二宮ー割りの時間は長ければ長いほどよいのですか?
土井ーいや、必ずしもそういうわけではありません。
ピッチャーはクイックで投げてくる時もあります。そういう時は小さい「割り」で対応しなければいけません。
割の時間は長い短いでなくて、その形が出来ていればいいんです。



よく言われる「割り」ですが、その名前は知っていても実際には出来ていないことが多いようです。ましては小中学レベルにおいては、“弓を途中まで引いてそのまま(肩を)回してしまう”
つまり、後ろへ引いているようですが、ここで言われる張りつめたツルの状態が出来ない。
弓をひくことは肩が回ることではないのです。弓

いっそのこと、本当の弓を引く練習を取り入れてはどうかなと思ってしまいます。
スポンサーサイト

プロ野球の一流たち

  • 2012/01/23(月) 23:02:38

お勧め書籍
「プロ野球の一流たち」-二宮清純ー


そろそろ放映する頃だと思っていましたが、今日偶然に「夢のむこうで」in岡山 をスカイAで見ました。
19時からですが、明日からも同じ時間で放映されますし再放送もあるようですので興味のある方はどうぞ。

スカイA 夢のむこうで 番組表を見る

さて、この企画今年はグランドで行うことも企画され、宮崎で先週開催されたと新聞で読みましたが、どんどん青空で行なってほしいものです。やはり実際の動きから学びたいでしょう。

参加する高校生は、バッティングや守備など今の悩みや、プロはどう考えるなどを聞きたいでしょうが、せっかく6名程のプロ選手が来てくれますが、それぞれのポジションの話でもどうしても限られてしまい、聞きたいことがきけず、少しもの足りないかもしれません。



今日はおすすめの本として
「プロ野球の一流たち」-二宮清純を紹介します。
プロ野球の一流たち (講談社現代新書 1941)プロ野球の一流たち (講談社現代新書 1941)
(2008/05/20)
二宮 清純

商品詳細を見る


松坂大輔論、中西太「育てる野球論」、清原和博は強打者か、など約20の表題からなり、インタビューや先輩、コーチなどが展開する話は寝る前に一つづつ読むのにぴったりです。といっても、私はベッドから起きてその動作をしたりしてつい読みすすんでしまいますが・・・・。 

その中で土井正博「名伯楽のインコース論」の、インコースは縦振りがよい・・・。
縦振りが低めのボールを強強く振るにはよいとはわかっていても、インコースの高めはどうするのと思います。これにいろんな視点から話されていて、このブログでも紹介したことも「おさらい」できます。
おかわり君こと中村選手や西武時代の和田一浩、松井稼頭央選手を育てたコーチとも言われなますが、彼のすごさは打撃コーチがよく変わるプロ野球で、ずっとコーチでいるところです。それだけ評価されているということでしょう。

野球教室 ケン・グリフィー氏

  • 2012/01/22(日) 10:39:06

野球教室 ケン・グリフィー氏
ー5つのミートポイントー


マリナーズなどで活躍した大打者、ケン・グリフィー氏(42)が15日、G球場に登場した。
講師役として巨人・鬼屋敷正人捕手(20)らとともに野球教室に参加。阿部に次ぐ2番手捕手を目指す若武者に、金言を授けた。

私が目にした6~7つのすべてのスポーツ紙・新聞で紹介されていましたが、各紙の扱いが全部違っています。
その中で、打撃論に関して2紙だけ書いてあったのので、紹介します。

スポーツ報知
【全文】
マリナーズなどで活躍した大打者、ケン・グリフィー氏(42)が15日、G球場に登場した。講師役として巨人・鬼屋敷正人捕手(20)らとともに野球教室に参加。阿部に次ぐ2番手捕手を目指す若武者に、金言を授けた。ケングリフィー
<写真は同新聞WEBより>
 メジャー歴代5位の通算630発を放っているグリフィー氏だが、意外にも安打の重要性を説く。「サダハル・オウ(王貞治)は多くの本塁打を放っているが、それ以上に3000本近いヒットを打っている。初回に一発打っても他の打席で凡退するなら、4打数4安打の方が怖い」と力説した。

 そのために必要になるのが、5つのミートポイントだ。内角、真ん中、外角の3か所を持つことが一般的。だが伝説の打者は、内角でも体に近い部分、外角でも体が泳いでも打てる2か所を持つことが、広角に打つ鍵だという。

 鬼屋敷は昨年11月の秋季キャンプでは、原監督から「必ず近い将来、レギュラーになる男」と絶賛された。「(グリフィー氏は)でかい。人間の体じゃなかった。いろいろ取り入れてみたいことがあった。打撃でアピールしたい」。グリフィー氏からの言葉を胸に、ポスト阿部に名乗りを上げるつもりだ。




 日刊スポーツ
【抜粋】
(1)本塁打を狙うな 「ハンク・アーロンは755本ホームランを打ったが、3771本もヒットを打っている。本塁打よりヒットの方が、圧倒的に勝利に貢献する」。子どもたちにも「強く、低い打球を打て」とライナーの手本を示した。

(2)冷静であれ 「自分が置かれている状況を常に理解していれば、おのずと行動は決まる。狙い球も決まる。一番打てる球を選んで、はじき返せばいい」と状況判断の重要性を説いた。

(3)自分が決めると思うな 「後ろに回すことも大事。いいバッターを信頼し、四球で歩くことが最善のこともある」とフォア・ザ・チームの徹底を求めた。

 以上同じ野球教室を紹介した新聞より

外野手の送球 その2

  • 2012/01/11(水) 21:02:56

外野手の送球 その2
-肩を縦に回すー


山本昌投手(中日)と聞いて何を思いますか。
ウィキペヂアによれば、同い年の星野伸之・小宮山悟と共に「球の遅い一流投手」という稀有な存在である。40歳を越えてなお、年齢を重ねるにつれて球速が上がってきており、2006年には140km/h、43歳になった直後の2008年8月12日の対広島戦では143km/hという球速も記録している。
また、山本昌の直球の回転数を計測した結果、1秒間に52回転していた。通常の投手の1秒間の平均回転数が37回転、松坂が41回転、藤川球児が45回転であることから山本昌のそれは極めて高く、初速と終速の差と落差が小さい。そうだ。

そこで彼は「キャッチボールのスペシャリスト」と呼ばれている。
彼の著作でも握りから、投げ方などいろいろ書いてあります。



外野手の送球 その2 では彼のアドバイスを紹介します。

題して、 「送球のブレを直す」です。
彼が室内練習場で居合わせ野本や松井佑に30分間にわたって教え込んだ送球の基本とは?

まずは記事から
彼は2人に、両肩の回し方を横から縦にすることを指導したという。
「偶然隣にいて、ちょっと気になったから言ったけど、基本だよ、基本」と話した。
野本は「肩が横に動くと投げたボールが左右どちらかにそれるんです。制球力をつけるために両肩と腕を縦に振るように教えてもらいました。すごくありがたかった」松井は「体の近くで腕を回すことを意識しました。とても勉強になりました」

彼は、腕の振りを「ダーツを投げるように」とも表現した。
指導された2人は「前とはボールの回転が見違えるようによくなった」と口をしろえた。
 (中日スポーツ2002.1.7)


山本選手は少し変則的な投げ方のようですが、彼のテークバックの際の両肩のラインは正に縦になっています。
山本選手
私は案外、 「この形を意識すること」が縦に振るの秘訣かもしれないと思います。

外野手の送球

外野手の送球について その1

  • 2012/01/10(火) 22:44:28

外野手の送球について プロから学ぶ その1
ー捕手にやさしい外野手になろうー


和田選手(中日)の場合
昨年、東邦はダイレクト送球が多いということを書きましたが、外野の返球についてはどうしても強肩であるば有利なような気がしてしまいますが、中日のレフトの和田選手は補殺が非常に多いことでも知られています。

彼が二軍に落ちた時に、外野手にそのコツを教えていたという記事を読みました。
彼はもともと捕手なのですが、今はけっして強肩ではないばかりか外野手の中では並以下かもしれません。

見た目はレーザービームではなくともなぜ補殺が多いのか。
彼がボールの握りを教えていた写真がありましたが、どうように教えたは判りません。(ごめんなさい)

それでも、彼のキャッチボールではボールの回転がいつも同じで、捕手に優しいのだといます。つまりキャッチがどこへ来るのか予測出来るので構え易いらしい。

よく球は速くてもコントロールが悪い選手は多いのですが、同じワンバウンドでも毎回毎回弾み方が違う選手も多い。

ホームベースを1メートル離れただけや、ノーバウンドでもジャンプするような球はタッチがかなり遅れたたり、回りこまれます。

強肩だけではランナーは刺せないのです。
外野手であるのであれば、ボールの回転や、正確なワンバウンド送球を考えてみるべきでしょう。

踏切り足による打撃の形

  • 2012/01/08(日) 23:36:28

自分の踏み切り足を知る その2
ー踏切り足による打撃の形ー 


前回は、駒田さんによれば、「踏みきり足にパワーがあるので、投手側にあれば態勢をくずしても上手く拾ったり、長打が打てる」ということでした。

踏み切り足にはパワーがあるので、それをバッティングに生かさない手はない。
右バッターで踏切り足が左足だと仮定します。そうすると今度は左サイドを壁にして、ボールを打ち返すバッティングが出来るはずです。つまり変化球でタイミングを外されても左足のパワーで対応出来ます。これは泳がされても大丈夫という安心感を生みます。
 同じ右バッターで踏みきり足が右足の場合はどうでしょう。右足にパワーがありますからたとえ速球に差し込まれても右足の力で対応できます。
 実際に対応できるかどうかは別にして、バッターがこういう気持ちをもって打席に立つことは間違いなくプラスに働きます。
 プロ野球中継でこの話をしたことが意外と選手間に広がっていたようです。(中略)
 横浜コーチ時代も他チームの選手も僕のところへ来て、
「自分の踏切り足ですけど・・・・」とくる選手がことのほか多いのに驚きました。
 やはりバッターにとっては踏み切り足は気になるようです。
 コーチは選手の踏み切り足がどちらか知ったうえでアドバイスすることも必要でしょう。



 つまり「パワーがでる、粘りがあるバティングは利き足の近いところにポイントあるほうがよい」という一つの理論です。 打撃はそんなに単純ではないかもしれませんが、このブログで以前紹介した、「右打者と左打者により打左重心で運動能力は劇的に上がる!」 (宝島社新書)とこの理論の二つを組み合わせると、右・左打者でポイントを前・後に置くなどのいろいろな打撃スタイルがある中で、あなたの今のスタイルは組み合わせが悪いことも考えられます。 

あけましておめでとうございます

  • 2012/01/05(木) 21:54:10

自分の踏み切り足を知る

新年あけましておめでとうございます。
昨年の野球の総括をしないまま年が明けてしまいましたが、今年もおつきあい下さい。

ここ数年のんびり過ごし(というのは聞こえがいいですが・・)、どこへも出かけない正月を過ごしましています。これで結構幸せな気分に浸れますからこれも年のなせるわざなのか。

さて、新年そうそうお詫びです。
前々回、「利き目」で打ヒッティングポイントが変わるは駒田選手の話ではありませんでした。
私の記憶違いでしたが、その出どころは判ったら書きますが、彼が言うのは利き足です。



踏切り足に注目するようになったのは阿部慎之介選手(巨人)が体勢をくずしながら長打をよく放つシーンを
目撃したからです。変化球を泳ぎながら右手一本でスタンドへ運ぶバッティングは圧巻でした。
僕は彼に聞いてみました。
「君の聞き足はどっちかな?」
「僕は右です」躊躇せず驚くこともなく答えてくれました。
その右足を聞いて、彼が泳ぎながら打ったボールが飛距離が出る理由がわかりました。
軸足の左足から右足へ体重を移動しても、もともと右足にパワーを秘めているので力を伝えやすいやすいのです。
その右足のパワーで打球を飛ばしているのです。
左バッターで右に軸がある選手は変化球でタイミングを外されても自分の右サイドを壁にしてボールを打ち返せます。
よく二枚腰という表現を使いますが、実は右足近くの運動軸が働いていたのでしょう。
右投げ左打ちのバッターは右足を軸に軸にしたバッティングが出来ます。
ステップした右足に体重移動をさせながら打ちにいってもパワーが作用して多少体がくずれてもしっかりバットに
力が伝わります。
僕のように左投げ左打ち、しかも踏切り足がが左の選手はどうでしょう・・・。個人差はあるでしょうが、右足を
軸にした力をうまく使える選手は少ないのではないでしょうか。
どちらの軸にパワーがあるかを知ることはバッターは打席でもプラスになると思います。
 (つづく)

さてこの理論からいくと「イチロー選手の聞き足は間違いなく右足ですね」会う機会がある人は聞いてみて報告お願いします。
自分の利き足が右だから、左だからと言って右打者や左打者になるわけではないですが、打撃のスタイルに関係するようなので次回は続編を。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。