スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内川選手はどうして高打率を残せるのか その3

  • 2011/06/27(月) 22:23:06

内川選手はどうして高打率を残せるのか その3
ーヘッドを利かすといっても違う方法ー


前回の絆って何?の結果はどうなったか?
そこに少し書き加えておきますので気になった方は読んで下さい。

さて内川選手の打撃論ですが、話を聞いて技術的には納得してもなかなか、真似まで行かないこともある。
この内川打法の特徴はやはり構えにある。
このバットを寝せたというより鋭角にバットを立てる構えは、手首の硬い選手にはかなり窮屈であろう。
それにヘッドを揺らさないので、腕の力の抜きどころが難しい。

息子にも試させてみたが、どうしても構えがしっくりこないという。
すぐに諦めるのもどうかと思うが、実際に打つ本人がしっくりこないのであれば、それにこだわることもないか。
------------------------------------------------------------------------------------
ただ、この構えで手首の形を変えないで、振るのでなくそのまま体の真ん中へ降ろしてくれば、かなりバットが立ち、ボールの外側にヘッドが入り易い形が出来ている。
「ボールに飛距離を出すのはボールの外側を打つ事」
は頭に入れておくべきであろう。

そして、少し前に紹介した打法を思いだしていただきたい。
「手のひらを上にしてグーで叩け!」ですが、最後に金づちがあるのも、力が入る(押された力に負けない)のは、釘を叩く手首なのでこれが大事。

「バットを順回転で回しながら、ドライブをかける」と、ボールの芯を多少外れてもフライは伸び、ゴロは高く弾むというものでしたが、このヘッドスピードというボールへの回転のかけ方と内川理論では全く違うようです。
実は前者の理論は、現楽天の打撃コーチアドバイザーの著作からの引用です。

この二つを考えると、ひょっとしてフォローのスタイルにも関係するかもしれない。
勿論、前者は前へ大きく、後者は首に巻きつくようなやや小さな回転なのかもし感じかも思うのだが、全く確信がない。

実は  「打者のフォロースルーの違いはどこからくるのか」  とずっと考えています。

ここに紹介するオリックスの選手もT-岡田、坂口選手は前腕を伸ばすようにしていますし、イー・スンヨプは首(肩下)に巻き込んでいます。立浪選手も首に巻きつける形ですよね。

各選手のTバティング

今日の“もやっと”:「ヘッドを走らせる」「ボールを叩く」にもいろんな方法があるのですが、これが打者のフォロースルーに関係してくるのか

スポンサーサイト

内川選手はどうして高打率を残せるのか その4

  • 2011/06/23(木) 23:23:51

内川選手はどうして高打率を残せるのか その4
ー対談から学ぶー


いろいろコメントをいただきありがとうございます。
また参考にして話を展開したいと思います。

さて、今回はみなさんも見られたかもしれませんが、対談を紹介します。

内川対談 勝負の瞬間 1/7

内川対談 勝負の瞬間 2/7

内川対談 勝負の瞬間 3/7

内川対談 勝負の瞬間 4/7

内川対談 勝負の瞬間 5/7

内川対談 勝負の瞬間 6/7

内川対談 勝負の瞬間 7/7

打撃論から外れるかもしれませんが、打撃は気持ちで打つということもあります。
私は王監督が言う、「素振りは120%で振れ」が気にいっているんですが、一打席に対する執念も必要です。
それで打てるならと思われかもしれませんが、よく必死のくらいつつき結果が出ることもあります。

ですから打者には、1打席に執念をもてと言いたい。
彼は言う究極の目標は10割打つこと
 前の打席が凡打であれば、この打席から常に狙う。
一打席でも打ち損じたら悔しがる、どうしてこなったか考えてみる。

そこまで執着しなければ、高打率なんて残せないであろう。

チームの絆ってなんだろう?

  • 2011/06/23(木) 22:54:21

おばんです。
更新がおくれました。

小学校チームと違って、ボーイズはいろんな市町村から集まっています。
ほんと当チームも市町村出身でいえば10ぐらいあるんじゃないでしょうか。
3年生だけで30名弱いますからね。
そんな折、ボーイズの最後の全国出場を決める大会が先週からはじまりました。
そこで、鬼門の1回戦を突破したかから調子は上がってきているようです。

それでも、今週の土曜日はある中学校の修学旅行があります。
震災の影響か最終日が土曜日になるようです。
その学校の選手が一番人数が多いから、さあ困った。

「なんだそれたら残りでやればいいじゃん」と思うのはあさはかです。
何とエースと主軸が数人がいないのです。

選手ははやっぱり修学旅行より試合に出たいわ。

ここでチームがどう対応するかですが、チームの関係者が中学校へ、“対象の生徒が希望すれば途中帰ることお願いしたとか出ないとか・・。(あくまでも未確認)

それにしても試合が出れない選手(レギュラーでない)なら何も問題なく修学旅行優先でしょう

修学旅行といえば。「枕投げ」夜中まで友と話すのも楽しみ。それを途中で早朝から試合の為に帰ってくるのもどうかな。

選手が事情によれど休めば、それにより出場できる選手もいることだろうし、それにより負けるとも限らないし目先の勝利にこだわることもないだろう。

まあ、いろんな意見があるでしょう。それでも、当日の試合時間を第一試合から第二試合への変更を連盟にお願いし、それが認められたたというのを聞いて、そこまでやってもよいかなと思い、みなさんにの意見を聞いてみたいなと思って書きました。
----------------------------------------------------------------------------------
後日談:第一から第二試合への変更は勿論双方の了解でしょう。変更があったのは、「両チームに修学旅行の選手」がいたそうです。それでも相手方は補欠の1人で勿論帰ってはきませんでした。当チームは主力の選手は当日の朝、試合会場へ直行し、補欠の選手は帰ってこなかったそうです。
試合結果は4回大差でコールド負け。親は前夜はぐっすりと寝たのに言い、子供の会話ではほとんど寝ていないといったか言わないとか。
ただ、子供も相当悩んだ判断であったことでしょう。
それでも、親が現地へ迎えに行ったと聞いて、そこまでしてと思うのですが、もし自分だったらどうしたのかなと複雑な気持ちになりました。

内川選手はどうして高打率を残せるのか その2

  • 2011/06/15(水) 23:46:12

内川選手はどうして高打率を残せるのか その2
ーボールのどこを打てはよいのかー


今回はヒットを量産のコツのビデオを紹介します。
4万回ほどのアクセスがあるのでみられた方も多いかもしれません。

しかし、私はここで紹介されている言葉で打撃のイメージが変わりました。
古田選手もこのビデオでもそうですが、いろいろな著書の中でも何回も同じことを言ってます。

僕はプロ野球に入って飛距離が出るようになったのはあるコツをつかんだからですと。
それは、「ボールの外側を打つこと」えっ!!
これを活字で読んだ時は誤植でないかと思ったぐらいです。

私はバットスイングもインサイドアウトだとか、ボールの内側を打てとか、野球雑誌に書いてある通り今まで子供達にも教えてきました。

それが、何でボールの外側なのか?
外側を打てばひっかけたりファールばかりになっちゃうじゃないか?

そこが言葉の恐ろしさでもあります。

最初から外側を打つのでなく、バットを外側へ入れるという。それにはバットを立てなければいけない。
バットが立っていれば、ボールにも負けない。
そうすれば、前の脇が開かないし、最短距離で振れる。

ヘッドを走るということの意味はバットを外側へ入れるということなのか。
(ここはまだ確信まで至ってませんが・・・)

それでも、古田、内川、立浪選手のこれらの話は最高の技術論ではないでしょうか。密度の濃い1本です。

内川選手のヒットを量産するコツ

内川はどうして高打率を残せるのか

  • 2011/06/11(土) 11:37:03

新打撃論
ー内川はどうして高打率を残せるのかー その1


沖縄では梅雨明けだそうです。そこで今回から、真夏バージョンのスタイルシートに変へてみます。(暑い)

今年のプロ野球は本当に1、2点しか入らない試合が多いですね。
ちょっと前なんか1-0 0-0 2-1 1-1など全試合こんな関係でもうJリーグの試合かなと思ってしまいそうです。
勿論、統一球が一因であることは想像できますが、延長を短くした試合時間の短縮により審判のストライクゾーンが少し広がったのではとも言われています。

さて、そんな中今回の注目選手は、ソフトバンクの内川選手です。
右打者であいながらセ時代は3割8分近い打率を記録し、今年パリーグへFA移籍。

多くの野球関係者や野球通の方からも、「投手のいいパ」ではそんなに打てないだろう。
と思われていました。
実は私も、その1人で、春のオープン戦で絶不調の際は「やっぱり」と思ったものです。

ところがどうでしょう。統一球で苦労する打者をしり目にただいまパリーグの首位打者であるだけでなく、セ時代同様の超高打率です。

今更ながら、好打者だけでは済まされない、日本を代表するバッターであれば、一度練習法やバッティング理論を勉強してみようと思うのは当然である。実はこの打法、息子にも少しアドバイスしています。比較的高い位置でトップを構えていますので試し易いからです。トップの形と始動についてですが、実際練習を見ていないので試しているかわかりませんが・・(笑)私自信、極めて優秀な打法の一つとしてしっかり頭へたたみ込むことにします。



まず第1回目は
彼が影響を受けたのは杉村バッティングコーチ、その彼は「ラミネス」「青木」そして「内川」を指導したと言われているので、その共通点を探してみることに。

そこで、どの打者もまず、右方向(左打者は左)へのバッティングが抜群に上手い。
それもヘッドがよく効いていて打球がライナーで飛んでいくという点です。

ここで、構えについて注目。「ヘッドをきかす」には、振りが速いということも勿論ですが「ヘッドをきかせるコツ」がある。
<内川の構え>
  http://www.youtube.com/watch?v=vEBVScFMuXk&feature=related

つまり最初からヘッドが投手よりに傾いている。
ゆったいバットを立てる選手や、寝かせている選手もいるが、彼は最初からヘッドを投手よりに向けて寝かせて
いる。じゃ~「ラミレス」もどうかと思うと、彼も同じ構えであることに気がつく。
ramiresu

ただバットの位置が内川は「頭の後ろ」、ラミレスは「頭の前」にあります。

そしてここが大事です、この構えから両選手とも「ヘッドが遊ぶことなく」そのまま打点まで降りてきます。(手首の形を変えないで)打点まで一直線に落としてくると当然ヘッドが遅れています。
この遅れがあるから打点直前からフォローにかけてヘッドきかせることが出来るのでしょう。

そこで内川を真似る第1歩
1.構えはやや高く、最初からヘッドをきかせるようヘッドをバットを構える
(その際、バットなしで右の手首の角度を覚えます、内川がよくやってます)
2.そこから角度を変えないで最短距離で下ろす(ダウンスイングではありせん)

 おそらくいままでヘッドを回す感じでバットスィングしている選手は、少し物足りない気がするかもしれません。 また、遊びがなくなる分タイミングの取り方が違ってくるでしょう。

 それでも、ヘッドはこの方が効きます。(ヘッドが走ります)
 振りだしから打点までの時間が短くなるので、ボールを長く見ることができます。

 試す気になりましたか。
 それでも小学生では私は打点を近くにもってくる必要はないですから、変化球に対応するには?で悩んだら試してみるのも一考でしょう。

 つづいて、写真だけで判らない点、(彼が)何に意識してスイングしるのか? 練習方法などをを紹介していきます。
早く知りたい人は、上の動画を見る際に、横に他の動画がありますので見て下さい。

いろんなポジションを・・・・

  • 2011/06/07(火) 23:23:40

いろんなポジションを・・
ー特に外野手は内野を経験させたいー

最近、自分の息子のチームには全く足を運んでいない。
チームに迷惑をかけるほどの存在ではないのでまあ気がつく人もいないかもしれない。
実は、4月から嫁が役員に選ばれ、ほとんどの試合、練習には顔を出しているので、それでもいいのかなと思っています。
それと「願かけ」もあるのです。
まあ早い話が、野球と家庭の役割分担ということか。

じゃ土日は何をと言えば、それはそれで結構忙しい(時もある)。
やれ、葬式だのお見舞い、出張だ、町内の清掃。地元の役員会、漫画の仕入れ(これについてはいつかお話します)
などである。高校野球にも3回ほど足を運んでいる。
それでも、最近一番楽しいのは小学校の臨時コーチです。
“あんたあまり出しゃばったらいかんよ”とは言われるが、子どもたちの顔を見ると自分もパワーをもらえから・・・。
---------------------------------------------------------------------------------
さて、今週のテーマは「子どもの守備位置」について。
今の硬式チームでは1年の時は全員内野や外野の練習をやっていたが、今はしっかり内野手、外野手は 分けられている。

それは、適正もありしょうがないと言えばしょうがないのだが、私は少なくとも3つのポジションぐりは体験させてあげたい。
器用な子というか、中心的な選手は投手、ショート、ファーストなど打撃で外すことが出来ないので、いろいろ経験出来るだが、小学校から外野手しかやっていない子も実は沢山いる。

外野手がどこかより劣るということはないですが、投手がショートやライトへ、ショートがセンターやサードへ
サードはレフト。キャッチなどチーム事情でコンバートはよくあるが、外野手は、内野手でははファーストぐらい。
まあ、投手や捕手も肩がよければあるのですが、どうみても選択肢が狭まる。

コンバートが限られるということはレギュラーへの道が狭まるということに他ならない。
高校では最後の野球という選手がほとんどなので、ある程度守備位置の固定はしょうがないと思うが、 中学生、小学生では、上への野球へつなげるものでもある。
だからこそ、少なくともノック練習などでも、いろんな可能性や体験をさせてあげてはどうか。
野球の練習はほとんど朝から夕方まであるので、それぐらいは気分転換にもよいだろう。
個人ノックだけではなく、いっそ内・外野総とっかえで紅白戦ぐらいやったらどうかと思う。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。