スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランダムプレー

  • 2011/05/30(月) 23:15:57

ランダムプレー
ー練習してますかー

今回はテレビで阪神の一塁ブラゼルが走者を挟んだ際に、ボールを右手に持って、もう投げる状態(ボールを 相手に
みせて)二塁方向へ相手を追ったプレーにおいての解説者の話をしてみます。

前回から走塁(スライディング)の話をしましたが、スライディングの練習が少ないという印象はあります。
それではランダムプレー(走者を挟んだ時)の練習はどれほどしていますか。

いやうちは結構やってるよと言われるかもしれませんが、それでは「どういう指導をしていますか」

これを、しっかり指導できる方は少ないかもしれません。
恐らく、一番よくある三塁ー本塁でのランダムプレーでは「三塁側へ追ってアウトにしろ!」
それが一番多いのではないでしょうか?

それも間違いではありません。

でも大事なことはまだまだあります。
--------------------------------------------------------------------------------
私見ですが指導法を書いてみます。

よくあるプレーでスクイズを失敗してランナーを挟んだケースです。

キャッチは相手を三塁方向へ追うわけですが、まず注意することは、
1)中途半端に相手(三塁ベースにいる選手)へボールを投げないことです。
 あまりボールを長く持つと不安になるのか、意味のない時点で三塁へボールを投げてしまいまうようです。
2)全力で追うこと。 (自分の送球をコントロールできる範囲ですが)
 ここでは、ランナーを勢いよく戻らせることが大事です。それにより切り返しが難しくなります。
 ランナーは隙があればホームへと考えていますが容赦なく三塁ベースまで戻させます。
 (よくフェイントをかけて投げる振りをする選手もいますが、そんなことは全く考えてはいけません)
3)受け手は落ち着いてキャッチからのボールを待ちますが、ここでも大事な点が3つ
  ①送球ラインと走者が一直線にならないよう少しラインを左にしてボールを呼ぶこと。
  ②ボールをもらうポイントで「必ず声をかけること」
   これは練習を重ねる上でタイミングをつかみますが、必ず守らせます。
  ③少し前へ進みながらボールをもらうこと。
   あまり勢いよく前へ進みすぎるとジャンプなどが出来なく上方へのボールに対応できませんが、ボールを捕ってから
   では遅いので、まずは声を出して一歩前へを練習してみましょう。

  よく、あっちこっちへボールへ4回も5回も行き来する場面もよく見ますが回数が増えれば、ミスも増えます。
 ただ、そんなにズバットいくわけではありませんが、上記のことをしっかり練習にとりいれれば、チームも見違えるようになります。

 勿論、各ベースへのバックアップ(例えばホームには投手、サードにはショート)、ライトはサードの後方などですが、最初に書いた今日の本題です。
 
 ブラゼル選手はボールを右手に持ち、(頭の上で)相手にボールを見せてすぐにボールが投げれる状況で追っていきました。
 つまり、すぐにそのままボールを持ち替えることなく投げれます。

 そこで解説者が言っていましたが、あの追い方はいいです。日本へ来る外人選手はみんなこのような追い方を します。リトルの時代から徹底されているのでしょう。 基本が徹底されていますね。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 ボールを持った手を振って走ることは論外ですが、グラブに入れて走る子もいますが、投げる時に持ち替えるとミスや時間もロスします。
 ボールをもらって走ってタッチ出来るこならいざ知らず、やはりボールはすぐ持ち替え、相手に見せて、追うように指導しては どうでしょう。

スポンサーサイト

盗塁へのワンポイントアドバイス

  • 2011/05/24(火) 23:17:08

赤星元阪神の
ー盗塁へのワンポイントアドバイスー

前回のスライディングの種類に「ヘッドスライディング」がないと思われた方もいたでしょう。
後で加えておきますが、私は桑田選手のボーイズはヘッドスライディングを禁止すべきという話を聞いて、小学生はやる必要はないと思っているからです。
----------------------------------------------------------
桑田氏、育成3か条…ヘッドスライディング禁止&ヤジ禁止&失敗OK

ボーイズリーグ特別アドバイザーとして、初の講演会で熱弁をふるう桑田氏 11月末にボーイズリーグの特別アドバイザーに就任した、前パイレーツ投手の桑田真澄氏(40)=スポーツ報知評論家=が20日、都内で開かれた「ボーイズL関東ブロック指導者研修会」で講演会を行った。アドバイザー就任後の“初登板”に駆け付けた約250人のボーイズL関係者を前に、桑田氏は「育成指導の3か条」を提案した。

 熱のこもった講演会の終盤だった。桑田氏は「ぜひこの3つを指導者の方々にはお願いしたい」と切り出した。基本となったのは、プロ生活23年を経験した桑田氏の実体験。将来の日本球界を背負って立つ“金の卵”たちと、預かった責任ある指導者たちに向けて、熱い思いを訴えた。

《1》ヘッドスライディングの禁止。
「特にファーストへのスライディングですね。高野連にも言っているんです。禁止にしましょうって。タイムも計りました。駆け抜けた方が速いんです。大事なのはセーフになることですよね。それに、成長期の肩まわりは絶対にけがをするんです。根性だ、ファイトだ、って言っている時代ではないんです」

桑田氏は「試練が人を磨く」と力説した 
《2》ヤジの禁止。
「(マウンド上の)ピッチャーをベンチから全員でヤジって、スタンドで試合に出ていない選手まで全員でヤジるんですよ、1人を。こんな卑怯(ひきょう)なことないじゃないですか。ヤジっても上手にはならないですよ。醜いですよ。監督、コーチが選手に向かって「ヤジれ」って言っているチームがあるんですから。これは情けないですよ」

 《3》失敗していい—と指導者が選手に伝えること。
「たとえば内野手がゴロを捕ろうとしてエラーしても、スタートを切っていて、前に出て下からグラブを出していたら『それで大丈夫。そのまま続けなさい、プロ野球選手だってエラーはするんだから』って励ましてほしい。勝つことは大事だけど(ボーイズの選手は)プロじゃないんです。ミスがあっても(指導者の)感情で怒ってはダメなんです。でも『やるべきこと』をやっていなければ、甘やかさずに、しかるべきです」

 質疑応答も相次ぎ、講演会は予定時間を20分もオーバーした。それでも桑田氏は丁寧に質問に答え、指導者らは夢中になって聞き入った。「野球をやるならボーイズリーグ」のスローガン実現を目指すには絶好の、桑田氏の強力なバックアップ態勢が整った。

 ◆スタッフも感激
○…大盛況に終わった講演会に、関専務理事・関東ブロック長は「桑田さんがボーイズリーグのアドバイザーに就任してから投げられた初めてのボールを、私たちはしっかりと受け止めました。きょう集まった指導者の方々がグラウンドで伝えることで、いろいろな面で変わっていくと思います」と、リーグのますますの発展を期待しながら、感慨深げに振り返った。
-------------------------------------------------------
ヘッドは指先のケガだけでなく、肩の脱臼の可能性もあります。それにスパイクされることもあるでしょうから、
投手は勿論、野手はもあえて練習することはないということですがみなさんの意見はどうでしょう。

「ヘッスラ」は確かにチームも盛り上がるでしょうし、指導者などでは「ヘッドしないと気合が足りんという」こともありそうです。
でもチームのほとんどがヘッドをやるチームがあれば少し「ぞっと」するのですが・・・・。

まあ、甲子園でヘッドを禁止したら盛り上がらないでしょうが、少なくとも小学生では禁止でもよいと思います。
----------------------------------------------------------
スライディングの話題が出たので、今回は赤星選手のワンポイントアドバイスを書きます。
「いかに勇気を持って走ることが盗塁には必要」

あれっ以前この言葉紹介しましたか(笑)
でも続けます。

盗塁に必要なものは技術以上にハート、とにかく走るんだという勇気を持つことです。
僕より足の速い選手はいますが、その選手が盗塁が多いとかいうと、必ずそうではありません。
それは勇気がないからだと思います。「アウトになったらどうしよう」「牽制にさされたらどうしよう」と考えて
しまう。緊張した場面になればなるほど、そうした気持ちになるので、それを押し殺し、いかに勇気を持って走る
かが大切。僕でも2、3回と連続してアウトになると弱気になります。
「足にスランプはない」という人がいますが、これはウソ。バッティングのスランプの多くが精神的なものと同様に盗塁も気持ち次第でスランプになります。そんな時には、「そのうちセーフになるだろうと」いうぐらい楽観的な考えをすることですね。

練習は最初の1歩をいかに早くするか考えたメニューを考えて下さい。たとえば5mぐらいの距離の端と端にコーンを置き、走って片方のコーンに振れてすぐに切り返して反対のコーンに走る。
あとは30mぐらいのダッシュ。これを何度も繰り返します。
試合で結果が出なければ、練習して研究する、それでもダメならまだ練習や研究が足りないと思うこと。
安易に才能のせいにしないことですね。 (以上)

スライディングの方法

  • 2011/05/19(木) 23:22:30

親熱 野球教室 
ースライディングの練習方法ー

まずはスライディングの種類から書いてみます。

今最も多く使われているスライディングは「ベントロックスライディング」だと思います。
右利きの場合、右足を伸ばし、左足を右足の下に折りたたみ滑り込みます。スピードを落とさず、ベースで急ストップできて、さらに滑り込んだ勢いですぐ立ち上がれるため、クロスプレーでない時に滑り込む時に有効と言われますが、 クロスプレーでも十分に有効です。
私もこのスライディングしか出来ませんでした。

もう一つは「フックスライディング」
右利きの場合、右足を伸ばし、左足を外側に折り、左足でベースタッチします。女の子座りのイメージといえばわかり易いでしょうか。 クロスプレーの時に、体へのタッチを避ける時に有効と言われ、盗塁が得意な選手は使っているようです。

じゃ~どちらが良いかという問いには、「ハイ こちらです」とは言いづらいのですが、
入り易いという点では「ベントロックスライディング」でしょう。

伸ばさない方の足を下に組み入れるので、経験のない方は難しいような気がしますが、コツさえつかめば簡単、それにどんな時もこれだけで通用します。
写真を3枚紹介しますが、イチローはホームベースでもやっていますが、駆け込むより怪我をしないというから、このようなスライディングをするようです。 (うろ覚えなので間違っていたらゴメンナサイ)

スライディング

スライディング ベニー

イチロー ホームスライディング

練習方法ですが、よく言われるのが砂場を使うというものですが、怖がる子にはいいかもしれません。
もちろん最初はゆっくりとしたスピードでやるのが普通でしょうが、私は
(1)まず足の組み方を座って教える
  その子の利き足があるので、どちらでもよいと言われますが、右足を伸ばす選手が圧倒的に多いので、どちら  か分からない子には、右足を延ばす(左足を組む)方を勧めてください。
  これには理由があり、ベースの外側へ足が着くのでタッチをかいくぐれる可能性が高くなります。
(2)スパイク(靴)の底が地面に着くことがないことを教える
   (写真参考)  怪我をするのも滑らないで靴底でストップしてしまうことが多いと思います。
   伸ばす方の足は少し上げるぐらいがよく、つま先が上です。
   織り込む足は靴の横側(紐が少し触るぐらいでしょうか)地面に接触します。
   これが結構難しいので、ゆっくりと無意識にこうなるように練習します。
(3)体は正面(上)を向きません。
   上半身は斜めになることも初心者では難しいです。無意識に上を向いてしまいます。
   そうすることで、別の表現ではお尻半分で滑ることが出来ます。
   お尻の土の付き方を見れば一目瞭然です。

 練習場所について付け加えておきます。
 雨の日に体育館で厚い靴下をはいてやれば、滑りやすいので感覚は分かってきます。
 それに滑る坂道で足を組んですべるという方法も紹介してありました。

 最初はゆっくりから、スピードアップして、最終目標は減速しないで、スライディングの立てるようなるまでできるようにしたいものです。
 必ず1人や2人は上手い子がいますので、その子を褒めてみんなの手本にさせます。 (コーチ監督が出来ればよいですが・・(笑)
 「スゲ~」「上手いな~」意外と誰でも素直に認めてしまいます。
 
 最後に「ホップ・ステップ・ジャイアンツ」「走塁」で検索すれば体育館での練習などが紹介されていましたのででここに入れておきます。

スライディングの練習方法

  • 2011/05/17(火) 23:34:01

野球教室 その2
ースライディングについてー

Q: ぜーんぶ、スタンディングだったチームがスライディングに挑戦したいわけです。
何をどのあたりからチャレンジしたらよろしいでしょうか?

スライディングへの質問ですね。

私はスライディングは出来る子はやる、出来ない子はやらないという次元でなく、すべての選手が試みるべきだと思います。

実は私がちょくちょくいく小学校のチームも驚いたのですが、スライディングの練習をしていないということでした。
そればかりか、ある子がスライディングで怪我をしたので一度みんなやめさしたと。
それからチーム全員が、ホームでの回りこみを除いてスライディングをしていないとのこと。
それじゃチームも盛り上がらないじゃないかな!

スライディングは小学生では危ないとことであれば、あえてスライディングをしないで、急に止まることのほうが
危ないのはないか。相手の野手と交錯する危険も高い。要は正しいスライディングの方法なのです。
 体が身軽な小学生ぐらいで体得しないと、上ではより怖がってしまうかもしれません。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

早速、その日からスライディングの練習をしばらくしたのですが、出来ない子はやはり出来ませんでした。

それでもですよ、「投げること」「打つこと」などで練習に使う時間に比べて、走塁の中でもスライディングの方法の練習なんて100分の一ぐらいあるのでしょうか(笑)
ですから、最初は上手く出来なくて当然なんです。

コツさえ教えれば、2/3ぐらいの子はそれらしい滑りはすぐやります。

出来ない子は、怖がる、お尻を使えない、ジャンプしてしまう、足を上手く折りたためない(スパイクの裏底が地面についてしまう)などですが、恐らく スライディングが出来ない子は「跳び箱」も苦手ではないかと推測します。

よくノックでも個別でやりますが、出来ない子は根気よく個別で教えてみてはどうでしょう。
5年生の転校生の子が一番スライディングがスバ抜けて上手かったのですが、その子に聞いたのですが、「練習をちゃんとやっていたよ」
 次回はその練習方法を・・・(みなさんにもよろしく)
(つづく)

バッティングの極意

  • 2011/05/09(月) 22:48:48

バッティングの極意
ーバットは振るのか!?-


900グラム、これが高校野球でのバットの重さの最低基準だという。
つまりこれ以下のバットは使えない。

実際はこれより少し重いバットしか市販ではないという。
その理由は分からない。まあ調べればわかるでしょうが、それは又次回とするとして、当チームでもあまりに軽いバットを使用する選手のは、コーチが“バットが軽いんじゃないか”というか、“もっと重いバットを使え”と指導されたという。

そういえば、初めて硬式を始めた中一の頃の息子は、重いバットは振りきれないということで、硬式では一番軽いというバットをスポーツ店で勧められて購入し、それをづっと続けていたのだが、今まで買い替えてはいない。



そのアドバイスでバットを変えた選手の数人が、絶好調だというから「百聞は一見にしかず」。


今回はその重いバットであるのか、チーム一丸なってある合言葉をベンチから言い続けて、選抜の準優勝を勝ち取った高校、九国大付を紹介する。

九国大付・高城5の5!福岡県勢42年ぶり4強…センバツ第9日
スポーツ報知4月1日 8時1分配信

◆第83回センバツ高校野球第9日 ▽準々決勝 北海4―5九州国際大付(31日・甲子園) 九州国際大付(福岡)は、プロ注目の高城俊人(たかじょう・しゅうと)捕手(3年)が先制打を含む5打数5安打2打点と活躍。
若生正広監督(60)に、ダルビッシュを擁した東北(宮城)時代もかなわなかった4強入りをプレゼントした。

 大会NO1捕手のバットが指揮官の「悪夢」を振り払った。初回2死二塁、4番の高城は初戦から3戦連続の先制適時打となる右前安打。
その後も右前二塁打、右前適時打、捕手内野安打、右前安打とバットは止まらない。「狙った通りの配球をしてもらった」という、すべて逆方向への5打数5安打。春夏通じて初の4強入りへ力強くけん引した。

 ベンチからの執念を感じ取っていた。右足が不自由な若生監督が、この日は立ち上がって指示を飛ばした。「監督さんは春は嫌な思い出だと言っていた」。宮城の東北を率いた04年春。
ダルビッシュ有(日本ハム)を擁しながら、準々決勝で済美にサヨナラ本塁打を浴びた苦い記憶―。ダルで崩せなかった8強の壁を超えた。

 前日の30日、車いす移動の監督がティー打撃で先発全員にボールを上げた。 「上からバットを落とせ」。
私の記憶が正しければ、この言葉は試合中でもベンチからみんなで打者に叫ばれたという。

外に逃げるスライダーへの対応策を実践し、試合中はメンバーに細かにアドバイスした高城。頼れる参謀役に名物監督も「考え方が主将らしい」と最敬礼だ。

 06年2月、WBC日本代表の壮行試合(ヤフーD)で始球式を行い、イチローにストライク投球。王貞治監督に拍手喝采された映像は高城家の家宝となっている。Jリーグ元年に生まれたことから「しゅうと」と名づけられながら、中学3年時にボーイズ日本代表の4番として世界一に立った。大舞台での強さは筋金入りだ。

 3たび追いつかれる接戦をものにし、福岡県勢としては69年の博多工以来42年ぶりとなる準決勝進出。ここまで3試合13打数9安打5打点と大当たりの高城は「自分たちの代で監督さんの新しい記録を作りたい」と語気を強めた。03年夏準Vの監督にとって悲願のゴールへ、スーパー捕手が導く。

思い切って振れ、リラックスしろという言葉はよく聞くのだが、 「バットを落とせ」。実はこれにはバッティングのヒントがあるのではないかと考えているのですが、そのような指導をしてみえる方も多いのでしょうか。(つづく)

質問に答えます

  • 2011/05/01(日) 00:21:29

親熱「みんなの野球教室」を発足します。

みなさんお久ぶりです。
ここをみてるみなさんは、ゴールデンウィークは試合も多くあって悲喜こもごもでしょう。

今回はWINDUPさんの質問に答えてみます。
ひとつの参考として読んで下さい。

Q: 小5右投げの投手ですが、審判から注意を受けるほど『ナチュラルなスライダー』で悩んでいます。
 どこが原因でしょうか
 [状況] 投げる時に左肩が三塁へ入っている
     投球後に親指が上を向いている。

A:ナチュラルスライダーですが、正しい投げ方でも、関節が柔らかったりしてナチュラルに曲がることもあるでしょう。 最初からジャイロボール系の子供もいます。

まずはボールの握りですが、ただしく握られているかですが確かめます。
中指、人差し指の間が中心にきているか、ここが指が右へずれていれば当然スライダー回転になります。
正しく握られていても、ボールを離す時に中指に力が入ってしまえば同じです。

投げ方でゼロポジションで親指が下になるように手を振ること野球で肩、肘を故障しない為には絶対に必要です。
これはボールのストレートの縦回転をさせるのにかかせない動作だと思います。
というのも、ボールを握る手の指は中指の方が長いので、普通に投げても、中指のほうがボールから離れるのが後になるので、ひっかかってスライダー回転になってしまう時もあります。

内野手でも、投手でも実は右へひっかかる投球はよくありません。
内野手が手首を折るようにやや横から投げ、腕を下に振らないのはボールの離す位置により、高投しない
だけでなく、人差し指にボールがかかるようにボールをなげ回転を操作しています。

投手においても、親指が下になるようする動作は回転のいい球をコントロールするのに必要な動作です。
例えば、あの斎藤祐投手もあれだけ甲子園、大学で投げても故障らしきものはほとんどないのは正しい腕の振りだからと言っても過言ではないでしょう。

斎藤
[正しい手の振り方;肘から先は手の振りも速いのでブレて写らないですが、親指は下というか手の平が上向き]
--------------------------------------------------------------------------------

三塁へ肩が入りすぎることだけで、スライダーするとはいえません。シュートすることもあります。
比較的強いボールが投げれる(いい投げ方が出来ている子は)肩が入りすぎると踏み込み体重移動に移る際に、その反動で逆に肩の開きが早くなりシュート回転もあるでしょうし、弱いボールの子はそもそも腕の振りが鈍いので戻りの回転のと同じ方向へ手もついていってしまって、ナチュラルというか左に流れてしまうまもしれません。
 ただ肩が入りすぎることがいちがいに悪いということはなく、あの興南の島袋投手なんかは極端すぎるほど入っていましたし、トルネード投法もあります。
 肩が入っていても、(体重移動の際まで)しっかり間がもてればそれも個性のうちです。この間がないと、当然リリースポイントが後ろになり上半身の手投げになってしまい故障がつきまといます。

 投球後に親指が上というのも、フィニッシュ時(右腕が左がわへ戻ってくる時)であれば親指がごく自然に戻ってくるのがふつう(写真2)です。それがリリースした直後であれば、やはりよい回転のストレートの投げ方ではないので、それが原因の可能性もありそうです。
SAITOU2
 (斎藤投手2枚の写真はボールが離れた際とフィニッシュの腕の振り) ネットより引用

--------------------------------------------------------------------------
読者の方には私だったたこう答えるよということもあるでしょう。
以前ビデオを送るのでバッティングを見てくださいというのもありました。
実は私はブログを始めた当初から、もし多くの方が見に来ていただけるなら、この場をいろんな質問に回答する場にしたいと思っていました。
これを機に、みんなの野球教室として質問に多くの方の意見を集めて意見は コメントにいただき質問欄へ追加していきます。
どうなるでしょうか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。