スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独善を排した技術論を

  • 2011/03/28(月) 22:24:02

チェンジアップ
ー人を教えるときに注意することー

独善排した技術論を(一部略あり)
--------------------------------
付き合いのあるノンプロ仲間と話しているとき、彼らは「豊田さんからはよく怒られました」という話があった。
そういえば、彼らの現役時代に「バットが波を打っている。それでは打てっこない」といい、青竹を切りだしてきて 振ってみては、と助言したことがあった。
青竹は重いから腕力だけでは振れない。下半身で回していかないと、振りぬけず、途中で地面を掃く。
青竹をちゃんと振れればバットも波を打たなくなる。そのためにはまず腰が安定し、さらにその土台となる足がしっかり
地面をつかんでいる必要がある。
そんな練習法を、彼らもすっかりものにして、高校や少年野球の指導に生かしているとのこと。
私の考えが受け継がれていると思うと感慨深かったが、同時に教えることの恐ろしさも感じた。
 人に何かを教えるときに注意しなければならないのは、それが自分だけにあてはまる特殊なスタイルではないか、 とまず疑ってみることだろう。
語り伝えるべき技術論は個人の一家言ではまずいのであって、誰にでも応用可能でなくてはいけない。
 私の考え方にお墨付きをくれたのはメジャーの打撃の神様、テッド・ウィリアムズの打撃論だった。雑誌でみた三冠王の理論は表現こそ違っていたけれど、足で地面をつかみ、下半身にパワーをためこむイメージを強調していた。
 それを私も首位打を取ってはいたが、なぜ打てるのか、打てないときにはどこが駄目なのか、ということになると 、実にあやふやだ。
 ウィリアム理論によってやっと「ああ、おれは間違っていなかった」と確信し、これならば人に教えてもいいと 思ったものだ。
 どこの世界にも「教え魔」というのがいる。夜の盛り場では上司という無数のコーチが現れ、あれやこれの人を指導するわけだが、責任をもって何かを教えようとする時は、独りよがりの技術でないことを確かめておきた。
(豊田泰光)

スポンサーサイト

打球にドライブをかけるバット回転について(2)

  • 2011/03/22(火) 22:06:30

新打撃論
打球にドライブをかけるバット回転について(2)



ヘッドを回転させて順回転を与える。
これを実践するにあたり、手首だけで行うとこねてしまうのでないかと考えるのは普通です。

ただ、ここで発想を変えてみます。
回転したらこねてしまう →→ 回転させてもこねない形を事前に作っておく。

実は手首を使うのはよいのかを意見の分かれるところです。
しかし
1.ヘッドを走らせる
2.ボールに負けない形を作る
この二つを否定する人はいないでしょう。

そこでまず、打点における「後ろ手の形」を意識していきます。
打点は、ジャンケングーです。
それも、手のひらは上向きのグーでなければいけません。
つまり、一番向かってくるボールに負けない形です。

<小笠原のグー>
ogasawra

<松中のグー>
松中

<西岡のグー>
nishioka

<イチローのグー>
ichiro

まあ、みなさんにとって、あまり新鮮ではないかもしれません。
私もいくくつかの雑誌で、金づちで杭をたたく直前の手首を意識する。
ということを読み、ここでも紹介したかもしれません。
kanaduchi

ただ、あえてここで「グー」の形を新発見として上げたのは、ボールに力負けすることなく、手首をこねないで打球にドライブをかけるバット回転は、この形からでないと無理じゃないかという思いになったからです。(つづく)

プロ野球のおごり

  • 2011/03/21(月) 22:58:02

プロ野球のおごり

今回の渇! 略して「コンカツ」はプロ野球のコミッショナーにしよう。

読売り軍団に屈し、25日のセリーグ開幕が世間から非難され、国からも一考をと言われたのに、
その対応策がわずか4日後の29日とは笑わせてくれる。

星野監督もあきれたように口を開いた。
「茶番だ、セは延長戦なしなどの節電策を示し、29日開幕を決定。「停電だけの問題じゃない。テレビで福島の知事が『3日前に来るはずだった油が来ない』と涙ながらに訴えていた。平時じゃなくて有事なんだ。今は勇気を与えるとかそういう次元じゃない」。
被害が激しい宮城に本拠を構える、いわば当事者球団。だからこそ、ここまでできる限り発言を我慢してきたが、もう声を上げないわけにはいかなかった。
ただ、彼が阪神の監督の立場であったらどう答えたであるが、その時これと同じ意見がいえたなた、
「あっばれ」であろう。

はっきり言って、「勇気を与える」などというほどプロ野球は人気がないことがわからないのは、
これは、ボケを超えて「脳死」に近い。
これをセリーグ6球団に言いたいのだが、やはりコミッショナーがこういう時こそまとめ役でなければならない。

加藤さんよ、肩書きは立派であり大リーグ通らしいが、あなたの経験は全く役に立っていない。
。「世論の賛否両論は十分、理解している。私も多くの方から意見を頂いた。復興のメドがつくまでじっと待てばいいのか。
“国難の時こそ真剣勝負を見せるのが責務。野球を通して日本に、世界に元気を与えるのが(球界の)使命だ」”

おいおい、食事も配給、お風呂も入れない、ましてや電気も通らない地域で、プロ野球が元気を与えるという発想自体が
幼稚である。かなり学歴がお高いらしいが、社会性、知能は低いと判断せざるおえない。
KYならぬOKと命名する。もちろん判断がオッケーではない。
オーケーと読み、「大きな勘違い」である。

プロ野球のファンがかなり減ると思われるが、個人攻撃しても世の中よくならないので、今回のセリーグの判断
に対して、私のとる行動は以上である。
1.読売新聞系の新聞、雑誌は購読しない。(もともと購読していないが…)
2.中日の公式戦は1年間自粛
3.ヤクルトのおばさんごめんね。
4.TBS、日本放送系列の朝の番組は視聴しない。
5.阪神・阪急グループ関連の商品は購入しない(近くにないが…)
6.広島は不問とする。(あなたのチームは他球団についていくしかない)
7.セリーグの開幕からナイターでののテレビCMの会社の物は買わない。

 とにかく、7番は結構効果があると思うので、みなさんネットで広めよう!!

  私は、今週の水曜日より震災地へ、ボランティアではないですが仕事の関係で応援に行くことになりました。
  さあ、日本をみんなで盛り上げていこう。
  セリーグの野球以外で・・・・。

なぜドラ1が消えて、ドラ10がレギュラーなのか

  • 2011/03/10(木) 23:10:11

オリックスの前スカウト部長が明かす
ーなぜドラ1が消えて、ドラ10がレギュラーなのかー

信頼できる第三も者の言葉が力になる 。
それは、自分の所属したコーチであり、父・母親であり、友人であるかもしれない。

そんな言葉を紹介したのですが、今週の現代には野球の記事が4つもあったのでそれを紹介します。
----------------------------------------------------------------------------------------------
97年のドラ一位の平安高校の川口選手(平安高)を印象のある選手として上げている。
甲子園で準優勝した選手で素質は十分、とにかくビッグマウスで話題になりましたが、結局一軍で1勝もできなかった。

それをある意味かわいそうだったと思うと振りかえっている。
1年目のキャンプ3日目に当時のピッチングコーチから「軸足の膝を折るな」と指導された。
彼は一度は拒否したが聞き入られず、それでフォームを見失いました。

その後もピッチングコーチがコロコロ変わり一貫した指導を受けることが出来ず、最後までフォームが固まらなかった。
ただ、そのコーチの指導が間違っていたという意味ではない。阪神では同じ指摘をして藤川を見事に花開いているからです。
ただ、川口にはその指導が合わなかった、それだけのことです。

重要なのは、プロは「最後は自分しかいない」ということ。
結果を他人のせいにはできない。
自分にとって何が必要で何が必要でないか、を見極めるのも自分なんです。

精神的にも技術的にも地に足が着いていなかった。まだ18歳ですから指導者との相性に将来が大きく左右されることもある。高卒のルーキーの難しさですね。
----------------------------------------------------------------------------------------
さて、これを読むと、あのイチロー選手が「振り子打法」をやめるようコーチに言われて、変えないなら使わないと 言われても変えない頑固さがあったのを思い浮かびます。
すでに、コーチでは理解できない感覚、技術が備わっていたということです。
まさしく、自分にとっては何が必要かを知っていたということですね。

それとは逆のようですが、あるプロ野球選手の助言で「言われたことは、まず試してみた」というアドバイスは私は気に入っています。
えっ!「言われたことを試したからフォームを崩したん」でしょ

これは逆ではないのです、つまり「何が必要で、必要でないかの経験値を高める」のです。いろいろなアドバイスを試した結果をインプットする能力を備え持ってほしいのです。
つまり頑固になる時はある程度誰もが認めてくれたステージに上がっている場合じゃないでしょうか。

ただ、残念に思うのは、中学校ぐらいでは、それを試してみる練習量が少なすぎて、間違った方向ではないのに、結果がすぐに出ないので「 必要なものを見極めきれない」のではないでしょうか。
ただ、人間は忘れやすいので、とにかくその時の感覚だけでもメモしておけば、役にたつこと間違いないでしょう 。

話はそれますが、中日の和田や阪神のマートンが昨年あれだけの結果を残しながら結構大幅な打撃改造をするのをみて、何がそうさせるのかちょっと不思議な気持ちになります。(つづく)

信頼できる第三者の言葉が力になる

  • 2011/03/09(水) 08:57:41

週刊現代に井口選手のインタビュー
ー信頼できる第三者の言葉が力になるー


ボーイズの全国行きを決める大会が先週あり、6ー3で負けてしまいました。
屈辱の1回戦負けです。
大会グランドは霜柱があり、ぬかるんで、開始時間を2時間遅らせたのですが、当チームの選手はよくすべった
ということです。条件は同じですがこんな対策も必要なんでしょうか。
私は結婚式があったため、残念ながらノックしか見ていませんが、その時点で足をとられる選手が当チームは多かったです。
これは、ノックの方法もあるでしょうが、ひょっとして足の運びが大きいのもあるかもしれません。
上手い選手は捕球の際に小刻みに足を合わせますが、これはいろりろなグランド状況への対応にも役立ちそうです。



3/19号の週刊現代に井口選手のインタビューがあります。
このインタビューでしつこくたずねた点として、
大きな困難に直面したととき、それをどうやって乗り越えるか」という点です。
井口は、さまざまな答え方をしてくれた。
「自分で自分のコントロールできないときは、信頼できる第三者の言葉が力になる」
「頑張っている人にそれ以上頑張れというのは酷だと思う。見方を変えて、自分が無我夢中で頑張り過ぎていないか、野球で言えば、難しいボール球に手を出しているんじゃないか、ストライクだけを打てばいいののじゃないか、と一歩引いて少しの余裕を持てば、ある程度の困難は解決するはず」(つづく)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。