スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打球にドライブをかけるバット回転について(1)

  • 2011/02/28(月) 23:56:45

新打撃論
打球にドライブをかけるバット回転について(1)


さて、これを書くにあたって、勿論私の理論でなないので断っておきます。
出典は「バッティングの正体」手塚一志

バッティングの正体バッティングの正体
(1999/05)
手塚 一志

商品詳細を見る


理系の専門家であるだけに、数式も入っているのだが面白い。
プロ野球にも係わっていた方なので説得力もある。
「ジャイロボール」の著作のほうが有名かもしれません。

打撃論としては新鮮、全く違う視点から打撃を考えることができますので、悩んでいる方は一度は読んで頂きたいと思います。

そこで、最後の最後の数ページに書かれたのがこのことです。
この中では、彼が力説する「二重回旋打法」と間違ったスイングである「二重振り子打法」ではこうなるという
比較があるが、あくまで「二重回旋打法」のスイングをしたらという前提あります。

<本分より>
残る視覚の問題

バッティングにおける目の要素について触れておく必要がある。この「視覚」という能力は極めて重要である。
時速140㎞で変化しながら飛んでくるわずか7㎝の丸い物体を全力で振ってバットの芯でとらえるという、
神業的な作業を遂行するのは、当然視覚能力がよいに越したことはない。

しかし、あえてこれははずした。
まずミートありきでなく、手に持った棒きれの最先端を加速する運動ありきと、考えているのである。
(中略)
この「二重回旋打法」のスパイルリリースは、バットの軸に内向きのドリルスピンをを起させる。
もし、ボールの芯ををわずかにはずして上部に当たったとしよう。
その時はバックスピンを与えてくれるはずである。
鋭いバックスピンは高い弧を描いて落ちてこない。大飛球となり外野手の頭を越える。

バットの芯に当たれば、ライナー性の打球になる。
これは、正面をつかない限りヒットになる。

もし、バットの芯の下に当たれば打球には鋭いトップスピンが加味されるはずである。
この回転のボールはバウンドするたびに遠くへ遠くへとカンガルーが飛び跳ねるように弾んでいくに違いない。
いつもと同じイメージでグラブを出した内野手の間を、あざ笑うかのように抜けていく。

それ以上に、上部や下部ではファウルになるに違いない。

つまり、「二重回旋スイング」を行っているかぎり、バットの上に当たろうが下に当たろうが芯を食おうが、
どの部分に当たっても、安打が打ち直しのどちらかである。

これが、普通のスイングであれば、バットの上に当たれば凡フライ、バットの下に当たればボテボテのゴロ。
唯一芯にあたればライナーで同じである。

こんな不公平なことはないと思いませんか。
どこに当たってもヒットの可能性があるなんて・・・
そのバットの回転は図で表現できないですが、順回転であるので、打点にバットを床に置いて、投手側へ転がす,バットが回るイメージです。
kaitenn

この写真からいえば、投手側へ順回転なので、時計と反対回転でヘッドが回ることになります。
あくまでも、手首をヘッドが越すというヘッドスピード(走り)ではなく順回転です。

私もこのバットの回転を試してみましたが、かなり窮屈です。
つまり、普通に回してみると、ヘッドが返ってしまって、俗にコネた状態になり、スイングの弧が小さくなってしまいます。
少し間違えば危険な理論であるかもしれません。
そこで、どうしたらスムーズにバットを回し、ヘッドを走らせるかで気がついたことがありました。(つづく)
スポンサーサイト

大事な大会を前に

  • 2011/02/22(火) 23:25:57

2011中学最後の年
ー大事な大会を前にー


12打数2安打
絶不調とはいえないが、調子は悪い。
これが息子の今年の打撃成績である。
そういえば、息子がダイヤモンドを走る姿をみかけない。

練習試合が10試合以上あったのに、打席が少ないのは・・・。
答えは簡単。これは、試合にあまり出れないからです。

打撃を多少買われていたのだが不調で、守備も思い切りがよくない。
ライバルの調子が上がっているのでこれもしょうがないかな思っている矢先にやらかしてしまった。

自打球を足に当てて、途中退場。足とか脛に当たるのはよくあるが、ふくらはぎに当たったという。
それでも我慢して打って走った。それから守りにいったというから根性はあるみたいだ。
久しぶりの先発であったしそれなりに危機感があったのだろう。

その後、立てなくて救急車で運ばれたというから、“大げさな”と思ったが、松葉づえをついているところをみると、相当な打撲なんだ。骨には異常はなしというからせめてももの救いであるが、ボーイズの全国をかけた大会を2週間後に控えて残念だろうな。

「レガーズをそろそろ買いに行こう」と先週口にしていたが、“遅かったねと”と妻が言う。

こんな歌を思いだした。
遅かったのかい 君のことを 好きになるのが 遅かったのかい・・・(佐川満男)知らないだろうな

そういえば、今年の1月に、「グラブを○○○ースポーツへ買いに行きたい」と言った翌週に、そのスポーツ店は全焼した。

ひょっとして息子は予知能力があるかもしれない。



打撃の調子をみかねた私は、3週間前に一つのアドバイスをした。
「いいか、同じゴロでも間を抜ける、野手が弾くゴロがあるのに、強いあたりでも不思議に捕られたりするゴロもある」
「守っていても、よく弾む、それもワンバウンドよりツーバウンド目が。ツーバウンドよりスリーバウンド目のほうが速い打球もある」

それはどう違うか?
そりゃバットスイングが速いからだと誰でも思うだろうが、実は打球にドライブ(トップスピン)がかかっているんだよ
巨人の小笠原のゴロはその典型だと思うが、それも技術でもある。

その後、息子から打球が少し変わったようだと報告があった。(おやじを喜ばせる方便かもしれませんが)

そういえば、偶然か、三塁ゴロを相手がトンネル、ショートゴロを、ピッチャーゴロを相手が弾くと、2試合で3つもあった。
偶然にしても多すぎる。
ヒットにはならなかったが、この助言の効果があったかもと密かに喜んでいた矢先のアクシデントであった。

ひょっとして、ふくらはぎにもスピンがかかった球が当たったかもしれない。

次回をこのバット回転の秘密について紹介します。

道なき道 甲子園への指導論(2)

  • 2011/02/16(水) 23:09:51

道なき道 甲子園への指導論
ー「五感」と「反応」を磨くー (2)
 


 打撃の金森理論でさっそく息子にゴムチューブで体験された万補さんから早速コメントが届きありがとうございます。

 例えば、高校生や大学生ならわかるのですが、どうしても小学生がこういう練習をしているイメージが湧いてきません。少なくとも、ある程度パワーがあって初めて生きてくる技術だと思います。
 それに硬式であればこそだと勝手に解釈しています。
 硬式ではつまってもヒットゾーンへ飛ぶこともありますが、軟式ではつまったボテボテ、ポップフライになることが多いかもしれません。



ー「五感」と「反応」を磨くーより

 野球は「気付き」という言葉になるほどと思われた方も多いでしょう。
 さて、 我喜屋監督がどうしても打てないときに「キューバを見本にした」に注目してみます

  私もキューバに詳しいわけではないと断った上で、「キューバの打撃」と言われて、
 1.ノーステップ打法
 2.積極性
 
 ぐらいしか書けません。 

 それでもこんなビデオを見て参考にしたのでしょうか
キューバの野球DVD
 購入するには少し高いので見れないのが残念ですが、
今回はキューバの打撃は「トスバッティングがないトスバッティングは必要か」というところから展開しようと思っていましたが、この見出しにトスバッティングという表題があったのでびっくり
 私が信じ込んでいただけなのか?
 それでもアメリカにはないと聞いていたのだが・・・
 
 展開を変えます。  

 よく、初球のストライクを積極的に打つタイプと振らないタイプがあるが、これは性格だけではないようだ。
 つまり、初球からいける練習をいかにしているか。
 
記事には「甘い球を待つ日本に比べ、キューバは構わず初球から振ってくる」。日ごろの打撃練習から変化球をランダムに交え、「打てる」と思った球を迷わず振り抜く練習を積ませていた。

 この文章をそのまま読めばそこまでですが、私はこう考えてみました。
 「日本のバッターは球種を決めた上で甘い球を待つことが多いので、アレッという甘いボールを見逃すことが多い、それはいろんな球種でも初球からいける練習をしていないからだろう。しかし、球種を選ばないで初球から打ちにいけるのは、結局は体が前へつっこまない、ボールを引きつける技術がしっかりしていることが必要だということでしょう」 

腕にチューブをまいて打て

  • 2011/02/09(水) 23:50:42

金森コーチの打撃理論
ー腕にゴムチューブをまいて打つー



やっとありました。
金森コーチの打撃理論

テレビで見た方もあるかもしれませんが、活字でなく動画では私は初めてみましたので、緊急紹介します。

金森コーチの理論

腕相撲をする形で打つ
腕にチューブを巻いて打つ
振った後にボールが飛んでいく感じ
手を使わないで腰でボールを弾く

いろんな表現がされてますが、やっぱりいいスイングは小さくなるんかな。

それでも腕をたためば、打点も前には行かない。
ボール5個分ぐらい違うそうだ。

テレビでも言っていましたが、あのカブレラにも影響を与えたといいますが、オリックスでもカブはT-岡田を指導していたそうですから彼も金森理論派かもしれません。

道なき道 甲子園への指導論

  • 2011/02/06(日) 08:48:15

道なき道 甲子園への指導論
ー「五感」と「反応」を磨くー
 (1)

昨年の高校野球では興南(沖縄)高校が春夏連覇の偉業を達成したわけですが、ご多分にもれず最初から強い高校であったわけではない。
今日紹介するコラムは心象に残ったシーンを二つかるとした上で書かれているのだが、「やはりそうだよ!」と言わざるおえない。

特に6-4-3の併殺の併殺については以前、「井端のどこがすごいか」で紹介したことと同じシチュエーションである。これを技術面でなく「日ごろの生活の気づき」からつくり上げていくことが新鮮でもある。
甲子園の指導論



 まずは春の準決勝で右打者の山川大輔が右翼ポール際へ一直線に運んだ本塁打。もう一つは夏の1回戦で鮮やかに決めた6-4-3の併殺。高校球史に残る興南の強さは、この二つのプレーに凝縮されていた。

 その過程を改めて聞きたくて、那覇に我喜屋優(60)を訪ねた。山川のアーチについては「あれは流し打ちじゃない。右にひっぱたいた。取り組んできた打撃そのもの」と相好を崩す。ゲッツーは「甲子園に入る前に準備ができていた。それが出た」と説明した。

 ■野球は「気付き」

 我喜屋は「野球は気付くことだ」と言う。試合は時々刻々と変化する。攻撃も守備も、次の展開を読む力が必要だ。請われて母校の監督を引き受けることを決めた06年秋、我喜屋はあぜんとした。用具置き場はボールなどが散乱したまま。「このひどさに気付かないようでは、野球どころではない」。83年夏を最後に20年以上も甲子園から遠ざかる理由が分かった。

 寮に住み込み、生活面を立て直すことから始めた。早朝の散歩を日課とし、抜き打ちで1人を指名。道中で気付いたことをスピーチさせた。「そのうちにゴミを見つけ、拾って帰るようになった」。こうなれば、しめたものだ。目、耳、鼻……。五感が敏感になれば、野球も向上する。

 夏の初戦となった鳴門(徳島)戦で見せた「攻撃的」な併殺は3点リードの三回だった。1死一、三塁で内野は中間守備。そこに二遊間へ詰まったゴロが飛ぶ。捕球した遊撃・大城滉二の「安全策」は本塁への送球だったはずだ。しかし、迷わずに180度反転して二塁へ。受けた国吉大陸も平然と一塁へ転送してチェンジとした。判断に迷う打球で、併殺が成立しなければ手痛い場面。高校生離れした完成度を感じた。

 我喜屋が五感とともに重視するのは「反応」だ。それを培うのは、独特のウオーミングアップ。ボールを使う練習の前に1時間以上をかけ、捕球動作、走塁時のスタート、帰塁など野球のあらゆる要素を取り込んだランニングを行う。高度な併殺プレーは、この中で「自然に身に着けた動作」(我喜屋)だった。

 春にさかのぼる山川の一発も、我喜屋に言わせると「反応を磨いた結果」。大垣日大(岐阜)の変則左腕・葛西侑也の高めに浮いた直球を171センチ、70キロの山川が、パワーヒッターと変わらぬ弾道で右翼席へ放り込み、度肝を抜いた。

 ■キューバ見本に

 好投手・島袋洋奨を擁しながらも打線が振るわず、春夏ともに初戦敗退となった一昨年。社会人野球経験の長い我喜屋は、強豪キューバの打線を参考にした。「甘い球を待つ日本に比べ、キューバは構わず初球から振ってくる」。日ごろの打撃練習から変化球をランダムに交え、「打てる」と思った球を迷わず振り抜く練習を積ませていた。

 「五感」と「反応」は、要約すれば「頭」と「体」の準備を整えることだ。夏の甲子園後に全日本選抜の米国遠征を率いるなどした我喜屋は新チームの「準備」が遅れ、今春のセンバツは補欠校にとどまった。ただ、「連勝」を期待する周囲の騒ぎから逃れ、また腰を据えた「種まき」を始められる喜びも感じている。(敬称略)【堤浩一郎】=おわり

昨日の試合修了後に、当チームの監督が同じことを言われていた。
野球はグランドの中だけでなく外でももう始まっているという。
こんなところに、ごみがある(拾ってみよう)、道具が置いてある(忘れているのか)、向こうから人がくる(知らない人だがしっかり挨拶はしなければいけない)など、数えればきりがない。

要は野球が上手くなるには「気づく」選手にならなければならないということである。

これはグランドでも、投手のクセ、打者の足、ポジション別の肩の強さ、守備位置、日差し、風、グランド状況、相手の表情だってもう上げたらきりがない。

野球の打つ、走る、守る、投げるはつまりすべて状況が必要となるわけです。
状況判断が必要でないのは、攻守交替の全力疾走ぐらいかもしれません(笑)

これを、名監督はグランド外の気づきから直していくわけですが、うちもこういうことは言っているというでしょうが、これもチームが一丸と
なって徹底しているかが大事です。

たまたまなんかで全国へ行けることなんてない、強いだけでも行けることはない、気づいたら自分でやる、発言する、相手のせいにしない。みんなで今あることに気づくことだよ
 先週の雪のグランドに、ボールケースとボールが数個落ちていたことが発端ででしたが、昨日の練習後にグランドを走る選手がいました。
(次はこのコラムからの打撃について)

八百長かよ

  • 2011/02/04(金) 21:53:09

八百長かよ
ー相撲界にもの申す・・・でも本当に許せないのはー


明日は今年初めての練習試合が組まれています。
先週に雪が降ったので、どうも紅白戦すら1試合もなかった様子です。
さて、どうなることか。




大相撲の八百長問題、以前週刊ポストで取り上げられ、ある上司と私は論争しました。
私は絶対(八百長)あるといい、彼はそんなものあるわけない!と言い切った。

その上、国技の相撲にそんなことを言うことは失礼でしょうとまで言われたものです。

私はほとんど相撲を見ないのですが、90日間でしょうか、そんなに体を張って真剣に出来るはずがない。
それにあれだけ体重があれば必ず足に負担がくるので、真剣勝負であればけが人がこんなに少ないわけがない。

十両と幕下近辺の力士に多いのも、その給与の違いもあるのでしょう。
7勝7敗で千秋楽の力士の勝率は約70%あることも海外のメディアが報じています。

そんなこと調べればおかしいと素人にも分かるのに、理事長やテレビによく出る相撲評論家なんかが、「非常に残念」だとかいうのでしょうが、こんなに蔓延したのに「まったく知らない」のでは、あなたの相撲情報なんて誰も信じるもですか。
懸賞の永谷園の「お茶づけ」ならぬさらっと流し込むことはできないですから、しっかりとした検証が必要だな。

まあ、わたしは世の中を裏切るものには、自分の出来うる範囲で徹底して抗戦することを決めています。
今回は、まずなぜかNHKにも向いています。
5年間で48億円の放送権料を払っているというので、そんなものに我々の受信料を使われたら許せません。
ですから、NHKか相撲の放送を始めた時点で、受信料の支払いをやめます。
そのことを今から皆様のNHKへメールすることにします。
  http://www.nhk.or.jp/css/

さて、今日の怒りは実はもっと別方向にある。
私の中では、新燃岳(しんもえたけ)ではないが、活火山化している。

全く相撲界の方以上に世の中のことがわからないお人がいるからです。
「大変重要な国民に対する背信行為」と発言した、かんなおとです。
それをやっているのは「おまえ」さんでしょう。
怒りを通りこして呆れていますが、それでは世の中よくなりません。

じゃ、それにはどうするかって。
それはまず今度の統一地方選挙しかないでしょう。

そこで一句
気をつけろ、その無所属は元民主!
まずは明後日6日の愛知県知事と名古屋市長選挙が楽しみなのだが・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。