スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2010/11/29(月) 11:36:57

内野手のヒント
ー軸足を右足の後ろでクロスするステップについて(1)ー


送球でのステップで意外と注目されていないのが、ボールが左にきた時の、軸足を後ろにクロスするステップです。
何も意識しないでも左足がボールが逸れた方向へ出れば、次の軸足のステップがその左足に近くへいくので普通ですのでそれが普通だと思いますが、、ここで大事なのは軸足が左足の近くへ寄せるのではないということです。

まさしく後ろでクロスしてさらに軸足を投げる方向へ90度になるように向けることです。このステップが
(1)どうして基本だと言えるか
(2)どんな野手に有効か

この二つについて考えてみます。

まず、どうしてわざわざ軸足を後ろでクロスまでするのかですが、私はこれは送球の安定、すなわち方向性に大きく関わってくると考えています。

ここで紹介した古田選手の送球のビデオの中で3つのステップがあると紹介されていますが、こに中でステップ以外で話されていることは、 「投げる方向へ肩のラインを真っ直ぐにすること」も大事な要素として紹介されています。

ピッチングでも同じですが、肩のラインが入りすぎる選手は多くいます。
と言うよりは、意識しないと肩のラインは必ず入りすぎます。それはその反動を使ったほうが強いボールを投げられるからですが、強くて方向の正確さが要求される野球においては肩の大きな横回転はタイミングが狂えば左右に送球がぶれることになります。

これを頭に入れて、左へボールが来たとき左足の後ろでスロスステップステップをすれば、その時点で肩のラインが投げる方向に向くということです。

それでは、普通に左足に軸足を寄せただけではどうでしょうか?

両肩のラインは45度以上投げる方向より左側へ向いているでしょから、肩を時計回りに回転させるか、それは無視して投げるかしかありません。

それが、「送球の速さと正確さを欠くこと」になるのです。

例が適当かどうか判りませんが、ショートがセカンドよりのゴロをギリギリ捕球した場合、どうしても両肩を投げる方向(一塁)へ向けれないので、(肩で方向性を出すことはなく)手だけでスローイングをせざるをえません。

このように体が左に流れる状況ならいざ知らず、普通に余裕がある時にわざわざそんな送球をする必要はないのです。(つづく)

スポンサーサイト

送球についてのベスト動画

  • 2010/11/24(水) 11:26:34

内野手のヒント
ーキャッチボールのステップも3つあるー


「ジャンプする」 が好評でうれしですが、その動画を探していてこれまた「掘り出し物」を発見しました。

何か言葉を入力して検索していると何かが引っかかってくるから面白い。
それも深夜の1時でした。

どこかで見た顔が一生懸命キャッチボールをしています。
あれ~古田だ!  

全日本時代の古田も捕手といえど、さすがにキャッチボールは速いんだと感心させられました。



そこで、キャッチボールのステップにも3つあるに注目します。
つまり、
1.ボールが左に逸れた場合
2.正面へ来た場合
3.右に逸れた場合

そうなんだ、ステップは当然ボールの捕る位置で変わってくるんだ。

今回注目してほしいのは、2.の正面へ来た場合です
右足を前に出して捕っていますが、ちゃんと「ジャンプ」しているのがわかります。(古田選手の足だけの動画でそれがはっきりわかります)

だから彼はプロへ行けたんだと変に納得できる動画です。
古田選手プロへ行く 

次回は左にそれた時のステップにちょっとふれてみます。(つづく)

内野手のヒント

  • 2010/11/21(日) 01:04:15

グローアップ講習会 H22.11.20 その2
ー速く強いボールを投げるー


昨日の続きですが、今回は私が常々思っていたことで、話を聞いて確信しました。これはかなり為になるでしょう。

速くなげようと思えば、イチ・ニーで捕ってすぐ相手へ投げればよいでしょう。
しかし、塁間ぐらいや、三塁から一塁、ホームでランナーを刺すなどの少し距離がある送球では、速くて強いボールが必要です。

安定した送球を、 「速くて、強いボール」を投げるにはキャッチの技術や足の方向、手振り以外に必要な要素があるのではないか。
それを思いながら、胸に秘めていたことがありました。

それは・・・・「ジャンプをすることです」

この講習会でも、軸足を前に出すキャッチボールの後での、「ゴロの捕り方と送球」がありました。
その中でゴロの捕球の姿勢はまたどこかで話してみたいと思いますが、素早く強いボールを投げる為の練習方法としては、 「ます第一段階として、捕球後軸足をその場でジャンプすること」をして下さい。

この中で、大げさですが「これが出来ればプロも夢ではない」とまで言われたのが印象的でした。

この講習会はこれだけで満足でした。 私も軸足をジャンプすれば強いボールがいくと思っていましたが、ここまで明快に言われたのでもやもやが晴れました。 (久々の五つ星)
(つづく)

グローアップ講習会

  • 2010/11/20(土) 11:23:49

グローアップ講習会 H22.11.20

先月だったでしょうか、多治見市内の全小学校が「野球教室」を受けたのですが、それが地元のスーパーが後援して「北海道日本ハムの野球教室」だというので少し驚きました。
毎年、地元の中日新聞社の後援で「中日ドラゴンズ」の選手による野球教室というのがあったわけですが、それもあるということで、年に2回そういう企画があるから恵まれていますね。

しかし、北海道日本ハムは北海道内でくまなく野球教室を行っていることはよく聞きますが、本州でもやっているとは知りませんでした。

今日は「グローアップ」とかの企画で、ボーイズの5チームが集合して講習を受けたわけですが、いつも思うのですが、こういう手のものは受講者が多すぎます。

100人以上で行うので、教える方も監督、コーチで4人ほどでしたがバッティングなんかは、声をかけてもらえる選手は1チームでは数名(教えるのに時間かかるので・・)ですから少し不公平を感じます。



それはそれとして、今日の講習会では西濃運輸の後藤総監督が見えました。
長島ジャパンの前の全日本監督、元慶応義塾大学の監督といえば判っていただけるでしょう。

その話の中で、なるほどと思ったことと、常々そうじゃないかと思っていて確信が出来たことを書いてみます。

野球教室はまずキャッチボール講習から始まります。
ここでも、軸足を前へ相手へ90度向けてだすこと、投げる方向へ反対側の足をまっすぐ出すことが言われます。
よくいうT字のイメージです。

ここで私の認識と少し違っていたこと。
私はまず捕ってから、軸足を前へを基本としていましたが、後藤さんは「軸足を前へ出しながら捕る」ということを勧めていました。

久しぶりに小学校の練習に顔を出したら、その小学校でもそのように指導してましたから、今の「野球教室」ではそういうことを教えるのでしょうか?

しかし、あえて私なりに言わしてもらえば、相手がどういうボールを投げるか判断をする前にそういう動作をして
しまうと、横や上へボールが反れた時には反応出来ません。
小学生レベルではそこまで徹底しなくてもよいかもしれません。
まずは、
1)両手を前へ出して少し引いた場所でボールを捕り、グラブを少しひねりながら手の平を自分に向けて素早く掴むこと。それから、軸足を前へ出しても十分でしょう。そんなに小学生から急ぐ必要はありません。

その点、後藤さんは“相手が投げる時に最初から構えなくてもある程度ボールがこちらへ向かってくる時に、そのタイミングをみつけること”とつけ加えてみえたので納得です。
要は、ボールにより左足を前に出してから軸足を前に(2歩前)や両足を平行に開いて捕る時もあるでしょうが、とにかく軸足をを前へ踏み出すことを体に覚え指すことだということです。

もうひとつ、「軸足を90度相手に向けて前に出すことの必要性」の説明で納得したことは、私は一番にはそれは方向性を出すことだと思っていましたが、後藤監督は「軸足が90度でなく例えば45度ぐらいであれば腰がしっかり回っていないのでしっかりと体重移動をして投げれないし、それにより(投げる手の)肘が上がってこない」ということでした。
中学の軟式野球では、はじめて野球をやる子がいるとよく聞きますが、指導の際には使える言葉ではないでしょうか。(つづく)

日本シリーズで見えたもの その3

  • 2010/11/15(月) 21:24:30

日本シリーズで見えたもの その3
ー緊張の中で実力を出すにはー


日本シリーズといっても少し古すぎる話題ですが、あのバンドの下手なところを見て、少し呆れましたが、プレッシャーというものなのでしょうか?

いやいや「やっぱりあれはただ下手なんでしょう」バンドをするときに動作が止まっていてはリラックス出来ません。これも技術だと思います。

それでも、同じぐらいの実力なのにどうしてもピンチやチャンスなどの緊張した場面で、「打てない」「エラーをする」目立ちます。

普段通りの実力が出せないのですが、ここを克服できるかが「ちょいうま」か「並み」又はレギュラーかベンチの違いでもあります。



そんなことで今回は、誰でも経験する「緊張するを克服するには」すこし書いてみます。

よく言われるのが、「緊張を楽しめ」です。でもそれが決してみなさんに通用するとは思えません。

どんなに楽しもうと思っても、経験があっても「足が震えたり」「いやな汗が出てきます」。
それでも、過去にはもっともっと緊張した時あったと思えれば、こんなのなんでもないと、自分に言い聞かせることが出来ます。

ロッテの渡辺俊介はあのWBCではほとんど緊張しなかったと言っています。
それは、自分が一番緊張したのは、一軍と二軍を行き来していて「ひょっとしてこれがプロ最後の一軍登板かもしれない。もう野球が出来ないかも・・・」その時の緊張はもう言葉では表せない。

それにくらべれば、WBCは例え打たれても、(野球が今後出来ないこともないので)何もがたがたすることはなかったと言います。

この彼の言葉も、一つの解決法なのです。
無茶苦茶緊張したことを覚えておきます。あの時は、喉も乾いて、胃も痛かったと・・・・。
それにくらべれば、今の緊張なんてどういうことでもないよ。
気持ちに余裕が出来ます

でも、問題はその緊張する場面をどこで経験するかなんです。
ひょっとして、今が自分の一番の緊張なんだけど・・ (つづく)


日本シリーズで見えたもの その2

  • 2010/11/13(土) 10:32:58

日本シリーズで見えたもの その2
ー選球眼のつづきー


選球眼がいいということは何に繋がるのだろうか
ほんとうに「選球眼がいい」とは打者の勲章のようなものであるが、普通一番に考えられうのは、「目がいい」!? 
つまり、動体視力でもあり、運動神経でもあるかもしれない。

しかし、動体視力では群を抜いてすばらしく、中学生時代から動く車の数字を計算するなどしていた、「イチロー」の唯一つ欠点?は四球が少ないことである。打率の割には出塁率がよくないのです。

つまり、早打ちであることと、少々の悪球でもヒットゾーンへ運べる器用さがそうさせるのでしょう。

そこでボールを選べる能力(選球眼)は、
 バットスイングが速いことを前提に
1.ボールを最短距離でとらえることが出来るバットスイング
2.ボールをとらえる打点が前でなく後ろである
3.際どいボールをカットできる


私は大きくはこの3点ではないだろうかと思う。

これはどちらも、ピッチャーから投げられたボールをより長く見れることよる。
三点目については、高校野球で甲子園を目指す選手が、前へ飛ばすのでなく全部ファールにする練習をし続けて、実際に必ず10球以上は投手に投げさせたという話もあるが、ここまでやると、実際に前へ飛ばすことが出来なくなってしまう(笑)



ここで、日本シリーズから話題を拾うということなので、
新人として活躍した清田選手の手記を紹介する。

今年はすべてはじめての経験で、社会人としてやってきたので打撃はやれると思っていたが、入ってみて現実は甘くないとわかった。
そんな中で、金森コーチとの出会いが大きかった。
「力があるんだから軽く振って打てるようにしろ」と言ってくれた。
腰の回転とは体幹バランスを使う打ち方なので、下半身がすごく疲れるけど、ボールが見えるようになり結果がでるようになりました。 

このボールが見えるようになったということが、「余裕が出来」、ボールを呼び込むことで、「ストライク・ボール」の判断がキャッチ側でできるようになった。一節には教えられる打法により、30センチぐらい打点が違うそうである。身長の高い大人とは比較できないですが、中学生では20センチぐらいの違いはあるかもしれません。

バッティングが飛距離を争うなら、そんなにいろいりな理論があるとは思えないのですが、
「ストライクとボールを見極め、なおかつ芯にボールを当てる確率を高くして、強く叩ける」能力が必要であることから、それに近づけるためにバッターは進化せざるをえない時期がくる。

日本シリーズから見えたもの その1

  • 2010/11/09(火) 11:10:52

日本シリーズから見えたもの その1
ー思い切りがいいだけではない事実ー


千葉ロッテが日本一になった。
ファンとしては嬉しいの一言だが、西岡、小林宏や渡辺俊までもFA宣言かという記事を目にすると、「和」というチームのスローガンも一瞬にして「個」に変わってしまいそうでもあるが、やはり日本一の目標の達成感から自分の夢にかけたいという西岡の気持ちもわからないこともない。
それでも、野手としての成功が非常に少ない「日本人大リーガー」であるのでどうなんだろうと思うのだ・・・。

中日の試合は面白くないと人が多いのだが、それは選手起用も、守り勝つ野球であることもあるのだが、もう一つは「意外性がない」ということもありそうだ。

出来の悪い子ほどかわいいと言われるが、中日は序盤で2、3点リードすればもう逆転されることはない。
つまり安心出来てしまう。だからテレビも真剣に見ることはない。

日本シリーズの第7戦、場所は名古屋ドーム中日が序盤で6対2とリードしてセリーグのチームで逆転したことはあっただろうか。
どうして阪神、巨人が出来なくてロッテが出来たのか?

この答えをまたいつもの新聞記事から拾ってみる。
1)ロッテは選手が若い上にやんちゃである。阪神でも島谷(29歳)やマートン(28歳)といるが、まじめで若年寄りのようである。今江や西岡とは少し違う。
 中日なんか、絶対服従の落合監督がいてみんな「操り人形」のようである。選手が楽しそうにみえない。

2)思いきりのいいバッティングが出来る。
 そりゃないぜと思ったのがコントロールに苦しんでいるのに、ノーツーぐらいからも打ってくる。無謀に思えたが、中日の投手はこれで簡単にストライクを取りにいけなかった? これが凡打ばかりであればただの早打ちであるが、タイムリーもあり、中日はいつもと違う投球をしいられたのでないか。

 早打ちのロッテかと決めつけてはいけない。
3)千葉ロッテのシーズン中の四球数は546で12球団一である。 ちなみに、セリーグトップの中日が456で阪神は384の最下位である。

この差は大きいと言わざるをえない。

アンダースロー論(2)

  • 2010/11/01(月) 23:11:27

アンダースロー論 渡辺俊介(2)
ー力感がないのがいい、と最初は気づかなかったー 


アンダースロー論も読んだ方も見えますのであまりここから引用するのはなんですが、短的なみだしが多くあるのでもう少し紹介させて下さい。

「ボールが隠れていても、出てくるタイミングが分れば意味がない」
彼の本ではこのように記されています。



ボールを隠すとよくいいますが、ボールが隠れていても出てくるタイミングがわかればバッターはそれほど困りません。
工藤投手や黒木投手の投げ方だと、ボールが出てくるタイミングを予測することができません。
ボールが見えてから「アっ」と対処することになり、タイミングが遅れます。

「ピッチングとは何か」「バッティングとは何か」と聞くと、プロの選手はだいたい「タイミングだ」と言います。
これを「間」とかいうこともありますが、ピッチャーとはいかにタイミングの取りにくい投げ方をするかです。
もう一つは、
「力間がないのがいい、と最初は気づかなかった」
2人の投手の話を聞いて、ブルペンで試してみたのですが、筋力でなく重心の移動、体重移動でボールに力を加える投げ方ですが、物足りなくて満足感がない。
その頃の自分は、より速い球を投げるアンダースローを目指していた。「本格派」と呼ばれたかった。

だから投げていて気持ちがいい投げたぞ!という力感のある投球がほしかった。

当然いろいろなタイプがあるのですが、私はこれは和田や杉内(ソフトバンク)や成瀬(ロッテ)などを見るにつけ先発タイプにはおおいに当てはまると思います。

投手でも力で押して成功するタイプもあれば、タイミングやボールのキレ、コントロールで成功するタイプもある。そりゃ、誰もが前者に憧れるでしょうが、後者に目覚めれば結構信頼される投手になることが出来ます。

ただそこそこ抑えることが出来る投手というのでは、さらに上へのステップへは中々進めないというジレンマはあるかもしれません。が・・・先に紹介して「適者生存」を思い出して常に自分を磨くことを考えれば道は開かれます。
それでも、ほとんどの「野球人」は高校で一区切りをつけることを考えれば、これでも十分輝けるでしょうし、可能性はいつでもあります。

今日の格言:まずは力感のあるスピードボールを目指してみる。限界がきたらピッチャーとはいかにタイミングの取りにくい投げ方をするかに頭を切り替えてみよう!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。