スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「適者生存」

  • 2010/10/28(木) 22:27:01

「適者生存」

「こいつ使えるのかよ」
1年先輩の捕手武石が、彼の球を受けた最初の印象だという。
まっすぐは速いが、制球はめちゃくちゃ、スライダーも曲がりはいいが途中でワンバウンド、カーブは投げられずに、フォークはすっぽ抜け、とにかく力まかせという。

どうみても、バラエティーに富む投手陣の中では3番手に入れるかどうか。
群馬・正品中学時代は群馬大会優勝、関東大会ベスト8の実績ながら、先輩達にはうわさにもならなかったという。
体も小柄で174センチ、64キロと小柄で私生活でも目立つことはなかった。

制球難で、心臓の弱さもあり打者に当たる危険性のある内角球なども投げられない。
それに打たれだしたらテンポも一定で投げやりになるようだった。

そんなかれが早稲田実業でエースになっていく。

緩急をつけたカーブ、右打者への内角、左打者へのシンカー、三振を取るためのフォークをみがく。
ブルペンでは内角に投げる練習、ベースよりいっぱいに打者を立たせてぶつけてもいいぐりらいで投げ込んだ。


斎藤佑樹投手、今日のドラフトで日ハムにドラフト1位で指名されたわけですが、日ハムはポジションは別として、この選手が一番という選手を指名していくと聞いている。

そりゃ、人気がほしいかったという声も聞こえてきそうだが、ピークは過ぎたという見方がある中で、スカウトは
プロで十分通用すると見たわけであるので、その眼力に興味がわく。



ちなみに私は千葉ロッテのファンであるので、略奪された?ほうでもある。

プロ野球だけでなく、高校野球でも、中学であっても、誰がみても素晴らしい選手だけがレギュラーなり、一流として活躍できるわけではにない。

「適者生存」メジャーへ挑戦して成功した元オリックスの長谷川滋利選手の著書の表題でもある。
誰もが彼がメジャーで成功するわけがないと思った。

彼自身も「僕はいつでも“そこそこ”という言葉がつく」という。大学に行った時も、プロへ行った時もそうで、
「そこそこはやるであろう」
確かにすごい選手ではないが、新しいレベルに上がったら、その環境にアジャストメントしていけばいい。

アジャストメント。それは環境や状況に応じて適応していくことを指す。

言葉では簡単であるが、それが出来るだけの知性と、たゆまぬ努力、そして成功するという確固たる意志が必要であると言う。

野球だけでなく、いろんなアスリートをみても、飛び抜けたものではなく、実はアジャストメントする能力に長けて選手の方が多いかもしれない。

「適者生存」。(素人が僭越ですが)斎藤佑樹投手が意外とプロとして大成するかもしれないと思うのは、この能力が発揮されるのではないかと考えるからである。勿論日ハムのスカウトの視点も同じなのではないだろうか。
スポンサーサイト

内野手のヒント(10)

  • 2010/10/25(月) 23:23:58

内野手のヒント 宮本選手の場合(1)
ーグラブの面が最後までグラブを向いているー


当チームの1年生はまれにみる粒ぞろいです。
練習試合では2年生チームと違い連戦連勝。
このチーム人数は20人弱ですが、キャッチボールの基本が出来ていました。

捕ってからボールを掴むのが速い、軸足の踏み込みも出来ている子が多かった。
それで、関係者によればチーム始まって以来、ひょっとして三遊間は一番上手いのではという評判です。

息子の年代(1学年上)も、遊撃手の選手はいままでで一番上手いということでした。
そこで・・簡単な問題ですが、非常に上手いショートがいて、どうして下の年代のほうが、“いままでで一番三遊間が上手い”という評価なんでしょうか。

答えは簡単です。
2年生のセカンド(複数いるのでが)が目立たないんです。
そのセカンドが何を隠そう「せがれ」ですから・・・まあご愛敬(笑)
---------------------------------------------------------
ファーストスローファーストの話でコメントを頂きましたが、

スローの部分はボールを捕球するところですが、そこで選手の個性が出てきます。
ボールの捕球と足の踏み込みをしっかり分けている選手と、捕球の後半ですでにステップが始まっている選手です。

後者は格好よく見えますね。
中日と巨人のCSの2回戦を見にいったのですが、坂本選手が欠場で古城選手がショートでしたが、彼は運動神経が抜群でボールを掴むと同時に軸足もすでに前に踏み込むぐらい素早かったです。
----------------------------------------------------------
さて、今日の本題は宮本選手を称してヤクルトの古田選手が全日本の解説でいった言葉です。

「宮本はグラブの面が最後までグラブを向いている」
これを聞いた宮本選手はこんなことを言ったそうです。
「そんなことは当たり前のことでしっかり捕って相手の胸をめがけて投げる確実に投げるという気持ちがあるから、最後までグラブの面がボールに向かっているるんだと思うのですが、古田さんに言われるまで僕は気づかなかった」
「フィールディングが上手い選手は早く捕って投げようという意識があるから、まだしっかりキャッチしていないのに、早く投げたい意識が先行してしまって、ボールをはじいてしまうミスが起きる。あるいわ動作を速くしようとする意識があると、イレギュラーで飛んできたときに対応できなくなる。
彼はあまりにもあたり前だというのですが、ボールの扱いが横着だと言われる場合はまずこれを実践です。(つづく)

送球が速いのはセンスか?

  • 2010/10/22(金) 18:19:27

内野手のヒント
ー送球が速いのはセンス?ー


立浪選手が堂上選手(中日)の三塁の守備の際に二塁へ送球した際に、速いと褒めていましたが、「それはセンスでもある」ということを言っていました。
まあ、それはそうなんですが・・・

(息子が)スローイングの際にステップが一歩多いということを書いたところで、ファスト・スロー・ファストを紹介したのですが、投球側の手にボールを握りかえるのが遅いのではないかという意見も頂きました。

【スローイングの際どうしても一歩が多いのは】
1)ファスト・スロー・ファストが出来ていない
2)ボールの握り変えが遅い
  その理由
  ①グラブのウェブの下のポケットでボールを捕ってしまう
   特に併殺の場合は中指あたりではないでしょうか

ポケットではボールを捕りだす必要がありますが、中指あたりなら・・・・・。
そういえば、楽天を自由契約になった中村選手はグラブに入ったボールを中指で押して、
握っていると何かで読みましたが、それとも一致します。

もう一つあったのは
  ②捕球の際にグラブを捻って手の平をくるっとさせてボールを胸の前で掴む
これは本当に格好よく見えます。

これはボールの勢いを殺す役割もあるので、グラブとボールの衝突をやわらげます。
これなんかは、小学生の低学年でも応用出来るというか私は
不可欠の技術だと思っています。

それはどうしてか?
ですが、小さな子どもは結局上級生や親が投げるボールは速くて痛いんです。
だから、ウェブで捕ったり、ボールの正面へ入って捕ることが出来ません。

もう一つの効果は
ボールを捕る位置がしっかりしてきます。
特に体の近くでどうしてもボール捕ってしまう(捕るだけの)子にも効果があります。
両手を前に出して余裕がなければグラブを捻って手の平をくるっとさせてボールを掴むことが出来ないからです。

実はこれを教えた子どもの顔つきがすぐに変わったことも記憶に新しいのです。

そこで、今日の結論:送球が速くてかっこいいのはセンスかもしれませんが、ちょっとしたコツで解決しますよ!
 (つづく)

アンダースロー論  渡辺俊介

  • 2010/10/18(月) 23:30:31

アンダースロー論 渡辺俊介(1)
ー好投手に共通するものー 


パリーグのクライマックスで好投した和田投手は本当に不思議な投手である。
彼は球の出どころが見えずに、急にズバッとくるのでタイミングがとりにくいと言われる。

この出どころが分かりにくいということは、球が体から隠れているからだろうと思うのですが、それだけではないという。

いわゆる上半身の反動を極力使わないことが大事。
反動を使って、ボールが多少速くても肩が反動でで開いてくればバッターはタイミングがとりやすい。
つまり、反動を使わないというこては、肩を開かないでまっすぐに移動するということである。

以前紹介した、 「和田の129Kmはなぜ打たれない」は必ず読んでほしいのですが、実は今年のクライマックスで好投したロッテの渡辺俊介投手もそれと同じことを著書である「アンダースロー論」で書いている。

今回はこの中からいくつかを紹介するつもりです。



<アンダースロー論 15、16Pより>
社会人時代にピッチングの参考にしていたのが、工藤公康さんや黒木知宏さんですが2002年のシドニーオリンピッックの年のプロ野球コンベンションでアマのオリンピックの代表選手も呼ばれた。
その会場で僕が座った席が、その2人が一緒でした。
実はどうしても話が聞きたくて狙ってすわったんですが・・・・・。

その中で、2人が「ピッチングはこうだよな」と話していました。
このプロ野球投手の技術論が今のフォームが出来るきっかけとなったものがたくさんあります。

一番印象的であったというか、「そうか!」と思ったのは投げる時の身体の使い方です。
「身体は捻じらず、上体を横にしたまま真っ直ぐ移動」
この話は僕が思っていた常識と全く違いました。

アンダースローの投手は少ないだけに貴重な著書なんですが、サイドスローの投手でも、上から投げる投手でも
「投手の引き出し」は多くありますので是非一度読んで下さい。
アンダースロー論 (光文社新書)アンダースロー論 (光文社新書)
(2006/09/15)
渡辺 俊介

商品詳細を見る


そこで著書の推薦とともに、以前投手にとって必要なことをまず一つ上げるとすればで書きましたので今回はそれにこれをつけ加えて2つ上げておきます。
1.まっすぐ立つこと
2.身体は捻じらず、上体を横にしたまま真っ直ぐ移動 

(つづく)

気持ちが体を動かす

  • 2010/10/13(水) 23:20:07

'10一歩一歩
ー野球上達論(3)ー
 

ー練習とはコツを掴むものなんだー
そんなことを紹介した数日後にこんな記事がありました。

「4連投で化けた2年生投手鍵谷」
あの興南の島袋投手の進学先の中央大学、高橋監督の話です。



大学の監督の大きな楽しみのひとつが選手の成長を間近で見られることです。
それも時々、びっくりするぐらい化ける選手がいる。
(中略)
鍵谷投手も北海高校から入学して2年目、高校時代は甲子園にも出場して投手としてはいいものを持っていた。
どれといった技術面で問題があったわけではないがもう一つ伸び悩んでいた。

その彼が4連投でストレートも150Kmを超え、投げるたびに調子を上げていった。
実はリーグが始まる前にこんな話をした。
「もっと気持ちを前に出せ。淡々と投げていてはダメだ。守っている野手がこいつのためにやってやろうと思わせることが必要。そのためにもっと気持ちを出せ」

気持ちを表に出すことは他にも効果がる。
一球一球に全身全霊をこめるのだから、体の必要なところに力が入る。言葉を換えて言えば「体のどこにどんな力が必要かがわかる」。
例えば、普通に淡々と投げているのと、気持ちを前面に出して投げるるのでは腹筋の動きが違う。そこから腹筋を鍛えることの大事さが分かる。当然日頃のトレーニングも違ってくる。

このアドバイスで急によくなったわけではないだろうが、彼にも「何かを変えなければ」という気持ちがあったのだろう。
そんな時に4連投、しかもすべてが接戦のリリーフでいやでも前のめりで投げざるを得ない。

そんな中で何か投球のヒントをつかんだのであろう。
大げさに言えば、きっかけをつかめば若者は1日で変わることが出来るのである。
2010 10月11日 高橋善正(中大監督)

これは野手の側からみると、こんな投手がいるところで守ってみたいものである。
気持ちが前に出る投手は、野手をも成長させるかもしれない。

こんな記事の紹介から
今日の言葉:気持ちを出せることは大事な技術なんだ!

元の形を知っておく

  • 2010/10/11(月) 23:46:24

'10一歩一歩
ー野球上達論(2)ー


前回、練習とは上達のコツを掴むことだということを書いたのですが、少し極論にみえますが、繰り返し基本によりそれを体で覚えることも大事ですが、どこかでそのコツを掴むなければ、みんなの上をいくことは無理でしょう。

それは、指導者に恵まれることも大事ですが、指導者もいろいろなタイプがあります。自論をおしつけるタイプやヒントをいろいろ与えてくれるタイプ。意外と練習は一生懸命だがが何も言わないタイプもあります。

ただ、どれがいいとは言えないところが難しい。それに、はまれば素晴らしいですが、自論をおしつけられて狂ってしまう選手も多いと聞きます、そんなことは野球を少しでも経験した人はわかるのですが、中学生でも高校生でも、例えそれがプロでも監督・コーチから言われれば、直立不動で聞いて、それを試してみるのが普通です。

それはそれでいいのですが、大事なのは「これは自分に合わないと思った時に戻る場所(以前のスタイル)を覚えておくこと」が大事ではないでしょうか。
才能が満ち溢れ、誰もが上手いと認めた選手が、意外と伸び悩むどことか、あの輝きはどこへ行ったのだろう?と思う選手
はいると思いますが、俗に言う「教えられすぎてわからなくなった」というケースもあります。

「考えながら練習をすること」「自分を冷静に見れる」選手になるだけでなく、何かを試すときはその前のスタイルに戻れる形」を知っておくことが大事です。その形は勿論変化するでしょうが、人は意外に忘れやすいものです。

そこはやっぱり、最低メモでもしておくこと。そりゃ「練習日記」でもつけておけばそれは最高かもしれません。



違った表現の仕方をすれば、

私は道に迷った時に、引き返すことが嫌いで、「前に進んで何とかなるさ」というタイプでした。今はナビがあるので、「この先は引きかえそう」とか、「このままいけばいい」と判るうこともあります。
私の車は5年程前にやっとナビが搭載されたのですが、道を間違えた時は戻るのが一番だと気がついたのは、まだここ10年ぐらいです。
 性格といえばそのままですが、野球においては「その道間違っているよ」と教えてくれないこともありますし、「(悪気はないですが)違った道を丁寧に教えてくれる」こともあります。

今日の言葉:一度もどってからの方が、目的地に早くいけることは多い。

ノーベル賞の研究と同じ!?

  • 2010/10/06(水) 11:06:45

’10一歩一歩 
ー野球の上達もノーベル賞と同じー野球上達論(1)


秋の大会のリーグ戦では、先の日曜日に全勝同士の戦いで、うちのチームが2-1で勝利して5戦全勝です。よって今週は1位同士の巴戦となりますが、結果にかかわらず上位3位までが確定しましたので中日スポーツ杯中日本大会への出場が決まりました。

この試合では、つくづく走塁の大事さを痛感しました。
相手チームは初回の攻撃で、ノーアウト1塁からライトオーバーの捕れそうなライナーを捕れずに、フェンスまで転がっているのに、何を勘違いしたのか1塁ランナーが三塁で止まってしまい、打者とランナーが三塁ベースでご対面。
 それでも三塁打で一塁ランナーが三塁止まりとは打者もびっくりです。これはボールを見失ったランナーが一番悪いでしょうが、先を見なかった打者、的確な指示を出せなかった三塁コーチといろんなミスが重なりました。
 ここで先取点を取られなかったのが大きかったです。



 それともう一つは、一つのベースに二人のランナーが集まってしまうケースをこの試合だけでも、2度ありました。特にスクイズ失敗の挟殺プレーで、ランナーをアウトに出来ず三塁ベースでそうなることが多いのですが、その時のタッチの仕方を知らない選手が多い。
 
 優先権は前のランナーであるので、前のランナーはタッチされてもアウトになりません。
ですから、ボールを持った野手は二人にタッチすることが多いのですが、後の選手からタッチすべきです。

逆にいうと、ベースに二人ついていても、前のランナーはベースについている限り「セーフ」なので慌てることないですし、後のランナーは自分かタッチされない限り「アウトではない」ので、前のランナーに野手が先にタッチしようとしたら、そのまま立って(タッチされて)みすみすアウトにならずに逃げれば(戻れば)、自分も生きれるかもしれません。 中学の硬式でも野手も反対から(前の選手から)タッチするので、小学校ではもう「パニックですね」
ちゃんと教えてあげて下さい。
※今は後ろのランナーがタッチされた時点で審判がアウトを宣言してベースから選手を離しています

さて、これからが今日の本題です。

ノーベル化学賞を2人の日本人が受賞した。
誠に喜ばしいことである。
今日のニュースでもこのことがほとんどでした。

その中で北大の鈴木教授はこんなことを言っている。

このクロスカップリングにおいても、真摯な努力の結果であるが、それを積み重ねたら出来るというものではなく、偶然の発見であります。その点ではラッキーだった・・・・。

これを取り上げたのは、野球が上手くなるというのも、実は偶然の発見によるところが多いと、元ヤクルトの古田選手がよく言う言葉である。
(うろ覚えなので少し話を膨らましています。ご勘弁を)

「誤解を受けるといけませんが、野球は練習をしたから上手くなるわけではありません。つまり、野球が上手くなるとは、そのコツの発見をすることなんです。それは偶然、突然に発見することが多い」
「あっ!今の感じ、こうすればいいんだって。またそれは、いつ起こるかわりません。中学生の時か高校生の時か、それ以後かもしれない。だから続けることが大事なんです。またそれは、元気な時とも限らない、疲れた状態でもう力が入らない時かもしれない」


どうですか、ノーベル賞の発見も野球の上達も似ていませんか?

今日の言葉:野球の練習とは上達のコツを発見するためにやるもので、それは突然やってくる。ラッキー
 

競争力は遺伝する

  • 2010/10/04(月) 23:47:42

ー競争力は遺伝するー

「争わない」生き方は大切な処世法である。仕事などで他人と争い合う。
こんな生活が続くとストレスがたまり、心身の健康を害することことになる。争うことをやめ、他人と比較せずに自分なりの生き方をする。こんな「争わない」生き方が注目されている。

 しかし、競技スポーツとなると、たの選手と争い合う「競争力」が必要である。
競争力が不足していたのでは、競技スポーツで戦うことが出来ない。選手たちは競争力をいかんなく発揮して戦う。
 ところが選手の中には競争力が乏しい者もいる。こういう選手は監督やコーチに叱咤(しった)されることになる。
 競技スポーツ選手といえども、競争力の度合いは人によって異なる。競争力が満ち溢れている選手がいれば、
競争力の欠落している者もいる。

 この差は何によって生まれるのか。

理化学研究所と北海道大学のマウスを使った研究から、「競争力」を支配する脳内物質が見つかった。
 脳だけに存在するX11Lというたんぱく質をつくる遺伝子があると考えられので、その遺伝子の働き具合によって競技力に影響することは考えられる。

これまで体力は遺伝の影響があると考えられていたが、競争力も遺伝の影響を受けているようだ。
(中京大学体育学部 湯浅景元 中日スポーツ2010.10.1)



対戦相手との競争や同じチームとの競争などスポーツをする限り、競争はついて回ります。
それも、遺伝が関係するとすれば、「うちの息子があきらめが早い」理由はわかった!?それは俺に似たんだ などと納得する方もいるかもしれません。

もし遺伝だとしても、母親似もあれば父親似でもある、はたまた隔世遺伝もあるわけで誰に似るかもわからない。
それでもこれを真に受ければ、おじいちゃん、おばあちゃん、父、母全部がのんびり屋やら、争いごとを好きでない家庭には競争力のある選手が生まれにくいのかもしれません。

これを、闘争心におきかえてみても、やはり血の気の多い父親の子どもは「負けずぎらいで闘争心」がある気がします。

島国であり稲作の農耕民族であり、人との和でもって生き、魚を食べてきた日本人は、大陸続きで遊牧民族で、肉食でもある欧米人には1対1の競技は中々勝てないということを何かで読んだ気がします。

これも広い意味の日本人の血という、大きな遺伝子なのかもしれない。

んなことは別にして、我が家の愚息は、準備がまったく事前に出来ない。
今日も朝方、慌てて何かを探して、あげくのはてせっかく用意したものを忘れている。

嫁は「本当にお父さんにそっくりだわ」と言っている。
この「準備力」も遺伝するとなれば、私も「愚息」などと笑ってはおれない。
「この父にしてこの子あり」だからである。

だから、こういうことは「遺伝」であると信じたくない。
これは「家庭の問題であり、いわゆる躾(しつけ)である」
父だけに責任をおしつけられても困るんです・・・・。 

内野手のヒント(8)

  • 2010/10/01(金) 11:02:08

内野手へのヒント(8)
ーファースト・スロー・ファーストー


読者の方より、「内野手のヒント」のタイムリーな話題として「東芝」ノックの映像を送っていただきましたので、リンクさせていただきます。
東芝のノック
これを見ると右側に「大阪ガス」や「横浜高校」などがありますが、横浜高校はアクセスが約27万回と半端な数字じゃないのでびっくりです。



また、某大学選手の、「ファースト・スロー・ファーストー」の言葉も紹介してもらいしたが、内野手のゴロ捕球には独特のリズムがありす。
これがこれなんですね。今回の表題として拝借いたしました。

素早く捕球位置に行く(ファースト)・ゆっくり捕球する(スロー)・ファースト(捕球後は素早く投げる)ですが、並の野手にはこのリズムがないのですね。

よくある一つが、ファースト・ファースト・ファーストです。
でも訳すると、バタバタ自分なりに素早く行く・慌てて捕球する・早いんだけど(無駄が多く)スローイングに必ず数歩のステップが入る。

また、スロー・ファースト・スローなど、組み合わせは一杯です。
私の息子も下手ではないのですが、どうもリズムが違うので、「(傍から見てて)やるな~」という気がしない。
一言でいえば、スロー・ファースト・ファーストかな(笑)

今回これで、閃いたのですが、捕る時にスローでないと、捕ってから素早く一歩で投げれないということです。ゆっくり捕るから(準備して捕るから)、加速しながら一歩でスローイングできる。

ノックに関しても、比較的難しい球で振ったり、厳しい態勢で捕れるか捕れないボールを打った、飛びつく練習を多めにする場合と、子どもの状況に応じて基本姿勢で捕れる場所へ打ち続ける場合とあるようですが、

よく守備の上手い監督さんに聞くなどの特集が雑誌であるのですが、「守備練習は冬の間が勝負で、基本の形とボールの入り方、股割りだけしかやっていません」という返答も意外と多い。

内野守備は、自分の足が届く範囲がしっかり捕れて、送球に自身が持てれば、フットワークがよくなり、難しいボールにも対応できてくるのではないかと思います。
そして監督・コーチの方は捕れる範囲のボールを確実に捕ることを一番期待していると思います。

今回の一言:ダンスでは「スロー・スロー・クイック・クイック」が妙に私の頭に残っていますが、内野手はまず「ファースト・スロー・ファースト」を頭に叩き込んでおくこと。 (ご助言ありがとうございます)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。