スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内野手のヒント(7)

  • 2010/09/27(月) 18:35:16

内野手のヒント(7)
ーグラブを下から上への徹底ー


よく柔らかいゴロを手で投げて、股をわって数メートルの距離で投げては採る練習を繰り返している選手がいる。

よくある練習ではあるが、あんな緩いゴロなんか実際にはないよ!と思ってみたいところだが、上手な選手ほどやっている。また、「様になっている」(上手だから当たり前ですが)のを見ると、これが出来ないのは内野手失格と思えてしまう。

これって何の練習なのかなとふと考えてみる。

1)股割りでもある
2)しっかりグラブ前に出す俗に言う手と足が三角形になる基本形の確認でもある。
3)ちゃんと手をグラブの上でかぶせることでもある。
4)グラブに入ったボールをすぐ握りかえることもある。


それでも、ひょっとしたら次のことがかなり重要かもしれないと考えた。

5)グラブを早めに出して、ボールがくるのを少し待つタイミングの確認

どうしてこう思うに至ったかについては、

上手い子は構えが早いからである。
 
下手な子はその逆であるのですぐ判る(笑)それでも「やや上手いかな」「下手ではないよな」また「普通の子」は、いいタイミングでグラブが出るのだが、ボールによって少し遅い時ができてしまう。

いつもではないが、速い打球や前進したときに遅れてグラブが上から出るときが稀にある。

この稀にあることがいけないのです。



常にグラブは下から上でなければ、ボールの勢いをグラブで吸収することは出来ない。
(正しい形のであれば、下から上へグラブが動けば、腕が折れてボールを吸収できるし、ポケットの面がしっかり正面でできる)

上から下ではボールと喧嘩することになってしまう。

じゃ~常に上から下へグラブを持ってくるのはどうしたらよいか。
答えは簡単です。
早目に準備することです。
これは口で言うほど簡単ではない。ちょっとした間かもしれない。それでも最悪(早くボールが来てしまった時)でもグラブは下になければいけない。

それなら最初から下に着けておけばいいじゃないか?
初心者であれば私はそれもありかなと思いますが、勿論その形では、素早く走れない。
コーチからは待つんじゃない! もっと前へ出ろ!と罵声が飛ぶ。


そろそろまとめなければいけません。
今日のテーマは「谷の守備を変えた井端の金言」から

内野守備を練習していたところ、こういうアドバスをされた
「グラブを出すのが遅いんじゃないか、もう少し早くしてみたら」
谷はゴロをさばく際、打球を手元に引き付けててからグラブを構えるクセがあったという。それを指摘されたのだ。この助言は効果てきめんだった。早めに構えることで、速くて強い打球の対応が容易になったんです。エラーも減りました。


壁当てが最高の練習だよというのも、案外このことを自然に体に染み込ませることが出来るからだろうと思う(完)
スポンサーサイト

新打撃論 和田一浩の場合(2)

  • 2010/09/25(土) 23:11:55

新打撃論 和田一浩の場合 その2
ーメジャーの選手でポイントを前に持ってきて打つ選手はいなかったー


現在は中日の和田だが、彼は西武ライオンズであった。「僕はもともとキャッチャーであったのでバッティングにおだわっていなかったんです。こだわっていないというよりひどかったと言った方があたっている(笑)。97年に入団して3、4年は打てる状態ではなかった。

その頃に金森打撃コーチからバッティングの基本を教えてもらったんですけど、まるで出来ない。でもこのまま結果が出なければ、プロで生き残れないと思ったからとのかく必死でした。

金森さんの言う「ボールをギリギリまで待つ」という考えが中々理解出来なかったし、それどころか「こんなフォームでどうやって打つんのだ」 「これでは絶対打てない」と絶望的になるぐらい自分がいままで打ってきたフォームとは違う。だだキャッチから打者にコンバートされたので打撃で結果を出すしかなかった。(中略)そして参考にしたのがカブレラ。彼は力で振っているようだが、どうしたら効率よく力がバットに伝わるのかを考えている。彼は球をギリギリまで引き付けても絶対に身体が前にいかないし、フルスイングする力も持っている。身近にいい見本がありそれに近づきたいと思ったのは当たり前です。」

しかし、後ろへ引いて打つという考え方については、日米野球でメジャーの選手を見て、自身から確信に変わりました。
メジャーの選手でポイントを前に持ってきて打つ選手はいなかったし、日本人のほとんどの選手は前で捌いているけど、僕のように後ろへもってきても打ってもいいんだなと確信を得たのです。(つづく)



実はこの話は5年前のものです。今の日本のプロのバッターはこの打撃スタイルの選手はかなり増えているように思います。
わたしはこの話の中で、和田選手が「絶望的なほど今までのフォームと違う」という下りを読んで、今までを捨てなければ到達しない程の感覚の違いがあることがわかります。それを専門に教えてくれるコーチがいるわけではありませんし中途半端では自分の打撃を見失ってしまうので注意が必要です。
 小学校の頃、息子には「内角」だけは回転して打つことを言っていましたが、最近これを覚えていてくれたことが分かりました。これだけでも「ひきつける打法」へのきっかけとはなっています。

一歩一歩'10 

  • 2010/09/21(火) 19:25:12

一歩一歩'10 
ー勝ち方が悪いー


高校野球秋季大会は、大垣日大は強い! 土岐商業を2回戦で2-0で倒すと、あれよあれよと相手をなぎ倒していきます。今の葛西投手は絶好調らしくて決勝までに1失点しかありません。
 その1点を入れた高校の関係者は変な自慢をしていました。
「うちはコールドで負けた、それでも4チームの中で得点したのはうちだけだ。それも5回までしかないのに(コールドで)1点はたいしたものだ。自信をもっていいぞ」

ものはいいようでね



秋季大会が始まりました。6チームの総あたりをすることは前回書いたのですが、1試合目はお互い好機をつぶして3回表まで0-0その裏の攻めで、うちが相手のミスで3点もらい、親の間では「さあ次の回0点で押さえるこたが(3-0となり)大事だな」と言っているのに、連打で2点取られて3-2で、試合がわからなくなってしまいまいた。
その裏に3点をもぎ取り6-2として、その後何とか継投で6-2と勝利はしたものの、指導者にはこの勝ち方が不満のようで、ミーティングではカミナリならぬゲリラ豪雨がありました。

その理由は3つ。
●ひとつは、みんなが戦っているのにベンチで戦っていない選手がいる。
 補欠選手や登板予定のない選手が名指しで言われていましたが観客席からは判りませんでした、どうも試合を一緒になって応援してなかったようです。 チーム一丸はまだまだなようです。
 豪雨度7 ゲリラ豪雨で河川氾濫

●準備が足りない キャッチャーの控えが「ファールカップ」というか急所を保護する器具をつけていなくて、時間がかかり審判に注意を受けたので、それを指摘。
 豪雨度6 警報と共に住民に待機命令

●1アウトランナー二塁の走塁で・・・ これはよく言われる実知らない選手はいないぐらいのことです。野球のセオリーには
1) 自分より前の打球では進むな。(抜けたのを確認してからGO!)
2)内野へのナイナー、ピッチャーゴロは飛び出すな
3)打者がバンドでもストライクで飛び出すな(空振りもある)

実はこのケースほ「走塁のセンス」というのが本当に判ります。
 今回は1アウトランナー二塁で三遊間へ強いゴロ、抜けたというような強い当たりではあっても三塁が好捕、
普通であれば、当然二塁ランナーは三塁手に牽制されて二塁ベースへ戻ります。一塁へ送球したなら少し離塁してすきあらば三塁を狙うようにする。
これが普通です。それを、打った瞬間に三塁へ走りこんでしまってあえなくタッチアウト。
挟まれることもなく、すぐにタッチアウトになったのもよろしくないようです。

私達はヒットエンドランかもしれないと思ったのですが、そうでもなかったようです。

結局1アウト2塁が、2ーアウトランナ一塁。なんで!?
折角バンドで送ったのに結果がこうです。

このプレーには豪雨度8で、河川の氾濫に加えて、土石流も発生しました。
試合終了後、帰ってから練習でも1人呼ばれても個別に指導です。
期待の表れでしょう、頑張れ我らの4番

でも、こんなことはよくあります。先日も愚息も(3)のケースでキャッチからの送球であえなくアウトをくらいました。

恐らく、ペーパーーテストでやってはいけない事で書かせれば、正解は知っているんです。
じゃあ、実際の場面でちゃんとそれが冷静に判断出きるかといえば、出来ない時も多い。

知らなければ出来ないですが、知っていても咄嗟の判断が出来ないのが野球の難しさです。
よく練習で出来ないことは試合では出来ないといいますが、走塁においては、練習で出来ても試合では出来ないことがありすぎです。

指導者とは教えることでなく、(それが出来るように)導くこと。
このつたないブログを読んで下さる指導者の方の熱意には敬意を表します。

一歩一歩'10 

  • 2010/09/18(土) 11:18:43

一歩一歩'10 
ー母親に追いついたー


当たり前ですが、中二といえば伸び盛りです。勿論身長です。
野球の伸び盛りはいつかわかりません。突然やってくるそうです。練習に意識を持ってやらなければ、ただパワーが付くだけて伸びる訳ではありませんから

うるさいと言われますが、相変わらず息子には勝手な専属コーチとして気が付いた点は指摘しています。
●打撃(左打ち)においては3つ
(1)顔がスウィングと同じ方向へ回ってしまうこと、正確にはボールから目を離すのが速すぎる点
(2)トップが浅い。肩より少し首よりにあるので、もう5センチ程キャッチより(左肩の上)で、5センチ低くすること。構えは高いのですが、トップがそこから出てしまうので鋭角に入ってしまい、いわゆる引き出しがないのでボールを押せない。
(3)高めに伸びあがらないこと。
高めのボールの際バットが寝て、伸びあがってしまいます。(以前紹介した坂本ティーを最近全くやってないのでインハイの高めを叩くコツを忘れてしまっているようです)

私はまだまだ不満ですが、打撃においてはコーチから褒めてもらっているようです。
三振が少ないと・・・・・(笑)

そうそう素掘りも変えさせました。
真横というか高めのストライク付近を振っていましたが、「真ん中又はやや低めを振るように」

これは、バットを落として先の重さを意識させる為と初球から狙うコースを振っておく為」です。

●守備においては2つ
(1)横投げの禁止。
  送球の際に横振りになりシュート回転で逸れることがよくあります。
 特にゲッツーの際の2塁ベースから一塁への送球がひどいので、今日も“監督からしっかり腰を切って投げなさい” と言われていました。短い送球でも横から投げるのを禁止させました。
(2)雑になるな 
 たまにあっと驚く姿勢で捕球態勢に入るので、あくまで基本に忠実であること
  
身長は母に追いつきました。大きくなっていますが元が小さいのでまだまだです。
実は野球においては、高校時の父をすでにあらゆる面で抜き去っています。(だって父親はヒットを打った記憶がほとんどないですから~)それでも足だけはまだ私の方が速かったかな。

また、ひょろっとしたタイプなので、パワーは望めない

明後日から秋の公式戦で、3グループで6チームの総当たり。全勝して1位通過を狙うというからなかなか関係者の鼻息は荒いです。

新打撃論ー和田一浩ー(1)

  • 2010/09/17(金) 23:37:32

新打撃論 和田一浩の場合 その1
ーどれだけ詰まって打てるかー


打撃論を語る時に、よく言われるのが「ボールを引き付けて打つ」か「ポイントを前に置いて打つ」です。

これについては、以前に何回も書いてきました。
そして、こんな言葉も紹介しました。

「詰まることを恐れない」
打法は違っても、イチローや内川、松井秀など日本いや世界を代表する打者が言う言葉です。

いろいろな打撃論を紹介する中で、何かスマート(これは彼のおやじ顔とは関係なく)な感じがしない和田選手「痛烈ヒットだけでなくなぜかヒットゾーンに球が落ち、詰まったような当たりがホームランになるという印象もあります。

そんな和田一浩(中日)はどんな打撃論を持っているのでしょうか?
少なくとも彼は、「ポイントを前において、体重移動で打つ打者」ではないことは察しがつきます。
和田

彼の打撃を彼が語ればこんな表現になるのです。
ー球を待つ限界域を見つけるー
そして、驚くことは「詰まることを恐れない」の上をいっていることです。
「どれだけ詰まって打てるか」 

今注目され、本人が「フォアハンド打法」と呼ぶ和田の新しい打撃スタイルを数回に分けて紹介していきます。

日本人は170kmを投げれるのか? (その1)

  • 2010/09/14(火) 22:23:50

日本人は170kmを投げれるのか?
 ー身長が高いのが有利ではあるが・・・ー (その1)


アメリカではまずピッチャーは身長が高い者が無条件で選ばれるらしい。
小・中学校でも学年が違う場合もありますが、30センチ以上も違うこともある。
もうチビのバッターなんか、見上げて構えている、マウンドがあればもう「あご」なんか空を向いちゃってています。 これだけでもう打てる理由がない(笑い)

松井秀喜なんかあごを引くしぐさををしていますが、鉄平はヘルメットを深くかぶり、つばさから投手をみるようにしてあごが上がらない努力をしているそうだ。

帽子でいえば、プロではつばさの中央に戦を引いて好調時のその線の先の風景を覚えておくという選手もいると聞く。

 少年野球ではそれを直そうとか、対応する技術もへったくりもないので、やはりストライクが入ればですが身長が高ければ有利この上ない。



それに加えて、やはり速球を投げるにも「身長の高低、腕の長短などはデメリットになるという」「身長が10センチ違えば、軸足がが接地してから球をリリースするまでの回転エネルギーは20~30%の差が出てくるといわれています」

ただ身長が190センチ以上の白人や黒人投手に比べて、上背のない日本人投手は身体的ハンデはありますが、トレーニングによって克服することは可能だという。

◆球速をアップする方法のひとつ
体重の移動を素早くすること。
「下半身のサイドステップを早くすることが速い球を投げることの一つの条件です。右投げの投手であれば、左の股関節の回転速度、膝の伸展速度の2点を高めれば、球速は現状よりも1割はアップします」(ボディバランス整体院院長 殖栗正登氏)

足を上げてから接地するまでに要する時間はアマチュアのトップレベルで1秒を切る投手はいない。
プロの投手でも速い方で約0.9秒だ。

それがレッド・ソックス・松坂(0.54秒)、阪神・藤川(0.70秒)、日ハム・ダルビッシュ(0.82秒)
らの速球派は1秒を切っているというデータもある。(つづく)

由規投手はなぜ161キロを投げるのか(下)

  • 2010/09/09(木) 19:50:36

由規投手はなぜ161キロを投げるのか(下)
ーゼロから100理論ー


由規の成長は、1年上の「マエケン」こと広島の前田健のアドバイスも大きいという。
6月19日の広島戦後、ヒントをもらった。
「リリースの直前まで腕の力を限りなくゼロにして、ボールを指から離す瞬間に一気に100に持っていくといい」と教わりました。

その為にボールを浅く、軽く握る必要がある。

初めは(途中で)ボールを落としちゃって、握るのも難しかったですけど、今は少しづつ形になってきたと思います」(由規)

さらに、彼は進化を目指しているようだ。
161キロをマークした試合後、僕の変わった(バランスの悪い)体を生かすには、(興南の)島袋みたいに
体全体をさらに後ろへ大きくひねってから戻す力も利用して投げ込めばば、もっと大きな力が出て、スピード
が増すかも、こういうふうに」と言って、手に持っていたコーラの缶を手でひねりつぶした。



ここで紹介したマエケンの「ゼロから100理論」は、よく言われるテークバックで力を抜いて(リラックス)思いっっきり投げよ、ということなんですが、ここまではっきりと数値で表現されると理論として速球派を目指す投手には参考となるのではないでしょうか。

また、「ボールを浅く軽く握る」はダルビッシュがマー君にアドバイスした事と一緒でもあります。(おわり)

由規投手はなぜ161キロを投げるのか(上)

  • 2010/09/06(月) 19:30:50

由規投手はなぜ161キロを投げるのか (上)

8月26日の横浜戦でヤクルトの由規投手が日本人最速の161キロを出したというニュースがありました。
彼は身長179cm、体重80㌔で、特別体格に恵まれていないという。
もしろ(プロでは)標準以下の彼がどうして日本人最速を記録できるのか?
(日刊ゲンダイ9/4より)

彼の体格の特徴をトレーナーはこう言っています。
「由規の体はすごくアンバランス、上半身はひょろっとして、腕も太くない。対照的に下半身はどっしりしていて、おなかも出ているおっさん体型だです」(笑い)柔軟性も上と下ではまったく違う。上半身はとてもしなやかで柔らかい。

高校生から肩やヒジを一度も故障していないのは、この異常なほど柔らかいからだという。逆に下半身は柔軟性がなくカチカチに硬い、特に股関節の稼働域が狭い」

短所である下半身の硬さが逆に強固な土台となり、柔軟な上半身からのパワーを受け止める。
伊藤一軍コーチはこれを「まるでピッチングマシンのよう」と表現している。



運動生理学に詳しい、スキーのナショナルチームのフィジカルトレーナー平井氏は、

「建物と同じで土台がしっかりとしていなければ、上には建てれない、由規投手のように股関節が硬くても、安定し、上半身との“連動力”があれば、速くて球威がある球が投げれる。
それは肩も同じ。パワーをつけようとアウターマッスル、いわゆる外側の筋肉だけを鍛えても意味がない。
内側から引っ張るインナーマッスルも鍛え、外と内の筋肉がスムーズに連動するようにしなければ、パワーが
出ない。
剛速球は生まれません。

背筋力とか脚力とか、数字の取れるデータの筋力は投球にはあまり関係ない。

数値に出ない、関節の使い方や筋肉をいかに連動させられるかが重要なんです。そういう意味で彼はトータルバランスに優れているんだと思います。

読めばあーそうかと思いますが、実行は練習で感覚をつかむしかないですね。
それでも、上半身を鍛え過ぎるのは私はどうしても故障の原因をつくる筋肉を増やすようで、素人ながら関心しないです。

中大の今年のドラフト1位候補、157キロ右腕・沢村拓一投手(4年)をNHKで数ヶ月前に特集で紹介していましたが、上半身を鍛えに鍛え抜いていましたが(勿論下半身もですが)、少しこんなに鍛えて大丈夫だろうかと人ごとながら心配したんのですが、やはり世界大学野球選手権を、右脇腹を負傷して辞退してしまいました。
今回の話と関係ないかもしれませんが、 「上半身はしならせて下半身と連動させる」のが一番よい。
鞭のようにしならせると言いますが、鞭の先っちょは“ふにゃふにゃ”であることを一度考えてみましょう。
(つづく)

好投手攻略法

  • 2010/09/03(金) 09:06:03

好投手攻略法
ー相手投手がよい決め球を持っている時に、どのような指示をするのか?ー

落合は相手投手の決め球を狙うと言っています。
なかなか打てないので「決め球」であるのでしょうし、好打者であるから言える言葉です。

しかし、WBCの日本代表の分析参謀を務めた三井康浩氏は、「好投手ほど一番よい球を狙う」がポイントだという。

メリットのひとつは、相手の得意球を「見極めろ」と指示すると選手は消極的になり甘い球も見逃し気味になる。ほかにもよく言われるのは「低目を打つな」ではなく「高目を狙え」、これだけで選手の心理は変わってくる。

WBCでも韓国の左腕の金広鉉投手には、武器とするスライダーを思い切って狙い2回途中でKOした。

確かに、相手の得意球を打つのは難しいが、でも狙われていると思えば相手はいろいろと考え出す。
難しいコースに投げようとして、簡単にストライクを取れなくなることももある。



私は案外、この効果は大きいと思うのです、チーム一丸となって“いつもやられている投手”には、やってみる価値はあるそうである。

中学生最後の試合

  • 2010/09/01(水) 22:34:37

中学生最後の試合

もう2週間前になりますが、現在の3年生がチーム最後の大会に出ていました。
当然負ければ、もうこのチームでの試合はありません。

このチームには本当にいろいろなことがありました。

チームの方針の違いによる分裂、選手の移動、チームメートの病死、そんなことだけではないでしょうが、最後の年では、公式戦、トーナメントではなかなか勝てませんでした。

そんな折、最後の大会で、息子が2年生から引き上げられた6名に入ったこともあり、少しでも役に立てばという思いと私なりの感謝の気持ちもあり、その応援にはどこまでも付き合う気持ちでした。

そんな中、ついに二回戦(初戦)を勝つことができ、選手も親も大喜びです。
勝つ感触を忘れていただけに、ここで勝つか負けるかは大違いです。
翌日も滋賀の球場へ足を運び、「今日勝ったら明日はベスト4、明日は月曜日だし、指導者や応援は大丈夫な?」という心配までする始末です。

結局、それは取越し苦労となるのですが、13-10(ぐらいだったかな)という、お互いのミスもあるものの、壮絶な打ち合いとなり、逆転また逆転の応援し甲斐のある楽しい試合でした。

ですから、試合終了後の記念撮影は盛り上がり、全員写真から、3年生のみ、選手指導者などいっぱいいっぱい
撮りました。 

もう終わりかなというところで、今度は「息子とお母さんのツーショット」が始まりました。

照れくさそうな息子、逃げまくって嫌がる息子といろいろな場面がありましたが、お母さんの目が本当に嬉しそうなんですね。

肩を抱いている方もいたりして‐‐‐

お母さんはやっぱり息子が大好きなんだ~ 



うちなんか、いろいろ聞くと「うざい!!」とか、帽子が洗ってないときなんか「本当に役に立たんやつやわっ」など、よくもそんなこと言えるもんだなと息子を叱るのですが、やっぱり感謝の気持ちがないというのでは、
野球する資格もがないかもしれません。

何も、感謝をおしつけることはないですが、そんな思いがあれば必ずプレーにも現れるものです。

この子たちも、卒団式となれば「感謝感謝のオンパレード」でお涙頂戴となるのでしょうが、そんなセレモニーの時だけでお茶を濁すようではいけないんだよ。

言葉ではなく、あきらめない気持ちと全力プレーで応えてほしいと思います。

最近、奄美の新聞で、「離島の子供たちの全力プレーに感動」として、離島では試合をするにも船(飛行機)で渡るなどして、金銭的も労力でも親の協力なくしては試合ができない。子供たちは“そんな親に全力プレーで感謝の気持ちを表している”
負けた時には子供たちは「こんなに応援してくれた親の為にも勝ちたかった」と涙ぐんだとあった。

チームには、自分には戦う目的がある。それは強い弱い、上手い下手は関係はないのです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。