スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球の表彰や選考 その2

  • 2008/11/30(日) 00:44:07

野球の表彰や選考 その2
ー大学のベストナインとドラフトー

またまた古い話で恐縮ですが、東京六大学野球や東都野球大学などで公式戦終了を待って「ベスト・ナイン」
なるものが発表されます。
それを見ていて「おやっと」思ったことがありました。
まずは、東京六大学野球ベスト9
このサイトは歴代のベスト9ですので壮観です。
東京六大学野球ベスト9

今回の話題は
東都六大学野球ベスト9
ですが、実は今年のドラフト1位に選ばれた広島の外野手の岩本貴裕(東洋大)と日本ハムの大野奨太(捕手)の2人ですが、ベスト9が満票ではないんですね。別にめずらしいことではなんでしょうか?
私は、「おやっと」思った点はドラフトで1位に選出されるような選手でも満票にはならないし、外野手においては次点にもならないことがあるということです。
 みる人の視点が変われば評価も変わるということでしょうか?
 それともドラフト1位の質が落ちているのでしょうか?
 
 また、育成ドラフトにおいては未完成でも「一芸に秀でているものを指名する」という方針だという球団も多いといいます。
「何かにずば抜けて優れていれば、他は何とかなることもある」ということもあるということで・・。

 そんな好例が、ヤクルトの古田前監督です。
 野村監督して「強肩だけど、打撃は二流、リードは三流」と言われてたそうですが、首位打者1回、
ベストナイン9回、ゴールデングラブ賞10回ですから一流ですよね。
 それでも、ドラフトにかかる時にスカウトが野村監督に言った言葉はこうだったと言われます。
 「肩は無茶苦茶強肩だけど、バティングはからっきしだめな選手がいる」
 当時はまたメガネの捕手は大成しないと言われていましたから、そのジンクスも破ったこともあります。
 「のびた君、恐るべし」ですね。

スポンサーサイト

野球の表彰や選考 その1

  • 2008/11/27(木) 23:00:51

野球の表彰や選考 その1
ーゴールデンクラブ賞で思ったことー


少し、いろんな選考について書いてみたいと思います。

プロ野球にゴールデングラブ賞なるものがあるのはご存じでしょうが、これは守備における「ベストナイン」です
、しかしこれは記者投票なるもであるらしく、最近はどうみてもオカシイという選考があるようです。
今年のゴールデングラブ賞を見てみると、
http://www.mitsuipr.com/mgg/member.html

授賞式においても、自分自身が信じられないという表情であった選手がいたという。
ダルビッシュは、「涌井のほうがどうみても僕より上手い」と言っているようだし、阿倍慎之助は!?!?は打撃優先のベスト9型の選手だと思うのだけど? 盗塁阻止率もあまり高いとは言えないよね(この点は違っていればごめんなさい)。

カブレラに至っては、 「悪い冗談じゃないだろうか」(あくまで私見ですが)

最後に、中村 紀洋(ドラゴンズ)ですが、彼は見かけによらず、グラブさばきも上手いのですが、府に落ちないことがある。
落合監督は、彼の守備に不満があり今年は一塁へのコンバートを考えていたというのではないか?(結局は楽天へ移籍)
6球団で一番上手い選手(受賞ということで)の守備に不安?とは、贅沢というか望みが高いのでしょうねにか
この落合というかたは・・・。まあ、チーム事情もあるでしょうが、「高望み」の監督さんだから「強いチーム作り」ができるのでしょううきゃ

それでも、WBCは「高みの見物」ということでは、野球ファンの怒りを買うかもしれません。
(つづく)

車が売れない その2

  • 2008/11/24(月) 13:11:55

ではその日本崩壊は何から始まっているのか・・・

これは特に○天堂というゲームメーカーというかポータブルゲーム機である。
まあ、漢字や熟語のお勉強もできるので・・とそんな甘い判断は禁物です。
 子供たちへの余暇(時間)の過し方を、徹底的に これでもか、これでももかと教えてくれた。
 一人で遊べるこんな友達は、今の子供には先生よりも親よりも大切なもの。

私はこれに熱中する子供についに堪忍袋の緒が切れて、それを家に隠してしまったことがある。
一か月は使わせない旗うーん
しかし、1ヶ月後に子供に帰してと言われ、何と隠した場所を忘れてしまった 
 それで弁償である。不覚と言えば不覚であるがこんな小さな家でどこへ隠したのか、私の物忘れはすでにかなり進行しているかもしれないという出来事であった。へタレ!
思い出しただけで悔しいが話をもどして、
これによって、子供達の会話能力をかなり奪ってしまった。
相手(人間)に興味を示すことをまったくなくしてしまった子供たちは、「なぜ?と問いただす」「質問することもなくなっている」
 犯罪においてもしかり、まさしくゲームの「リセット」感覚や、残酷(むごい)ということが現実よりゲームの中で日常に行われて麻痺しているのではないかと考えられないわけではない。



 先日の卒団式においても、ほぼ全員がテレビゲームを持参でした。(まあわが子だけはもってきていなかったのが幸いだったが)
 あとにカラオケへ行ったのですが、覗いてみるとカラオケは一人が歌い残りはテレビゲームで遊んでいる光景をみて唖然とした。


テレビゲームはまた、親から学ぶということを極端になくした。親子のコミュニケーション不足をもたらした。
それでも、それに気づいている家庭では一応の制限を設けていることでしょう。

教育格差とは何も塾へ行っているということではありません。すでにそんな家庭教育からも始まっていると思う。少なくとも、子供にやりたい放題の家庭は危ない。

さてそれで、どうして車が最近売れないんですか?
つまり、車は二人のコミュニケーションの場であったのに、もう一人で遊べれば十分ですから。
遊びの多様化もあるでしょうが、本質的には間違っていないと思うんですが、いかがでしょうか?

車が売れない その1

  • 2008/11/22(土) 12:22:49

ここ愛知ではトヨタショックがすさまじい。
車が売れない。

これはは不況が原因であることは当然ですが、何もなくても実は「車は売れない状況ではあった」。
つまり、ここ数年、若者が車を持たないのが別に特別ではなくなっていたのである。

そういうことを書くと、昔は車を持たないのは特別であったのですか?
という問もありそうですが、私が知る限りは、「大学生の仲間ではほぼ100%持っていた」
親が買ってくれるもの、自分のバイトで買うものもいた、それが新車か中古車の違いである。
「ない?」ということがわかれば、どこか体が悪いの? 彼女はいらないの? 
いわゆる必需品であったと思う。

引きこもり、おたくという言葉がまだない時代では、読書をする若者、テレビだけが楽しみであっても、大半を自宅で過ごすこともなくもっと行動的であった気がします。

学校では、車の話が飛び交っていました。マツダのロータリーエンジンは・・とかスカイラインの走りとか・・。
そんな車が売れなくなっても、時代が変わっていればしかたがない(で済む問題ではないですが)ですが、それが人の心の問題に及べばこれはもう社会的な現象であり、しいては日本はどこへ行くのかと憂慮するのです。



私は実は日本の崩壊が今始っているとすれば、その原因を思いつくままあげなさいという問題が出れば、「一にゆとり教育」「二にテレビゲーム」三、四がなくて五は自身がないが「叱らない親」であると思っている。
 今回は「車が売れない」がテーマであるので、「二にテレビゲーム」を取り上げる。
 (明日につづく)

そろそろ進路を決める時がきたが・・ その1

  • 2008/11/20(木) 23:30:27

そろそろ進路を決める時がきたが・・
ー中学3年の娘編ー

我が家においては、子供にするべくもなく(まあほとんどがそうでしょうが)、公務員にさせたいわけでもない、ましては教師一家でもなく、家を継ぐわけでもなくごくごく普通のサラリーマンである。
結局は子供の自主性といえばかっこいいが、やりたいようにさせているのです。

娘も今年高校受験であるが、将来の夢があるわけではなく、つい最近まで「お母さんみたいになりたい!」
それでもお母さんは、最も嫌うお父さんと一緒になったわけだから、やっぱりお母さんにはなりたくない。
じゃ~どーるす?
お父さんと一緒にならない、お母さんになりたい。ガーン




そして、全く受験勉強にピリピリしたところがない我が家なんだが、娘曰く「勉強は楽しいよ!」
勉強は嫌いではなく、塾もちゃんといく。かといって机に向って猛勉強しているわけでもない。

そんなわけで、志望校においても、俗にいう地元の進学校へ進む意欲はなく、
まあ上を目指すのではなく無難な公立高校を受験するようだ。

親がこうしろというわけではなく、結局我が家では教育方針がないかもしれない。
「わたしもそうだったから・・・・」私に似ているかもしれないと言う妻は言う。
何が似ているか?
 普通に勉強して、普通の学校にいき、普通に地元の企業に就職して・・・・。
 順風満帆な生き方を変えたものは、一番大事な永久就職先を間違えたことらしい。
 生まれ変わったらもう二度とあなたとは一緒にならないが口癖であるが、世の中の夫婦に
 もう一度一緒になりたいという夫婦はどれぐらいいるのでしょうか?

 たかが夫婦、されど夫婦。広い地球で巡り合えた一人ですから私はそんな暴言ははきませんよ。
 でも、生まれ変わったら、もう一緒になることは絶対にありません。
  
 それは、どうしてかって?
 私たちは、人間に生まれるとは限らないからです。
 人間に生まれる確率は、どんなに生まれようとしても、叶えられない数字で、何十億分の1だそうです。だから、私は生まれて来たことについて、感激をしています。 
(なんか優等生的な発言だよな)にこにこ
 
 それでも、最近一人で旅(まあ仕事ですが)で、朝の散歩時に風に流されて、きままに飛ぶ鳥を見て、つい、「おまえは、いいなっ!」って呟いてしまいました。

 人間はいつでも、自由に飛んでいたいんですよね。

 そんなわけで、若い人は知らないかもしれませんが、今回は
 赤い鳥「翼をください」を聞いて下さい。
 http://jp.youtube.com/watch?v=-fNOdvnc9sg  

 徳永英明「翼をください」もどうでしょうか?
 http://jp.youtube.com/watch?v=-jBtH8hwtzU&NR=1

久し振りに聞いたんですが、なつかしいな~ 

日本シリーズで思ったこと その3

  • 2008/11/17(月) 00:31:26

日本シリーズで思ったこと その3
 -このボールをものにせよー

西武の岸投手の投球はみごとでした。
そこで、度々使っていたボールが実はカーブですが、これがストライクが取れる上に、タイミングが合わずなかなか打てないというか、見逃しが多かったですね。

このカーブですが縦に変化するということで「ドロップ」と昔は読んでいましたが、今はれっきとしたカーブです。

そこで、楽天の野村監督がマー君にこのボールの習得命令をだして、早速練習にとりかかったという記事がありました。
マー君に岸のカーブ取得命令

ここでの注目は監督も言っているように、このカーブが普通はひねるのに抜くように投げられているという点です。
 変化球にも流行りがあるようですが、この抜く系のボールもこれで「チェンジアップ」「フォーク」と「岸カーブ」でしょうか。
 ストレート系でも、「フォーシーム」「ツーシーム」「カットボール」「ジャイロボール」」など、ひねる系?でも「(従来の)カーブ」「スライダー」」「シュート」、まだまだいろいろありますが、やはり基本は「威力のあるストレート」があってこそ生きるということです。
 そういう意味では小学生はストレートだけで押さえている訳ですから、大変なことです。( ^^)

よく、○○を投げすぎるとストレートに切れがなくなってしまうということを聞くにつけ、多彩な変化球を持つ投手とは本当に器用だなと岸投手のボールを見て感じました。

日本シリーズから その2

  • 2008/11/15(土) 00:11:22

日本シリーズから その2
ー片岡の走塁から思う その2ー

片岡がランナー三塁でみせた2つの走塁

これについては、実は今シリーズでは一番驚いた。
ひとつは、ショート正面の当たりで楽々アウト。
もうひとつはボテボテのサード正面のあたりで余裕でセーフ。

まあどちらも作戦としては同じ。ひとつがいい当たりで正面であり、ひとつは少しボテボテ。
でもこれもサードは前進守備であり普通であれば試合を決めた2つ目も楽々アウトでしょう。

驚いた理由は、この戦法がプロ野球であるということです。
実は中学校での軟式は、打者がボールに当て、下へ打球が向かえばゴロであればゴーという作戦。
(打者が絶対にゴロを打つという条件で当たればゴーかもしれません)
そんなものが作戦としてあるということを読んだことがありますが、まだまだ小学校ではあまり見られなく、スクイズが主流であるようですが、みなさんの地区はどうでしょうか。

しょせん守備は小学生であることを考えれば、これは接戦であればかなり有効な戦術であると思います。
 外されれば、振らなければよいですし、練習をすれば、中間守備ぐらいならピッチャーゴロ以外ではほとんどセーフかもしれません。
 特にスタートが早いとランナーが目に入りますのでミスに繋がりますし、相手としては自チームにない作戦を使っての得点されたという動揺で非常にダメージを与えることも考えられます。
 1点を取る作戦にひとつ加えて練習しておいてはどうでしょうか。

 それとこれを練習する効果がもう一つあるとすれば、三塁走者の打球の状況判断をさせることができることかもしれません。
 経験を積んだトーナメントで勝ち抜くチームはそんなことはないでしょうが、ライナーで飛び出してしまう子がよくいます。それはまだそのことが頭に入っていないかもしれません。
 まず三塁ではタッチアップがどうしても先で頭から離れず、いい当たりではつい飛び出してしまいます。

 このバットに当たった瞬間にゴーという練習は、どういう打球で判断するかというものに、ゴロ、ライナー、フライの判断と、慣れてくれば飛んだ場所やコースによる判断を組み合わせも出来、初心者だけでなく、上級生にもとてもよい練習となると思いますがいかがでしょう。

腰が高いはなぜ直らないのか その4

  • 2008/11/12(水) 10:36:21

腰が高いはなぜ直らないのか その4

前回は低くするタイミングは難しいので、「最初から低い姿勢を徹底させる」ことを書いてみました。
ようは、ボールによって低くするのは難しいので、それなら早いボールに備えて低くして、高いボールはそれに合わせて伸びればよいということです。

さて、今回は少し視点を変えてみます。ボールの高さや「弾むバウンド」はどこから見ると判り易いでしょうか?

これは紛れもなく横です。
誰でも判ります。
横から見ればボールの弾む場所が予測できることもできます。
少なくとも正面よりは確かであることは容易に理解できることでしょう。

よく三塁側ベンチから見ていると何気ないバウンドを「ショート」や「サード」(一塁ベンチではセカンドやファースト)がなぜ一歩前へ出ないんだと言われ場面がよくありませんか?

実はここに、ゴロ採りの極意があるのです。
もうお解りですね。
正面にきたボールは守っている選手はなかなか打球の判断は難しいものなのです。
ですから、ゴロ捕球においては、少しでも余裕があれば、「必ずボールの飛球ラインから少し右へ外れて横から入っていくこと」が大事なんですよ。 バウンドがどうしても合わせるのが不得意だとか、緊張した場合に足が動かないとかいう場合でも、基本的にこれが出来ていれば、少し始動が早くなるので“つまらないミス”が減ることでしょう。
 これは、大抵の送球が捕球してから左へ(一塁)の送球ですので、一連の流れとしても理にかなっています。

 正面に入れということも大事ですが、最初から正面のままでは体が止まってしまいます

これにはまだまだいろんな効果がありますので、また書きたいと思います。
さて、このボールのラインから少し右から入って正面で捕球するということは、どこから聞いたかということですが、実は守備の名手の高木豊さん(大洋ー横浜)の一言です。
“私はプロに入ってエラーもよくしたのですが、○○コーチからボールは正面から入ったらいけない”と指導され、それから少し横から(ボールを見て)入るようにしました。
 そうしたら、翌年のエラー数は激減してゴールグラブ賞を頂くまでになりました。
 それほど、大事なことなんです。
 もちろん私はプロに入ってからもそれを知らなかったんです。

 どうですか、些細なことに思いますがそれほど大事なことなんですよ。
 (つづく)
 

日本シリーズ 片岡の走塁から その1

  • 2008/11/12(水) 09:54:16

日本シリーズ 片岡の走塁から その1ー盗塁に必要なものー

先週は出張もあり、一題もかけずごめんんなさい。ロビーにはパソコンもあるのですが、なかなか向き合えなくて。さて、まとめて3題ぐらい書き込んでみます。

今年の日本シリーズは面白かったという評判ですが、私のひいきもありますが、後半の試合はみごたえがありました。
片岡の走塁、岸の好投、監督の采配など巷でも言われていますがこれについて折角ですので書いてみます。

ー片岡の走塁についてー

ここで私は、普通に彼を絶賛するのでなく、違う視点で書いてみます。

1.彼も2度の失敗があったが、それはどうしてか?
 第1戦の初回先頭打者で出た、彼は上原のけん制でアウト。
 彼は5回盗塁して失敗ゼロですから100%の成功率ですから、これは凄いです。
 かって最速だと言われた、福本が日本シリーズではほとんど刺されて走れなくなってしまったことを考えれば、これは偉業でしょう。
 この初回のけん制アウトでひるまず、2盗を試みた「勇気」「姿勢」を称えるべきかもしれません。
 よく、盗塁はプレッシャーに打ち勝つ強い気持ち、つまり「勇気」だともいわれます。
 勇気には、よいスタートをする「ここだ!」という一瞬の勇気。
 この場面で走るという状況判断での選択の勇気。 
 この二つが必要だということでしょう。

 彼は単独スチールを許されているのですから「この2つの勇気を兼ね備えた」すばらしい選手だということではないでしょうか。
 ある解説者が、「この初球で走れたら凄いと思いますが、彼なら走ると思います」と言っていましたが、彼は走りました。
 それでも、ある場面では3球目に盗塁。2球つづけて直球なので次は変化球だという読みでしょう。まあそんなの当たり前と言われますが
大事な場面で冷静な判断ができるのも素晴らしい。

 そこで、少年野球や中学野球の関係者もやはり走塁は武器になるな、練習をさせてどんどん走らせてみよう!!
 と考えたかもしれません。

 そこは、もうちょっと冷静になるべきかもしれません。
 いろいろ審判の誤審が言われますが、あの片岡の盗塁は「楽々セーフは1回ぐらいしかなかったのではないでしょうか」
 どれもギリギリのセーフです。足がほんの少し早く入ったかな!? テレビで見ていると「アウト」?というものも私にはありました。
 スローで見てもどちらともわからないものもありました。

 これは何を意味するのか?
 結論を言えば、少年野球の素人審判であれば、「半分はアウト」かもしれないということです。
 あれぐらい送球の場所(タッチしやすいところ)へ来ていれば5つあれば3つはアウトでしょう。
 判定の位置でも、セカンドベースとピッチャーの間(一塁寄り)からみれば、足が先に入ったなど判るすべもなく、タイミングでアウトと言われるでしょう。
 ですから、いくら足が速いと言っても、大事な走者はむやみに走れないのです。
 そんなことは、監督さんはちゃんと知っているのでしょうが・・・・。

 今日の格言:盗塁の成功に必要なもの
走る勇気と状況判断、特に2塁の塁審には注意すること!
 (つづく)

高橋尚子さんの引退 その2

  • 2008/11/09(日) 09:22:41

高橋尚子さんの引退 その2
走る姿からいつも思っていたこと

私はQちゃんのあの走る姿からいつも思いだしていたものがあります。
それを少し書いてみようと思ったかは、「Q]という言葉があったからです。

まずがその走りですが、何に似ているかは「ピグモン」です。
知っていますか。
ボンボス稲葉さんのブログにありましたのでリンクと写真を紹介します。
ピグモン
どうですか?この手の形、この動きがQちゃんの走る姿とダブってしまっていました。
そしてこのピグモンは「ウルトラQ」というテレビ番組で初登場でした。
子供の頃に夢中で見たものです。今でもあの冒頭の音楽 タ・タ・タ・タ・タ・タ・タ・タ・タ・ターン・タ・タ
が出てきます絵文字名を入力してください



「Q」と「9」でも呼び方は違うのですが、野球でいえば、日本シリーズでも埼玉西武の渡辺久信監督も「なべQ」と呼ばれているようで、背番号も「99」
さて、日本シリーズは今日が最終戦ですがどうなることでしょうか?  

私はやはりパリーグファンですので、埼玉西武を応援することになりますが、茶の間では意外とその一部の西武ファンとかなりのパリーグファンとアンチ巨人ファンで巨人ファンを圧倒しているような気がします。えへへマーク

忘れられない食べ物

  • 2008/11/07(金) 10:17:05

日本旅行記
忘れられない食べ物 ー宮崎地鶏ー

旅行でも出張にしても楽しみは食べることですが、わたしがどうしてももう一度食べたいと思うのは、本場の宮崎地鶏です。

私が「やみつき」になったのは、普通の炭火焼でなく大分都町にある「丸万焼き鳥」のもも焼きで、片ももを絶妙な味付けで出してくれます。

巨人の故牧野コーチが、当時在籍したヘクター・クルーズを宮崎でもも焼き屋へ連れていき、普通は1本であるのだが、なんと7本も食べたという逸話があるそうだ。「こんな旨いものは食べたことがなないと言ったとか」

★もも焼き
○大分県:丸万本店 大分県大分市都町3丁目2-21-1F (宮崎の丸万との関係は不明ですが・・おいしい)
○宮崎県:
その1「おぐら本店」のチキン南蛮(インターネットで探したので私は食べていないですが、宮崎出身の寺原投手も、帰省の折には必ず寄っていたそうです。
らしいという情報がる。
​http://tabirin2.exblog.jp/3187941/​
その2 宮崎県産地鶏の店「丸万焼鳥 本店」地元でもかなり有名な創業50年の老舗です。
食べるのはもも焼きですよ!

でもホームページにきれいな紹介がありましたのでこれをリンクさせていただきます。
宮崎地鶏

投げ腰が高いはなぜ直らないか? その3

  • 2008/11/05(水) 08:24:43

腰が腰が高いはなぜ直らないか その3
 
これを書き始めて2週間、自チームや審判をやったり時にトンネルをまたまた目にしてきました。

まあ、トンネルにもおおきく分けて2種類あるみたいです。
1.ひとつは元々腰が落ちない子
  手を下へのばして「感捕り」で取ろうとするので時には上手くみえるが、グラブの芯で採るという意識がないので、早く送球をしようとした時には目が離れてミスを招きやすい。

2.もうひとつは、腰は落ちているのだが、どうしても落とすタイミングが遅いので、突然の早いゴロにはおいつかなで、(腰を)落とす途中で抜けてしまう。

どちらもよくないのだが、この2つをまずなくすことからはじめてみたらよいのでしょう。
じゃどうするか?

ボールに合わせて腰を下ろすのは難しい
だったらどうするのか?
それなら最初から腰を落してボールを採る形をつくればよいのじゃないか?

腰を落としてボールに向かってこなければ、ノックをしないを徹底してみる。
前回紹介した手首を逆に折る形(相撲の「どすこい」の形で指が下になるようにして180外へ回す)
で地面につけて構える。
ここからスタートしてまずは、腰を上げないで前進することを徹底します。

そりゃ少しぎこちないでしょうが、とにかく、低くスタートして低い姿勢でボールを採る形をつくります。
これが出来たら次のステップへ進めます。
ノックをしてから、結果で「腰が高い」「腰を落とせ」という指導はもうやめましょう!!

投げ腰が高いは直らないか
腰を低くするタイミングは難しい、ならば最初から低い姿勢を徹底させる。

高橋尚子さんの引退 その1

  • 2008/11/02(日) 00:39:27

高橋尚子さんの引退 その1
10年に1人の選手

Qちゃんこと高橋尚子が引退しましたね。
ある人によれば、女子マラソン界では10年に1人の選手とか言っていましたが、やはり人気、実績でもそうでしょうか。びっくり

で、現在は誰が見てもNO1は故障したといえ、野口みずきでしょうから、この強さはやはり10年にひとり!?
これで20年で2人の大物選手。
でも~、有森さんの粘りや、増田さんのあの軽やかな走りも私は好きなんですが・・・・・。
じゃ~この2人は5年に1人ぐらいなのか( ^^)



これについては、野球界でもよくあることである。
清原の高校生時代は10年に1人などと騒がれたのですが、今年のドラフトで巨人に1位指名された東海大相模高校の太田泰示君も10年に1人の逸材という見出しがありました。

でもちょっと待った!!
昨年日ハムにドラフト1位で指名された中田君も10年に1人だと言われていたような!?
10年に1人の逸材2人が2年続けて出てきてしまっちゃいましたぽけー
来年も怪物クンは出てくるのでしょうか( ^^) _


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。