スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「和田の130キロ台はなぜ打ちにくいのか」 その2

  • 2008/09/29(月) 07:02:47

「和田の130キロ台はなぜ打ちにくいのか」
ー野球人のほとんどの欠点ー

なぜか打てない和田投手であるが、大学1年の新人戦で129キロしか出なくて、野球をやめようかと
思うほど落ち込んだということである。

その時、学生トレーナーの2年上の土橋君が「フォームをよくすれば140キロはでるよ!」と言ってくれたので「何言ってるんだ、こいつ!」と思いながら二人三脚でフォームの改良をすることになる。

それから、2人で球速アップに挑むわけなんですが、そこで彼の最大の欠点は何であったのか?

聞けば、なんだそうかと思いますが、 
「体の開きが早い」
 つまり“下半身がうまく伝えていない”
 それをどのように直していくか?

 それは、「股関節の柔軟性を持たせる」ということだったとあります。

 私も小学生の高学年で、投手に限らずゴロ捕球において“腰が高い”、送球の際の“体の開きが早い”を直せない子の共通することは「股関節の柔軟性がない」ことに気づきました。

ただ、これは「打つ」、「投げる」姿からは中々解らないようですが、注意深く見ていると解ります。
小学生に限らず、いま一つ野球が上手くならないということの原因が野球を知らないとか、集中力がない、反射神経が悪いなどということもありますが、ほとんどのことはこのことに起因してきます。
「体の開きが早い」=「股関節の柔軟性がない」

 

スポンサーサイト

このフォームは力強く正しい投げ方

  • 2008/09/25(木) 16:30:39

このフォームは力強く正しい投げ方

日本ハムの多田野投手のフォームを見て、吉井コーチが言ったことばです。

投げる瞬間は踏み出した左足がつっぱり、背すじと腰が垂直に伸びる。操り人形のようにギクシャク
した動きと言われる。

すると吉井コーチが言った。
「え? アレのどこがヘンなの?」と驚きの声をあげた。
「理にかなったフォーム。投球の際に足を上げよとか教えるけど(多田野は)ちゃんと出来てるよ」

吉井コーチはしばらく考えるとこう続けた。
「あれを立ち投げっていうのは野球を知らない人だよ。日本人は足を遠くに踏み出すフォームを、
「足腰を使っている」というけどそれは間違い。
多田野のようにその場でマウンドを踏みしめて反動を力にする投げ方は、下半身が強くなければ
できない。外国人投手の多くも同じことが言えるよ。マウンドが硬いメジャーではそれが正しい
投げ方。最近では日本のマウンドも固くなってきているからね。



大リーグを渡り歩いた吉井コーチが言うので説得力はあります。

実は私は立ち投げに見えてしまう一人です。
大リーグでは確かにこのような投げ方が多いのだろう。
私も、まだまだ野球を知らないのかもしれません。照れぶた

まだその投球を見たことがない人は「ニコニコ動画」からリンクしておきます。
多田野投手

横浜ベースターズが指名直前で「ある事件が発覚して」回避した記憶があります。
そこで彼は海外へ活路を見出した。
何かと話題の多い多田野投手ですのでヤジが酷いですが、よいチームに入ったかもしれません。

和田の130キロはなぜ打てないか

  • 2008/09/22(月) 17:39:14

和田の130キロはなぜ打てないか その1
 -まずは一度読んでみるー

この書籍は読み物としても、ピッチング理論としても面白く、いま読み返してブログのネタにしたいと思っています。

先の出張の際に、ちょいと「ヤフードーム」へいったことを書きましたが、そこでの先発投手がこの「和田」でした。
不思議なピッチャーで立ち上がりが悪くても、自分で調整して立ち直ってきます。
完投能力の高い投手ですね。

球は決して早いというわけではありませんが、その時々の選手が「みんな手元で伸びる」と言うということです。

そんなピッチングに興味を持って、この本を読んでみましたが、
「体が早く開くのはどうしていけないか」なども分かり易く書いてあります。

私はキャッチーボールで子供に言い聞かせる、
「必ず投げる方向へ足を踏み出せ」も力のロスをしているので、強い球が投げれないということも、本には書かれています。

これを読むだけで、ひょとしてあなたの周りの監督、コーチよりは理論武装できるかもしれません。惣流・アスカ・ラングレー

和田の130キロ台はなぜ打ちにくいか (講談社現代新書)和田の130キロ台はなぜ打ちにくいか (講談社現代新書)
(2005/07/20)
佐野 真

商品詳細を見る


この本からヒントをもらってすこし書いていきたいと思います。

合同練習に行ってきました

  • 2008/09/18(木) 17:23:13

合同練習で刺激を受けた

当Aチームは6年生が6人ですので、夏の大会が終わると秋まで(10月)公式戦がありません。
いろんな大会へ出ているチームもありますが、どうしてもAチームに5年生3人と4年生が必要となりますので、Bチームの試合を考えるとなかなか事前に練習チームを決められないのが現状です。
 そんなことから、先週の日曜日に親しくしている春日井の「ニュータウンジャガーズ」さんに合同練習をお願いしてノックや紅白戦(当チーム6名とジャガーズの連合×ジャガーズAチーム)2試合をさせていただきました。
 相手チームで一緒のチームになった子も元気な子が多く、ヒットを打てば相手からも拍手などもあり、良い雰囲気で試合が出来ました。
本当にありがとうございました。 
 子供だけでなく親も刺激を受けたようです。

 特に子供に容赦なく浴びせられる叱咤、罵声(例えばやめちまえ~)など、我がチームでは考えられません。絵文字名を入力してください
何せ、やめられたら試合が出来なくなってしまいます。

 人数が大勢いるってすばらしいことですね。
 大勢いることの悩みはそれはそれであるでしょうが、B戦(5年生以下3年生まで)フルメンバーで12人とは悩みの種類が違います。 
B戦、C戦も当日試合があったようで、続々戦士達が戻ってきて大将?に報告があり、指導者や親も励みがありそうです。はぁとはぁと

 さて、ノックでは「止まるな」、「一歩前へ」、「腰が高い」などをを指導していただきましたが、野手においてはやはり止まってしまうことは、反応を鈍くさせます。
 よく止まって見えるようでも、動きのよい子や上手い子は例えば左足を踵から踏み込んだり(右投げ)、腰を低くする、グラブを下から出すなど、常に一連の動作や動きがあるはずです。

 特に、
1.両足を開いて捕球の動作に入る時は左足を踵から入ることは必要です。
 強烈な打球が正面に飛んできたり、飛び込むほど強烈な左右の打球、前のボテボテのゴロでは対処しようがありませんが、
 ほとんどのゴロ捕球に関してはその形を、壁投げなどによって体が自然にそうなるようにしたいものです。
 緊張は心の緊張だけではありません。
 動作が止まってしまうことによる、筋肉の緊張もちゃんとほぐしてあげましょう。

 さて、一番驚いたことが最後の集合の際に発表されたことです。
 「みなさん、今日は3名の新入団者がいますので紹介します・・・・・」

 当チームは年間4名の新入部員だけでしたが・・・・
 1日で3名とはね・・・
 
 最後に、ニュータウンジャガーズは近々の尾張地区の大きな大会でベスト8ということで、チームも
 盛り上がっていましたので、それも報告させていただきます。

運動会に向けて

  • 2008/09/16(火) 13:20:58

運動会に向けて

今週の連休に向けて運動会を行なう小学校も多いことと思います。
今回は「子どもの体力向上のホームページ」を紹介します。

今ごろ遅いって!ピカチュウ視線下
ごもっともですが、
・子どもにとって体力とは
・子どもの体力の現状
・子どもの特徴
・子どもの体力低下の原因

など、為になる話も多いですよ。

特にスポーツや運動のヒントは、「投げる」という項目がありますので、見ておいて下さい。
まっすぐ、投げる方向に踏み出すは、野球の基本中の基本であることももう一度確認しておきましょう。
当チームでも6年生が6人いますが、「あれほど口をすっぱくして言っても」ちゃんと出来ている子は2人もいませんから・・・。

体力向上については、勿論日々努力あるのみで、子どもの夢を後押ししてあげましょう。
子どもの体力向上のホームページ

脇道にそれない子どもたち -その2-

  • 2008/09/15(月) 19:00:36

脇道にそれない子どもたち -その2-
 -おいおい子どもは無茶をするもんだー

自分の息子でも、実はこんなことがありました。
みなさんもまだ記憶に新しいあの愛知万博です。
家族4人で行きたかったのですが、娘には用事があり結局、私と息子で行く事になりました。
人気のあるトヨタ館へまずは最初に入ろうと、朝の4時起きでまだ薄暗い時間に家を出て(妻に車で送ってもらい)入り口に5時過ぎに到着するも、すでに人、人、人でした。
 (あれはやはり異常な光景です)
 それでも開門を待ちます。入場後はみんな一斉に目的のパビリオンに向かって走り出します。
実は私40年前?に大阪万博も朝一番の新幹線で行き、開門から一斉にアメリカ館へ、親を差し置いて走った覚えが今も鮮明に残っています。

 さあ、我々親子も入場券を渡し、走りだす・・・・。
 はずでした。目玉の親父

 ところが子どもが付いてきません。
 「おい、間に合わないぞ!早くこい」
 走りながら息子に叫びました。

 子どもはその時言った言葉は
 「お父さん、走ったらいけないよ!」
  おにいさんが言ってるよ。

 場内ではスピーカーを持った職員が叫んでいます。
 「走らないで下さい。場内は危ないので走らないで下さい」

 それでも何か腑に落ちないのだなあ~
 
 親と子ともの会話が逆なんじゃないかって・・

 自分が子どもの時は、目的の為には少しぐらいハメを外して叱られることもよくあったが、まさか子どもに諌められるとは思いもしなかった。
 何か本当に自分の子どもだろうかと「ふと」考えた。

 やけに判りのよい自分の息子。
 脇道へそれない子どもたち。
 自分の判断で積極的な走塁が出来ない子どもたち。


 いま日本の子どもたちに何か変化が起きているのかもしれない。
 でも大丈夫、この子達は、正道を歩くのだから「モンスターペアレント」にはならないかもしれないから!!

脇道にそれない子どもたち その1

  • 2008/09/14(日) 19:00:23

脇道にそれない子どもたち その1

野球とは関係ないですが、最近子どもに子どもらしさがないんじゃないかと思っていたので、この話を
紹介します。

養老孟司 AERA 2008.9.8
ー脇道にそれない子どもたちー
7月、子どもたちと昆虫採集をしていて、奇妙なことに気がつかされた。広島で企画された、小学生の対象の催しでのこと。虫取りの場所は島根県にある三瓶山(さんべさん)。ふもとに草原が広がる火山で、なかなかの絶景である。
 網を片手に僕が率先して山道を歩く。
 ふっと振り返る。二、三十人の小学生がぞろぞろとついてくる。
 僕が脇道にそれて虫がいないかと探しにいく。すると子どもたちは脇道にはついてこないで、「本線」で突っ立っていた。
 道を外れるのは老人である僕だけだったのだ。
 結局、僕があまりにも好き勝手に道からそれ、崖によじ登ったり、木にぶら下がっていたので、子どもたちは恐る恐るついてくるようになった。

子どもたちが道を外れない。
このことに何よりも衝撃を覚えた。


日本は大丈夫だろうか?

いや逆に安泰か。だって道さえ整備しておけば、その上を立って歩いてくれるんだから。

自分で見て、自分で考える。それができるようになれば、世界はおもしろさに満ちた不思議な空間だ。
だから、虫にも振れてほしい。自分の手で虫を採り、自分の目で観察してほしいと思ってきた。
この夏休み、脇道にそれて虫取りにいそしんだ子どもたちが、どれくらいいたのだろうか?

(つづく)

好走塁のチームにする その6

  • 2008/09/12(金) 17:21:18

好走塁のチームにする その6
ー積極的な走塁は暴走ぎみでもほめてあげるー

少年野球の試合を見ていると、積極的な走塁をする子と全く慎重な子供がいます。
ただし、好走塁と無謀な走塁とは勿論違いますが紙一重だともいえます。

私達は一瞬よい判断だと思っても楽々アウトであれば、結果的には悪い判断だったということにしてしまいます。

私は、基本的に素早い判断で走ると決めれる子は、能力は相当あるものと思います。
一瞬の判断ができるというのは、大人でもなかなか出来ないものです。
というか、大人になればされに出来ない場合もあります。ハートスマイル
アウトになれば何か言われる(監督/コーチに)といういやな思いを振り切って、次の塁を狙える子は必ず開花すると思います。

みなさんは、次の塁を狙わない子と暴走ぎみな子とどちらを評価されますか。
まあ評価とは大袈裟ですが、後者の子には、「これなら成功する」という経験が積み重ねれますので、前者の子より経験値が飛躍的にUPしてきます。

しかし、6年生になり野球もしっかり覚えてきても、走塁においてもあまり冒険をしない子もいます。
それも性格なのでしょうか。

ついこの前養老孟司さんのコラムを呼んでなるほどと思いましたが、自分の息子でも感じたことがあるので次回紹介してみます。

野球検定をやってみる

  • 2008/09/11(木) 23:43:07

こんばんは、今日帰ってネットを見ていて「野球検定」なるもにがありました。

あまり面倒なものは好きではないですが、まあ恐る恐るやってみました。
何も怖がることないのですが、小癪なこと書いているので実際はどんなものだろうって?

投手編・・・誰だろう(5問)
打者編・・・誰だろう(5問)

問題が少ないのですぐ出来ますが、迷うと大変です。
私は、投手編 80点、打撃編は100点満点でした拍手

絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください どうせ結果が悪ければ載せなかったんじゃないかって?

えっ!どうしてわかるのわん

それでも、打撃編ではこんな評価をいただきました。

野球博士! すごい!すごすぎます!
もしかして簡単でしたか??
すごい知識をお持ちですね!


いくつになってもお褒めの言葉はうれしいものです。
みなさんも挑戦してみてはいかがでしょう!!
「プロ野球!このフォームだ~れ?(投球フォーム編)」 

プロ野球このフォームだ~れ(打撃フォーム編)">

スポーツは実力の世界か!? その2

  • 2008/09/09(火) 07:48:05

スポーツは実力の世界か!? その2
ー監督から言われたー

多くの選手の中から、人間(監督)が人間(選手)を選ぶとなれば、そこには私情や利害関係が絡むということが当たり前であっても実際に自分の息子がそうなる場合は少し考えてしまいます。
 そんなことを実際に言われたことを聞きました。

 中学校1年生で、硬式の世界に飛び込んだ子供がいます。
 彼は、いままで(在籍すれば)レギュラーになれたというチームだったので、競争のある強いチーム
で頑張りたいということでした。
 
 それでも、入団して数か月、足には自信があったのですがチームで4、5番目。
 レギュラーというより控えに甘んじることが多く、最後の代打や守備固めでの出場が続いているそうです。

 そんな折、来季の役員を決める時期がやってきました。

そこで、父親にこんなことが言われたそうです。
(この話はある方が当事者から直接聞いたことです)

○○さん、○○クン(息子)ですがね、来季のマネージャーを引き受けていただけたら、ずっと使ってもいい(レギュラー)ですよ豆ひくひく

それを聞いて、親の方は
「むっ」として頭にきたと言って、そのチームをやめようかとも考えているそうですが・・・。
それでも、まだまだ結論は出ていないようです。

これは、たまたま役職をやっていただければ・・・ですが、
ある有名高校では、親が一番乗りで行事にも必ず顔をだしている母親の子供が、レギュラーやベンチ入りができる。
と、噂ですが広がっています。

信じたくはありませんが、結局は大分県の教員採用とまったく同じことが裏では行われていないと断言することはできないないです。
 
 さて、この方はどすすか大変興味があります。

 そしてあなたならば、もしこう言われたどうすすか?  
 人事(ひとごと)ではないですよ( ^^)  そのうちあなたにもかかわってくるかもしれません。

スポーツは実力の世界!?

  • 2008/09/08(月) 07:24:23

スポーツは実力の世界か!? その1
ーまだまだ「えこひいき」があるー

 私が小学校の時に、同じ年ながら上手いな~という隣町の子供がいました。
 まだ少年野球連盟がなく(あったかもしれないが当小学校は入っていなかった)

 中学校でも市内のチーム同士で対戦しましたが、やっぱり「上手い」

 時がたち、偶然、試合前のネット裏で彼と会うことができました。
 彼は高校でも岐阜県では当時甲子園に一番近いチームにいましたが、意外にも「ベンチにも入っていませんでした」

 まだまだ純心な私は思わず彼に聞いてしまいました。

 どうしてレギュラーになれないの? (あれだけ上手かったのに・・)
 
 少し体が小さいで、「パワーがないから」「調子が悪い」などという返事があるかなと思ったのすが
 その時の回答が「おやじのみこが悪いかな」まんぼう

 初めて「ミコという言葉」を聞いてピンときませんでしたが、結局「監督に好かれていない」ということなんだと後で解りました。

  私は、いままで弱小チームというか、ぎりぎりの人数でしか野球をしていなかったので、
上手いものがレギュラーになれるという世界しか知らなく、スポーツにそんなことがあるとは知らなくて大変びっくりした記憶があります。

 それから、普通に成長して・・野球だけでなく大人の世界(社会にも)そんなことはあたり前なんだと
気が付くわけなんですが・・。
今でも野球の世界はそんなこと(実力とは違うこと)が当たり前ということを耳にしました。
そんなことは、「にほんおおかみ」みたいに絶滅寸前だと思っていたのが、脈々と生き続けているようです。(つづく)
 

いってきま~す

  • 2008/09/06(土) 22:50:56

実は私はまだ出張中ですが、今週末は家へ帰らず長崎で過ごしています。
いつもなら週末は自宅へ帰るのですが、金曜日遅く帰って、日曜日の夕方にまた自宅を出るのはその準備と手間や往復の航空券トの経費を考えれば、このまま残るのもよいのかなと。

かわりに少年野球の仕事を妻におしつけてしまっています。

愛する伴侶や子供のことを思えば苦しい選択ですが・・・。
それでも先ほど電話したら、私のいないのが嬉しいのか、まったく何とも思ってないようで早くも、亭主元気で留守が・・が正に「どんぴしゃ」といったところです。

そうはいうもののこちらで一人でぶらぶらするのも何なので・・・・・・・。
どうしようか考えて?

そこで、夕方決断しました。絵文字名を入力してください
明日、日曜日は「ヤフードーム」のソフトバンク対千葉ロッテを観戦することに決めました。
ローソンチケットで3塁側内野席B 2800円なり購入。
駅前で高速バスを予約。 長崎駅ー福岡天神 往復4500円。
往復5時間あまり。

実は千葉ロッテファンである私にはまたとない観戦のチャンスです。
ただし、「あの勝利の花火」も一度見てみたい気もするのですが・・花火
私としては、なかなか素早い決断で即決。
相撲界でのあの北の○理事長のようなグズではないことを証明した1日でした。

タイミングをとる方法 その1

  • 2008/09/03(水) 23:44:57

タイミングを取る方法 その1
 ー口を隠すための構えー

さて、今回はオリンピックでは数少ない活躍組?であった埼玉西武ライオンズの中島裕之選手の「文春」から拾った興味深い記事を紹介します(野球の言語学 鷲田 康 取材・文)
彼はこの活躍でメジャーからも注目されているみたいです。

ー口を隠すための構えー
「僕は息をしているところを見られたくない」
自分はピッチャーの呼吸を読みながら打席に立つんです。人間は力を入れるときには必ず、息を吸ってそこから動き出すじゃないですか。投手のピッチングも同じですがら、打席ではその投手の呼吸に自分の呼吸を合わせて間合いをとっています。だから逆に、自分は相手に息をしているところを見られたくないのです」
中島選手構え

「口元を見られたら、息を吐いているときにピッチャーに投げられるかもしれないんじゃないですか。だから口を隠すにはどうしたらよいかと考えているうちに左腕が上がって腕を隠すようになり今のフォームに落ち着きました」



私たちは目に見える動きから、野球理論を聞いたり、読んだりしてああだこうだという展開していますが、これもちゃんとしたバッティング技術ですよね。にぱ~^^
こういうことを読むと、野球はやっぱり奥が深いなとつくづく思います。

イチロー選手や落合選手なんかは、こんな話(特に人に話せないこと)をいっぱいいっぱいあるのでしょう。

でも、このことはピッチング技術としても大いに応用できます。
自分のセットから投げるまでの時間とバッター届くまでの時間から計算して、打者が息を吐き出すときにボールがベースに届くように投げればよいじゃないですか

 最近、ランナーがいなくても、セットポジションから投げるピッチャーが増えたのも、ひょっとしてこんなこともあるのでしょうか絵文字名を入力してください
 そんなことはないかもしれませんが、ピッチャーが間合いを取って相手のタイミングを外すことは、案外こんな意味もあるかもしれません。

 よく投げ急ぎや、投げるタイミングがいち・にっ・さんは駄目だよというのは、打者にタイミングが合ってしまうのもあるでしょうが、呼吸を相手(打者)が合わせ易いのもあるかもしれません。 
 草野球でも応用出来そうです。 (いつかその2へつづく)

ワンジル選手が日本で学んだこと

  • 2008/09/01(月) 13:16:24

今回は生書きのみでUPします。

ワンジル選手が日本で学んだこと。

私は、〇〇テレビというたぐいが好きでないので、ほとんど見ないのですが、昨日のエド・ハルミさんのマラソンはオリンピックのマラソン視聴率を上まわったというので、少し驚きもあり、何か本物のスポーツがバラエティーに負けてしまい複雑な気持ちです。

さて、男子マラソン金メダルのワンジル選手が、日本で学んだことは「我慢すること」。

すこし前このブログで、スポーツにおいては「我慢力」も大切な要因であると、書いていたのでちょっぴい嬉しかったですが、彼は、日本の選手に苦言を呈しています。

“日本の選手は練習のしすぎ”いままで、これで結果を出していたので今回のマラソンの怪我や事態で手の平を返したように一ファンが
言うのもなんですが、やはりそこまで追い詰める練習はやはり「やりすぎ」と言われてもしょうがない
かもしれません。
 しかしこれは日本人の几帳面、真面目な独特のスポーツ感でもあり、ひとつの不安解消にむけた
一種の精神的なものかもしれません。
 彼は勿論、本番に向けて軽い調整をしたと言っています。

それでも、今回の土佐選手にしては、足の母指の怪我でかなり重症で走るのも不安視されていたということで、彼女は「1%]の可能性に賭けてみたとコメントしていましたが、
ほぼ全力で走れる可能性は99%なかったということです。

補欠の選手もいることですし、それぐらいの可能性しかななら、やはり勇気をもって、補欠の選手に
譲ることも必要でなかったとも思います。
 これだけ、男女各マラソンで、後から「怪我」や体調不良であったという選手がでれば、そう考える人もいるでしょう。

 ただし、 「これが自分の立場であればそうできたか」は私には自信がありませんが・・(^。^)

 さて、我慢することは練習で鍛えることができるのでしょうか?
 私は我慢することを1つの能力と考えれば、

 それは、練習でも実戦でも、
 我慢していれば、相手が先にプレッシャーに負けてこけてこれることがあります。
 ですから、チャンスは自分から作ることも大事ですから、じっと我慢していればおのずと勝機はくることもあります。
 ですから、何も攻めなくても我慢することを知っている人は、勝利の確立がかなりUPするわけで、それを知り、実行できる人は結局は強いということです。

 野球においても、ピッチャーが少々の失点にめげず、我慢の投球(精神的に我慢して気持ちが切れない)ができることは、一種の才能だと私が思う所以です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。