スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県のレベルで恐れるな!

  • 2012/08/26(日) 22:04:19

2012高校野球へ

今年の甲子園は大阪の第一代表と第二代表?の優勝、準優勝で終わった。
大阪人は野球が上手い、有能な人材が多いのは判った。
何せ阪神電車に窓に野球漫画の「ダイヤのA]が宣伝されていて驚いた。

また彼らには覚悟があると言われる。
地元を離れて、四国や東北へいく子供に地元の子では太刀打ち(気持ちで)出来ないという。
俺はこれで生きていくという気概。
このレベルなら、大坂代表は2チームどころか4チームぐらいでも上位へいけそうだ。



東海4校は2年連続で初戦敗退は決して偶然ではないかもしれない。
春夏6度目の甲子園で初めての初戦敗退の遊学館の監督はこんな言葉を残した。
「甲子園は進化している。2年前に“5年ぶり”に出た時はその進化についていけなかった。
今回は対応する力をつけてきたのだが・・」

全国の舞台ではプロに近いスライダーを投げ、敵の配球をしっかり読んで打つ。
体幹を鍛えた力強いスイング、データに基づいたポジションニングなど・・。
この進化には連続で出ないとついていけないのだ。

監督の甲子園のキャリアも大事だが・・それは無理な願いでもある。

愛知県代表という名前だけでは勝てる時代は終わった。
ましてや岐阜県や三重県では現状では対戦相手に恵まれたと言われかねない。

「県を上げて対策を講じなければいけなくなった」と愛知県の高野連の会長はいうが、関東、関西から野球留学生を増やす手っとり場合やり方もあるが、それは中長期的強化策にはならない。(あたり前こんなの発言すること自体がおかしい)

それも当然、あの県のあの高校なら甲子園へ行けるということで、高校を選ぶのであって、例えば、愛知県などの激戦区ならどの高校へ行けば甲子園へ行けるのかわからない。
別にこういう野球が悪いわけではないが、しっかり送り(バント)、守りを重視する手堅い野球を信条とする学校が常に上位へ進むので、そんなに魅力的には映らないかもしれない。

秋田県では、中京大中京の前監督を顧問とするプロジェクトを立ち上げて数年が経つと思う。
県一丸となっている効果は表れてきていると見るべきであろう。

実は神奈川県でも、ずっと前から交流会がある。
そこでは、(確かめたわけではないが・・)横浜高校の監督も惜しみもなく指導の在り方を話すという。
http://www2.asahi.com/koshien/88/chihou/kanagawa/news/TKY200607190352.html

四国も立ち上がったようだ
 http://www.hb-nippon.com/column/541-gene/6972-20120123no14gene?page=3
ここで、私は○○県にも指導者交流会をなどどいう気は毛頭ない。
励ましになるのか、ただの妄想かもしれないが、少なくとも甲子園を目指すみなさんへ捧げたい。
勝つか負けるかは野球の神様の心次第!
○○商業や○○学院などとその県では強豪と言われようと、甲子園の舞台では意外に簡単に負けてしまうのを見てきた。特に印象的であったのは、県岐阜商業が新潟明訓にあっさりと負けたことと、監督の言葉。
「自分たちのやりたい野球を先にやられた」

今の野球の歳強へのトレンドは、先頭打者、2番打者に、ミート力も長打が打てるチーム。初回先頭打者ホームランも3日で4本は見たかもしれない。先行逃げ切りである。それでもここぞという時はバントをする。
 つまり、攻撃パターンが多彩であることが必要。
先手必勝で、相手の野球を先にやってしまおう。  
スポンサーサイト

高校野球のはじまり

  • 2012/04/13(金) 04:35:00

2012年 高校野球の始まり
ー入部前から衝撃的なことが・・-


無事第一志望の高校へ入学して野球部に入ったそうな。(笑)
早くも「山あり谷あり」を予感させるものである。
思わせぶっておいて、今回は表題の件は今は書きませんので 

さて、同じ地区の学校では公立でも、いつぞやの甲子園出場が効いているのか30数名の希望者があり入部テストを行うという。
まさに野球はしたいけれど・・・ということであるが、結構有名校でも入部は断らないという学校もある。
同じ近くの市立高校では1・2・3軍まであり、それなりに練習試合はあると聞く。
野球がやりたくて入ったその子たちは三年間どうするのだろう? 



私が好きな動画に〜セカンドに打ってしまえば望みはありません〜 がある。
アナウンサーの一言が表題になっています。

当時の私は見ていないですが、たまたま目にした常葉学園のセカンド町田選手の甲子園でのプレーの動画は、いつみても驚きです。
プロ野球での井端や宮本、小坂選手の名プレー集もよいが、何かこの動画は野球をやっていない自分にも「よっし」「決してあきらめない」と勇気づけられる。
セカンドへいけば望みはありません
※ヤマハでの守備練習の動画もためになりますよ

実はこの選手も早稲田へ進学後、チームになじめず退部している。
それもあの選手はどうしているかという社会人の監督の気遣いで入社を勧められ、退学して、ヤマハへ入社。

同じような退学の経歴は、前回紹介した大越監督であるが、これも同じ大学である。実はエンジのこの野球部は上下関係や規律に厳しいと言われている。そこがどうのこだでなく、校風もあるのだろう。

そうかどうかは知らないが、私の知るある学校は野球推薦や一般入試でも大学の野球部へ入っても、止めてしまう子が多いという。あの子もあの子もという感じであるが、プロ注目の選手でもよくある話であろう。

覚悟の違いもあろうが、そこまでして野球をやる必要があるかという判断や燃え尽きてしまって目標がなくなってしまうのかなと。中には、推薦入学で入るのが第一目的であるいう子もいるという。

スポーツ新聞での愛知県や岐阜県で大学野球リーグの出身高校を見ていると、有名高校の名も多い。まさに気概のある者のピラミッド型の構図である。

息子の入った高校の昨年の主力投手は、大学では軟式に入り、同時に地元の野球クラブで楽しむと聞いた。
野球が好きであれば、続けることがやはり一番。
それでも、頂点を目指すのも、プレー楽しむのも、観戦のみでもよし、意外と多いのが教える側に立ちたいというものである。何か野球を人生に華とまで言わないがアクセントにしてほしいものだ。

かく言う私も、高校で野球を嫌いになってから、またまた数十年後にまた野球好きになった1人である。
ひょっとしてまた嫌いになるかもしれないですが・・・ 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。