スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の野球観戦

  • 2011/11/24(木) 22:40:42

2011中学校最後の年
ー今年最後の野球観戦かなー


と言っても息子の話ではありません。
愛知県は私学交流戦の「やろまいか 愛知私学4強交流戦」なる大会が昨日あり、中京2勝、東邦1勝1敗、享栄2敗という結果となったそうです。えっ4強なのに3チーム?って、そう名電が神宮大会にでているからですが、
誰が4強とつけたのか・・・。もう4強時代は終わっているかもしれませんね。
なんか少しずうずうしようですが、そろそろ新4強になるかもしれません。

この4チームでは、今年は「1強・1ちょい強・2並」ぐらいでしょうが、1年生に生きのいい選手がいるようで、来夏はまだまだわかりません。それにしても名電は強いが、なぜか中日のようで気がします。濱田が頼りです。足は速いし小技もうまい、総合力では抜けています。
この大会ではないですが、先の秋季大会で面白いことがあったので2つほど。
東邦高校の試合前ノックでノッカーがホームランを打ちました(笑)
中京大中京は試合前のノック終了後、コーチがホーム付近の土を全くならさないでベンチへ。
ここまで落ちたかと思った瞬間でした。



昨日は岐阜県の私立高校の親睦大会の準決勝、決勝を見てきました。岐阜は自分たちを○強大会なんて呼ぶことなく私学は全部出場しているトーナメント大会です。

ベスト4は中京高校×大垣日大 帝京可児×麗澤瑞浪 岐阜県人にとってはなかなかの好試合です。
この中では帝京可児高校に注目していました。
今年の秋季大会は、2回戦で大垣日大に敗れてしまいましたがいつもと違うみたい。結構外人部隊もいるようですが、息子の先輩も毎年行っています。そして夏の大会に滅法弱い(笑)。 
ところがこの大会では岐阜第一と対戦しての勝ち上がりですからちょっと本物です。
何か変わったことでもあったのか? そう監督が変わったのです。聞くところによると監督と部長が入れ替わった
とか。 そんなことでチームは変わるのかと思いますが、それが大変身です。
決勝は帝京可児×中京でした。4回ぐらいから雨が振り私は5回を終わって帰りましたが、初回4、5連打で3点、4回か5回でしたかそこでまた3点、中京は初回と3回に1点をかえして6対2でしたが恐らく帝京可児が逃げ切ったかもしれません。
それがエラーなんかでとったのでありません。帝京可児の初回をはじめ2度の得点は外野の間を抜いたり、オーバーしたり、ほとんどが強いライナー性のあたりなんです。私の記憶では10本ぐらいのヒットでゴロは三遊間のットを1本です。(記憶は大したことないので2本ぐらいはあったてしょう)

振りも強いのでしょうが、転がすなんていう意識がないようです。それが3点、3点という得点に現れています。いかにビッグイニングを作るか、そういう野球の魅力もある。

みなさんよく考えて下さい。よい投手が球は速くて、コントロールがいいので、低めへストレートやスライダーを決めてくる。そう名電の濱田のような投手に当たれば(ここまで凄くなくても勝ち上がってくるチーム)投手から、ゴロのヒットなんて狙って打てません。
それにゲッツーもあります。中京高校の内野は県内でも1、2かもしれません。ショートはほんとに華麗です。他のポジションも肩はいいし堅実。そんなところに、“ゴロは捕って投げるの2回必要だからミスが出る”それは小学校中学校レベルです。ゴロで相手のミスに乗じるなんて無理、だがら強いライナーをイメージして頭を越せばよい。
思い切った自分の振りができたならフライを怖がるな!
新しい野球はこうなるかも知れない。

そこで、縦振りに話をもどせば、これは低めのストライクゾーンを外野へ強い当たりを打てる打法とも言えるかもしれません。
バットの軌道さえ間違っていなければ、上から叩くのではなく、バットとボールが衝突してもレベルスイングでバットに乗せて運ぶことが出来ます。
スイング軌道が上方へ振りきれれば(アッパーとは違います)軌道のままボールが飛びだしてもボールの角度は20~30度ぐらいついていることになります。
日ハムの稲葉選手も縦振りとしてよく名前が上がりますが、彼は「内角の低めの(特にカーブでしたか?)打ち方は日本で一番上手い打者」と言われていました。(ちょっと過去形になりますが・・)
縦振りのヒントはそんなところにあると思います。

なんかとってもいいみたいですが、実は高めの球は難しい。
私は高めもヘッドを立てまま打つのだと思います。
それが出来なければ、ツボへはまれば一発があるがそれ以外はからっきし駄目。
そんな選手は名前を挙げればきりがないですが、ツボもあればまだましですが得意コースもなく「ドツボ」にはまらないようにしなければいけません。

それとよく左打者で左投手を苦にしない選手と、滅法弱い選手がいますが、肩が開かないのも理由でしょうが、これもバットの軌道とタイミングのとり方があると思います。縦振りの選手はどうなのか考えてみるのもいいかもしれません。
それにしても、先輩の○○君大活躍でしたね。ベース近くに立ち、内角も外角も外野へ打ち返していました。

最後に私が帰る時に、ちょうど横に二人がとぼとぼと歩いていました。私は全く気付かなかったですが、何か聞こえてきましたので横顔を見てびっくり。
監督「こんな年もあるよな」コーチ「そうですね」監督「そりゃ2年もいい思いしたんだからそんない上手くいくことはないよな」
さて、この高校の巻き返しはなるのか・・ 。


スポンサーサイト

チームの絆ってなんだろう?

  • 2011/06/23(木) 22:54:21

おばんです。
更新がおくれました。

小学校チームと違って、ボーイズはいろんな市町村から集まっています。
ほんと当チームも市町村出身でいえば10ぐらいあるんじゃないでしょうか。
3年生だけで30名弱いますからね。
そんな折、ボーイズの最後の全国出場を決める大会が先週からはじまりました。
そこで、鬼門の1回戦を突破したかから調子は上がってきているようです。

それでも、今週の土曜日はある中学校の修学旅行があります。
震災の影響か最終日が土曜日になるようです。
その学校の選手が一番人数が多いから、さあ困った。

「なんだそれたら残りでやればいいじゃん」と思うのはあさはかです。
何とエースと主軸が数人がいないのです。

選手ははやっぱり修学旅行より試合に出たいわ。

ここでチームがどう対応するかですが、チームの関係者が中学校へ、“対象の生徒が希望すれば途中帰ることお願いしたとか出ないとか・・。(あくまでも未確認)

それにしても試合が出れない選手(レギュラーでない)なら何も問題なく修学旅行優先でしょう

修学旅行といえば。「枕投げ」夜中まで友と話すのも楽しみ。それを途中で早朝から試合の為に帰ってくるのもどうかな。

選手が事情によれど休めば、それにより出場できる選手もいることだろうし、それにより負けるとも限らないし目先の勝利にこだわることもないだろう。

まあ、いろんな意見があるでしょう。それでも、当日の試合時間を第一試合から第二試合への変更を連盟にお願いし、それが認められたたというのを聞いて、そこまでやってもよいかなと思い、みなさんにの意見を聞いてみたいなと思って書きました。
----------------------------------------------------------------------------------
後日談:第一から第二試合への変更は勿論双方の了解でしょう。変更があったのは、「両チームに修学旅行の選手」がいたそうです。それでも相手方は補欠の1人で勿論帰ってはきませんでした。当チームは主力の選手は当日の朝、試合会場へ直行し、補欠の選手は帰ってこなかったそうです。
試合結果は4回大差でコールド負け。親は前夜はぐっすりと寝たのに言い、子供の会話ではほとんど寝ていないといったか言わないとか。
ただ、子供も相当悩んだ判断であったことでしょう。
それでも、親が現地へ迎えに行ったと聞いて、そこまでしてと思うのですが、もし自分だったらどうしたのかなと複雑な気持ちになりました。

2011中学最後の年

  • 2011/04/01(金) 11:16:15

2011中学最後の年
ー悔しさを糧にできる選手(人)にー


震災への応援は5月初旬に伸びてしまいました。
その変わりと言ってはなんですが、長崎へ出張したのですがその帰りに、のぞみでJRの雑誌WEDG(ウェッジ)に4月号を拝借して(始発博多でたまたまグリーン車を通り、自由にお持ち帰りくださいとあり持ち帰ってしまったが・・・)読んだんですが、震災の記事が全くないので、編集日が震災前(3.11)なんだなと解るんですが、なんか深刻な記事も、今思えば平和だったんだなと妙な気持ちになる。
その中でも、東京電力の「オール電化」の推進PR広告があり、現実とのコントラストを大きく感じました。
我が家もオール電化ですので、この時世少し肩身が狭いですが・・・・。
それにしても、東日本と西日本の周波数の問題が何とかならないものなのでしょうか。



ここでは豊田泰光さんの「チェンジUP」から引用させてもらうことも多々ありますが、その中で
「明日の自分を捨ててこそプロで大成」という記事が3月10日付けで掲載されました。

その中で、斎藤佑樹がオープン戦の初勝利のボールの受け取りを辞退したことの姿勢をほめていました。
記念ボールや賞品をこまめに集める人に大成する人はいないという
私の家にもそんなものほとんどないそうだ。

それが正しいかどうかではありませんが、たまたま打てた時のボールを抱いてもお守りにもならないし、成功体験に酔っていてはたちまち打てなくなってしまう。もし記念ボールがほしいなら、プロ1年目のはじめての“さよなら失策のボールがほしい”というのが面白い。
そこで、私がつっこみを入れるなら、ハンブルならまだ体に触ったのであのボールかと憎らしげに触れる
のだけど、トンネルだったらどうしたものか。 あのときのボールという実感がわかないじゃないだろうか。

肉体的に恵まれ、アマ時代の球歴から活躍間違いなし、という選手がつぶれていくパターンの多くが、一時の成功で勘違いしてしまうことだ。(コラムより)

愚息が1年ほど前に、まさしく打撃を褒められて“俺って天才”といい、勉強しないのにクラスで○番だったと
浮かれていた。今ではそれが大きな勘違いと気づいているだろう・・・(そうでなければただの鈍感)。

成功体験より失敗体験。
失敗の記念ボールではないが、その時の悔しさを忘れない。それを記憶することが人を選手を大きくすることはまちがいない。

プロ野球のおごり

  • 2011/03/21(月) 22:58:02

プロ野球のおごり

今回の渇! 略して「コンカツ」はプロ野球のコミッショナーにしよう。

読売り軍団に屈し、25日のセリーグ開幕が世間から非難され、国からも一考をと言われたのに、
その対応策がわずか4日後の29日とは笑わせてくれる。

星野監督もあきれたように口を開いた。
「茶番だ、セは延長戦なしなどの節電策を示し、29日開幕を決定。「停電だけの問題じゃない。テレビで福島の知事が『3日前に来るはずだった油が来ない』と涙ながらに訴えていた。平時じゃなくて有事なんだ。今は勇気を与えるとかそういう次元じゃない」。
被害が激しい宮城に本拠を構える、いわば当事者球団。だからこそ、ここまでできる限り発言を我慢してきたが、もう声を上げないわけにはいかなかった。
ただ、彼が阪神の監督の立場であったらどう答えたであるが、その時これと同じ意見がいえたなた、
「あっばれ」であろう。

はっきり言って、「勇気を与える」などというほどプロ野球は人気がないことがわからないのは、
これは、ボケを超えて「脳死」に近い。
これをセリーグ6球団に言いたいのだが、やはりコミッショナーがこういう時こそまとめ役でなければならない。

加藤さんよ、肩書きは立派であり大リーグ通らしいが、あなたの経験は全く役に立っていない。
。「世論の賛否両論は十分、理解している。私も多くの方から意見を頂いた。復興のメドがつくまでじっと待てばいいのか。
“国難の時こそ真剣勝負を見せるのが責務。野球を通して日本に、世界に元気を与えるのが(球界の)使命だ」”

おいおい、食事も配給、お風呂も入れない、ましてや電気も通らない地域で、プロ野球が元気を与えるという発想自体が
幼稚である。かなり学歴がお高いらしいが、社会性、知能は低いと判断せざるおえない。
KYならぬOKと命名する。もちろん判断がオッケーではない。
オーケーと読み、「大きな勘違い」である。

プロ野球のファンがかなり減ると思われるが、個人攻撃しても世の中よくならないので、今回のセリーグの判断
に対して、私のとる行動は以上である。
1.読売新聞系の新聞、雑誌は購読しない。(もともと購読していないが…)
2.中日の公式戦は1年間自粛
3.ヤクルトのおばさんごめんね。
4.TBS、日本放送系列の朝の番組は視聴しない。
5.阪神・阪急グループ関連の商品は購入しない(近くにないが…)
6.広島は不問とする。(あなたのチームは他球団についていくしかない)
7.セリーグの開幕からナイターでののテレビCMの会社の物は買わない。

 とにかく、7番は結構効果があると思うので、みなさんネットで広めよう!!

  私は、今週の水曜日より震災地へ、ボランティアではないですが仕事の関係で応援に行くことになりました。
  さあ、日本をみんなで盛り上げていこう。
  セリーグの野球以外で・・・・。

信頼できる第三者の言葉が力になる

  • 2011/03/09(水) 08:57:41

週刊現代に井口選手のインタビュー
ー信頼できる第三者の言葉が力になるー


ボーイズの全国行きを決める大会が先週あり、6ー3で負けてしまいました。
屈辱の1回戦負けです。
大会グランドは霜柱があり、ぬかるんで、開始時間を2時間遅らせたのですが、当チームの選手はよくすべった
ということです。条件は同じですがこんな対策も必要なんでしょうか。
私は結婚式があったため、残念ながらノックしか見ていませんが、その時点で足をとられる選手が当チームは多かったです。
これは、ノックの方法もあるでしょうが、ひょっとして足の運びが大きいのもあるかもしれません。
上手い選手は捕球の際に小刻みに足を合わせますが、これはいろりろなグランド状況への対応にも役立ちそうです。



3/19号の週刊現代に井口選手のインタビューがあります。
このインタビューでしつこくたずねた点として、
大きな困難に直面したととき、それをどうやって乗り越えるか」という点です。
井口は、さまざまな答え方をしてくれた。
「自分で自分のコントロールできないときは、信頼できる第三者の言葉が力になる」
「頑張っている人にそれ以上頑張れというのは酷だと思う。見方を変えて、自分が無我夢中で頑張り過ぎていないか、野球で言えば、難しいボール球に手を出しているんじゃないか、ストライクだけを打てばいいののじゃないか、と一歩引いて少しの余裕を持てば、ある程度の困難は解決するはず」(つづく)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。