スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちが体を動かす

  • 2010/10/13(水) 23:20:07

'10一歩一歩
ー野球上達論(3)ー
 

ー練習とはコツを掴むものなんだー
そんなことを紹介した数日後にこんな記事がありました。

「4連投で化けた2年生投手鍵谷」
あの興南の島袋投手の進学先の中央大学、高橋監督の話です。



大学の監督の大きな楽しみのひとつが選手の成長を間近で見られることです。
それも時々、びっくりするぐらい化ける選手がいる。
(中略)
鍵谷投手も北海高校から入学して2年目、高校時代は甲子園にも出場して投手としてはいいものを持っていた。
どれといった技術面で問題があったわけではないがもう一つ伸び悩んでいた。

その彼が4連投でストレートも150Kmを超え、投げるたびに調子を上げていった。
実はリーグが始まる前にこんな話をした。
「もっと気持ちを前に出せ。淡々と投げていてはダメだ。守っている野手がこいつのためにやってやろうと思わせることが必要。そのためにもっと気持ちを出せ」

気持ちを表に出すことは他にも効果がる。
一球一球に全身全霊をこめるのだから、体の必要なところに力が入る。言葉を換えて言えば「体のどこにどんな力が必要かがわかる」。
例えば、普通に淡々と投げているのと、気持ちを前面に出して投げるるのでは腹筋の動きが違う。そこから腹筋を鍛えることの大事さが分かる。当然日頃のトレーニングも違ってくる。

このアドバイスで急によくなったわけではないだろうが、彼にも「何かを変えなければ」という気持ちがあったのだろう。
そんな時に4連投、しかもすべてが接戦のリリーフでいやでも前のめりで投げざるを得ない。

そんな中で何か投球のヒントをつかんだのであろう。
大げさに言えば、きっかけをつかめば若者は1日で変わることが出来るのである。
2010 10月11日 高橋善正(中大監督)

これは野手の側からみると、こんな投手がいるところで守ってみたいものである。
気持ちが前に出る投手は、野手をも成長させるかもしれない。

こんな記事の紹介から
今日の言葉:気持ちを出せることは大事な技術なんだ!
スポンサーサイト

元の形を知っておく

  • 2010/10/11(月) 23:46:24

'10一歩一歩
ー野球上達論(2)ー


前回、練習とは上達のコツを掴むことだということを書いたのですが、少し極論にみえますが、繰り返し基本によりそれを体で覚えることも大事ですが、どこかでそのコツを掴むなければ、みんなの上をいくことは無理でしょう。

それは、指導者に恵まれることも大事ですが、指導者もいろいろなタイプがあります。自論をおしつけるタイプやヒントをいろいろ与えてくれるタイプ。意外と練習は一生懸命だがが何も言わないタイプもあります。

ただ、どれがいいとは言えないところが難しい。それに、はまれば素晴らしいですが、自論をおしつけられて狂ってしまう選手も多いと聞きます、そんなことは野球を少しでも経験した人はわかるのですが、中学生でも高校生でも、例えそれがプロでも監督・コーチから言われれば、直立不動で聞いて、それを試してみるのが普通です。

それはそれでいいのですが、大事なのは「これは自分に合わないと思った時に戻る場所(以前のスタイル)を覚えておくこと」が大事ではないでしょうか。
才能が満ち溢れ、誰もが上手いと認めた選手が、意外と伸び悩むどことか、あの輝きはどこへ行ったのだろう?と思う選手
はいると思いますが、俗に言う「教えられすぎてわからなくなった」というケースもあります。

「考えながら練習をすること」「自分を冷静に見れる」選手になるだけでなく、何かを試すときはその前のスタイルに戻れる形」を知っておくことが大事です。その形は勿論変化するでしょうが、人は意外に忘れやすいものです。

そこはやっぱり、最低メモでもしておくこと。そりゃ「練習日記」でもつけておけばそれは最高かもしれません。



違った表現の仕方をすれば、

私は道に迷った時に、引き返すことが嫌いで、「前に進んで何とかなるさ」というタイプでした。今はナビがあるので、「この先は引きかえそう」とか、「このままいけばいい」と判るうこともあります。
私の車は5年程前にやっとナビが搭載されたのですが、道を間違えた時は戻るのが一番だと気がついたのは、まだここ10年ぐらいです。
 性格といえばそのままですが、野球においては「その道間違っているよ」と教えてくれないこともありますし、「(悪気はないですが)違った道を丁寧に教えてくれる」こともあります。

今日の言葉:一度もどってからの方が、目的地に早くいけることは多い。

ノーベル賞の研究と同じ!?

  • 2010/10/06(水) 11:06:45

’10一歩一歩 
ー野球の上達もノーベル賞と同じー野球上達論(1)


秋の大会のリーグ戦では、先の日曜日に全勝同士の戦いで、うちのチームが2-1で勝利して5戦全勝です。よって今週は1位同士の巴戦となりますが、結果にかかわらず上位3位までが確定しましたので中日スポーツ杯中日本大会への出場が決まりました。

この試合では、つくづく走塁の大事さを痛感しました。
相手チームは初回の攻撃で、ノーアウト1塁からライトオーバーの捕れそうなライナーを捕れずに、フェンスまで転がっているのに、何を勘違いしたのか1塁ランナーが三塁で止まってしまい、打者とランナーが三塁ベースでご対面。
 それでも三塁打で一塁ランナーが三塁止まりとは打者もびっくりです。これはボールを見失ったランナーが一番悪いでしょうが、先を見なかった打者、的確な指示を出せなかった三塁コーチといろんなミスが重なりました。
 ここで先取点を取られなかったのが大きかったです。



 それともう一つは、一つのベースに二人のランナーが集まってしまうケースをこの試合だけでも、2度ありました。特にスクイズ失敗の挟殺プレーで、ランナーをアウトに出来ず三塁ベースでそうなることが多いのですが、その時のタッチの仕方を知らない選手が多い。
 
 優先権は前のランナーであるので、前のランナーはタッチされてもアウトになりません。
ですから、ボールを持った野手は二人にタッチすることが多いのですが、後の選手からタッチすべきです。

逆にいうと、ベースに二人ついていても、前のランナーはベースについている限り「セーフ」なので慌てることないですし、後のランナーは自分かタッチされない限り「アウトではない」ので、前のランナーに野手が先にタッチしようとしたら、そのまま立って(タッチされて)みすみすアウトにならずに逃げれば(戻れば)、自分も生きれるかもしれません。 中学の硬式でも野手も反対から(前の選手から)タッチするので、小学校ではもう「パニックですね」
ちゃんと教えてあげて下さい。
※今は後ろのランナーがタッチされた時点で審判がアウトを宣言してベースから選手を離しています

さて、これからが今日の本題です。

ノーベル化学賞を2人の日本人が受賞した。
誠に喜ばしいことである。
今日のニュースでもこのことがほとんどでした。

その中で北大の鈴木教授はこんなことを言っている。

このクロスカップリングにおいても、真摯な努力の結果であるが、それを積み重ねたら出来るというものではなく、偶然の発見であります。その点ではラッキーだった・・・・。

これを取り上げたのは、野球が上手くなるというのも、実は偶然の発見によるところが多いと、元ヤクルトの古田選手がよく言う言葉である。
(うろ覚えなので少し話を膨らましています。ご勘弁を)

「誤解を受けるといけませんが、野球は練習をしたから上手くなるわけではありません。つまり、野球が上手くなるとは、そのコツの発見をすることなんです。それは偶然、突然に発見することが多い」
「あっ!今の感じ、こうすればいいんだって。またそれは、いつ起こるかわりません。中学生の時か高校生の時か、それ以後かもしれない。だから続けることが大事なんです。またそれは、元気な時とも限らない、疲れた状態でもう力が入らない時かもしれない」


どうですか、ノーベル賞の発見も野球の上達も似ていませんか?

今日の言葉:野球の練習とは上達のコツを発見するためにやるもので、それは突然やってくる。ラッキー
 

一歩一歩'10 

  • 2010/09/21(火) 19:25:12

一歩一歩'10 
ー勝ち方が悪いー


高校野球秋季大会は、大垣日大は強い! 土岐商業を2回戦で2-0で倒すと、あれよあれよと相手をなぎ倒していきます。今の葛西投手は絶好調らしくて決勝までに1失点しかありません。
 その1点を入れた高校の関係者は変な自慢をしていました。
「うちはコールドで負けた、それでも4チームの中で得点したのはうちだけだ。それも5回までしかないのに(コールドで)1点はたいしたものだ。自信をもっていいぞ」

ものはいいようでね



秋季大会が始まりました。6チームの総あたりをすることは前回書いたのですが、1試合目はお互い好機をつぶして3回表まで0-0その裏の攻めで、うちが相手のミスで3点もらい、親の間では「さあ次の回0点で押さえるこたが(3-0となり)大事だな」と言っているのに、連打で2点取られて3-2で、試合がわからなくなってしまいまいた。
その裏に3点をもぎ取り6-2として、その後何とか継投で6-2と勝利はしたものの、指導者にはこの勝ち方が不満のようで、ミーティングではカミナリならぬゲリラ豪雨がありました。

その理由は3つ。
●ひとつは、みんなが戦っているのにベンチで戦っていない選手がいる。
 補欠選手や登板予定のない選手が名指しで言われていましたが観客席からは判りませんでした、どうも試合を一緒になって応援してなかったようです。 チーム一丸はまだまだなようです。
 豪雨度7 ゲリラ豪雨で河川氾濫

●準備が足りない キャッチャーの控えが「ファールカップ」というか急所を保護する器具をつけていなくて、時間がかかり審判に注意を受けたので、それを指摘。
 豪雨度6 警報と共に住民に待機命令

●1アウトランナー二塁の走塁で・・・ これはよく言われる実知らない選手はいないぐらいのことです。野球のセオリーには
1) 自分より前の打球では進むな。(抜けたのを確認してからGO!)
2)内野へのナイナー、ピッチャーゴロは飛び出すな
3)打者がバンドでもストライクで飛び出すな(空振りもある)

実はこのケースほ「走塁のセンス」というのが本当に判ります。
 今回は1アウトランナー二塁で三遊間へ強いゴロ、抜けたというような強い当たりではあっても三塁が好捕、
普通であれば、当然二塁ランナーは三塁手に牽制されて二塁ベースへ戻ります。一塁へ送球したなら少し離塁してすきあらば三塁を狙うようにする。
これが普通です。それを、打った瞬間に三塁へ走りこんでしまってあえなくタッチアウト。
挟まれることもなく、すぐにタッチアウトになったのもよろしくないようです。

私達はヒットエンドランかもしれないと思ったのですが、そうでもなかったようです。

結局1アウト2塁が、2ーアウトランナ一塁。なんで!?
折角バンドで送ったのに結果がこうです。

このプレーには豪雨度8で、河川の氾濫に加えて、土石流も発生しました。
試合終了後、帰ってから練習でも1人呼ばれても個別に指導です。
期待の表れでしょう、頑張れ我らの4番

でも、こんなことはよくあります。先日も愚息も(3)のケースでキャッチからの送球であえなくアウトをくらいました。

恐らく、ペーパーーテストでやってはいけない事で書かせれば、正解は知っているんです。
じゃあ、実際の場面でちゃんとそれが冷静に判断出きるかといえば、出来ない時も多い。

知らなければ出来ないですが、知っていても咄嗟の判断が出来ないのが野球の難しさです。
よく練習で出来ないことは試合では出来ないといいますが、走塁においては、練習で出来ても試合では出来ないことがありすぎです。

指導者とは教えることでなく、(それが出来るように)導くこと。
このつたないブログを読んで下さる指導者の方の熱意には敬意を表します。

一歩一歩'10 

  • 2010/09/18(土) 11:18:43

一歩一歩'10 
ー母親に追いついたー


当たり前ですが、中二といえば伸び盛りです。勿論身長です。
野球の伸び盛りはいつかわかりません。突然やってくるそうです。練習に意識を持ってやらなければ、ただパワーが付くだけて伸びる訳ではありませんから

うるさいと言われますが、相変わらず息子には勝手な専属コーチとして気が付いた点は指摘しています。
●打撃(左打ち)においては3つ
(1)顔がスウィングと同じ方向へ回ってしまうこと、正確にはボールから目を離すのが速すぎる点
(2)トップが浅い。肩より少し首よりにあるので、もう5センチ程キャッチより(左肩の上)で、5センチ低くすること。構えは高いのですが、トップがそこから出てしまうので鋭角に入ってしまい、いわゆる引き出しがないのでボールを押せない。
(3)高めに伸びあがらないこと。
高めのボールの際バットが寝て、伸びあがってしまいます。(以前紹介した坂本ティーを最近全くやってないのでインハイの高めを叩くコツを忘れてしまっているようです)

私はまだまだ不満ですが、打撃においてはコーチから褒めてもらっているようです。
三振が少ないと・・・・・(笑)

そうそう素掘りも変えさせました。
真横というか高めのストライク付近を振っていましたが、「真ん中又はやや低めを振るように」

これは、バットを落として先の重さを意識させる為と初球から狙うコースを振っておく為」です。

●守備においては2つ
(1)横投げの禁止。
  送球の際に横振りになりシュート回転で逸れることがよくあります。
 特にゲッツーの際の2塁ベースから一塁への送球がひどいので、今日も“監督からしっかり腰を切って投げなさい” と言われていました。短い送球でも横から投げるのを禁止させました。
(2)雑になるな 
 たまにあっと驚く姿勢で捕球態勢に入るので、あくまで基本に忠実であること
  
身長は母に追いつきました。大きくなっていますが元が小さいのでまだまだです。
実は野球においては、高校時の父をすでにあらゆる面で抜き去っています。(だって父親はヒットを打った記憶がほとんどないですから~)それでも足だけはまだ私の方が速かったかな。

また、ひょろっとしたタイプなので、パワーは望めない

明後日から秋の公式戦で、3グループで6チームの総当たり。全勝して1位通過を狙うというからなかなか関係者の鼻息は荒いです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。