スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

至学館校歌を聞く

  • 2011/08/07(日) 23:18:50

至学館校歌を聞く
ー愛知決勝ー


もう甲子園での熱戦が始まっているのにまだまだ地方予選で伝えたいことある。
それでも明日、愛知代表の「至学館高校」が甲子園に初お目見えする。
前進は中京女子大付属高校であり、創立6年目にして初出場である。

東海地方の人でも、「えっそんな高校あったの?」でしょうから、ほとんどの人が愛知代表だとはわわからないでしょう。
しかし、必ず話題になり注目されるであろうから、テレビで話される前にその二つは紹介します。
1.亡きエースの思いを念じて試合に臨んでいる。 今年の2月に交通事故でなくなった桐林さん(昨年のエース、当時18歳)への思いを常に念じている。
 試合の始まるまえに、マウンドへ集まってみんなで空を見上げる。「桐林さん俺たちはやります。天国から見守っていてください」とでも言っているのだろうか。正に野球の神様を味方につけている。それが、本当に決勝戦でもおきるのだから、現実はドラマを超えたかもしれない。

2、アニソン風の校歌が感動を呼ぶ 私は、至学館×名電工の決勝を見にいったのですが、実はあるサイトでなんだあの校歌、はずかしいといいう愛知の野球ファンの声を聞いた。それでもアニソン風、J-pop風で面白い。という意見もあり結構楽しみにしていました。
(ちなみにアニソン風をアヒソンという歌手でもいるかと思っていたのですが・・・)
 そこで、聞いた歌は、これは校歌というか演出としか思えないほど、勝者には似合う歌である。
 これは、胸が熱くなることは間違いない。(すくなくとも私は今年はじめて胸がキュンとなった)

そんなことで、この歌の歌詞、実際の歌、といきさつを紹介します。

1.歌詞 至学館ー夢追い人ー
1番

一番高い所に登って 一番光る星を掴んだ
一番辛い道を選んで 一番強い心をまとった
海を渡る風が吹いた カシオペアが近くに見えた
夢を追い続けた そしてここまで来た
でもどうしてかな 熱い涙が止まらない
うつむきかけた時 君の顔が見えた?
差し出された白い腕が 翼に見えた


2番
いろんなことを経験したね あんまり先を急がないでね
いろんな人に巡り会えたね そんな旅なら悪くはないさ
オリンポスの丘の上から 女神様の歌が聞こえた
夢を追い続ける もっと遠くへ行く
でもどうしてかな いつもみんなにいて欲しい
一番星よりも夏の星座が好き 君がいれば夜を越えて銀河になれる
君がいれば夜を越えて銀河になれる 君がいれば夜を越えて銀河になれる


球場で流れる校歌

それにしても、私はバックネット裏で聞いたのですが、込み上げるものありました。

特にこの2行
一番辛い道を選んで 一番強い心をまとった
(歌詞がつらい時を思いだす)

夢を追い続けた そしてここまで来た
(誰にも通じるであろう夢追いの思い)
-------------------------------------------------------------
さて、ここからは「トレビアの泉」と言っても中日スポーツからの記事を紹介。

作詞・作曲:飯野歩さん(51) なんと、女性でなく中日新聞の論説委員。
いくさつ:取材を通じて親交のあった女子レスリングの吉田沙保里や伊調千春、肇姉妹の中京女子大(現至学館大)組3選手が2004年アテネ五輪でメダルを獲得したお祝いとしてプレゼントした曲だった。
歌詞は失意の銀メダルに終わった千春がバレーボール部の親友に励まされれた友情がモチーフになっている。

至学館大の谷岡郁子学長に歌詞だけFAXで送るとすぐに気にいられて、「メロディーもありませんか」と尋ねられ、
サプライズで校歌になった。05年に共学になり校歌を求めていた時期とぴったりだったそうだ。
実際歌っているのは、名古屋のプロのジャズシンガー。
----------------------------------------------------------------
エピソードを聞くとまた、歌詞が生きてきて、勇気がもらえます。
男の学長では、この校歌は生まれなかったでしょうね。

全く部外者であっても、頂点に立った時にこれを、思い切り歌える生徒達には大きな拍手を送ってしまうのです。
決勝戦での選手達
1時間40分の降雨中断でもほとんど帰る人もいなかった好試合。
私にとっては今年一番の感動でした。

スポンサーサイト

高校野球裏話

  • 2009/11/02(月) 22:57:33

高校野球裏話
 ー愛知県の場合ー


前回のスカウトの話で、
甲子園の常連校でありまがらプロへ進む選手が極端に少ないチームもありますが、これはすでに出来上がった養殖選手ばかりで編成しているからでしょう。
これって、ドキッとしている当事者もいるかもしれませんね。

実は先日、私の仕事の関係でご一緒したお母さんに、息子が中京大中京高校でショートで3番を打っていたという方がみえて驚きました。
 少なくとも身近には甲子園で活躍したとか、プロへ行った方の当人は勿論、親兄弟とも知り合いどころか、お話する機会はなかったですから(^。^)

それでも、今年甲子園で活躍した都城商業の監督さんとは宮崎の決勝戦の前日お目にかかりましたが、決勝戦前日の午後でしたが、教員ということで職員室に見えました。(当たり前ですが)

 そのお子さんは、中学は軟式であったのですが中京ではショートのレギュラーになったというから“それは凄いですね”と言ってしまいましたが、最後の夏の甲子園へは、名電と決勝で敗れていけなかったそうです。
 それでも、当時の同級生は現在慶応大で4番に抜擢されすでにレギュラーで、当人も法政大へスポーツ推薦してもらったということです。
 
 実は、中京大中京も歴史はすごいですが、低迷というか一時学力重視の学校改革を行なっています。 ですから、野球だけ上手だという選手をとらなくなっています。
 実はこれはもう全国的な傾向です。
 岐阜の毎年甲子園へあと一歩で負けてしまう私立高校でも、あるクラブからの推薦枠が2つあるのですが、兎に角評定平均は3.0以上はお願いしたいということです・・。
 ・野球だけでは生徒が集まらない
 ・野球部だけを特別扱いすれば、学校の全体の評判も落ちてしまう
 
 という現実にぶつかっているのでしょう。
 
 今年甲子園で優勝された大藤監督は「振るいおとしでなく個性重視の指導方針に変えている」と言われています。 ですから、現在は1学年20数名だそうです。

 さて、今日の話題は、愛知県高校野球裏話です。
 双方のファン?が入り乱れて口は悪いですがそこは、「2ちぇんねる」ということで・・・。
 その中京大中京が破れたと愛工大名電は、予選でコールド負けを食らうなど昨年の夏の甲子園出場を最後に元気がありません。
 あんなにすばらしい選手(タレント)を集めたのに、どうして無残に敗れたのかなどが語られていますので興味のある方は読んでみて下さい。

 私はイニシャルで話された関係者は一切知りませんが、最後まで面白く読ませてもらいました。
 何か、「甲子園の常連校でありまがらプロへ進む選手が極端に少ないチームもありますが・・・」
何かこれに通じるものがあるかもしれません。

中京大中京と名電はなぜこんなに差がついたのか


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。