スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンタルトレーニング はじめに

  • 2009/01/09(金) 23:59:59

メンタルトレーニング はじめに
ー呼吸を整えるー

少し前の話題で、いつもフィギアの試合を見ているわけではないですが、浅田真央さんの世界グランプリの優勝の時でしょうか、
その始まる前に、新しいコーチと向き合ってさかんに深呼吸をして、リンクに上がっていたのが始まる前に「おやっと」思いました。

優勝後の話でも、呼吸法によるメンタルトレーニングを積んでいたという話がありました。

オリンピックのソフトボールチームもだそうですが、恐らくオリンピックに出るような選手は全部とは言わないまでも、かなりの選手がしているのではないでしょうか?
野球の選手はしてなかった(チームとしては)と思いますが(笑い)

そういえば、松坂選手においても緊張した場面では深呼吸をして呼吸を整えているように見えますが、もともと緊張すれは心拍数が増えるので自然に呼吸が荒くなる(心臓がパクパクする)のは当然でしょうから、これを意識して行うことが必要です。

かくいう私がそんな場面で試したわけではありませんが、真央さんの話から興味を持って1冊の本を最近読みました。実はそんなトレーニングの本は何10冊とあるのでしょうが、これは野球選手の話が
ところどころに出てきますので次回から少し紹介していきたいと思います。

また、これによると、埼玉西武の渡辺監督の指導方針の「決して怒らない」「今を楽しめ」という指導方法、「寛容力」も結局は緊張した状況下で能力を引きだす立派な方法であるのだと気づかされました。

日頃、見聞きしたことを感じたことをまた書いて繋いでいきますおつきさま
息子の年末の左腕の骨折で、新春からの外でのトレーニングが制限されていますので、入団予定のチームへは入団の意思も言ってなくて、私も少し気が抜けた日々ですが、こんな言葉を高橋尚子が言っていましたよね。
---------------------------------------------------------------------------
何も咲かない寒い日は 下へ下へと根を伸ばせ やがて大きな花が咲く(高橋尚子)
---------------------------------------------------------------------------
彼女が学生(生徒?)時代に恩師から言われた有名な言葉だそうですが、怪我で練習ができないときもこれを思い出して頑張ったということです。

よい言葉ですね。私が野球をやるわけではありませんが、今はそんな心境で年初を過ごしています。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。