スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球のコツ

  • 2014/11/26(水) 23:13:37

野球のコツ
ー片手捕りとショートバンドの練習ー


私は両手で採れとほとんど言わないことは以前書いたと思いますが、学童が片手でポロポロするのはグラブの芯がなかったり、グラブの使い方が悪かったり、握力がないなど多くの理由があります。

それを補助的にもう一つの手を添えることを強制することは、かえって悪いくせをつけてしまいます。
手を伸ばせばシングルで取れるのにわざわざ両手でというコーチもいますし、前へ伸ばせばショートバンドで取れるのに
両手でいっていいバウンドを逃してしまいます。

ただ、器用な子でよくいるのはいつも片手でいつも獲りにいってしまうので、片手、両手のケースを覚えるのが大事な気がします。

ごろ捕球はしっかり前へ出ながらいかにハーフバウンドを避けるかですが、手を前に出してショートバウンドで捕る練習は
、かなりいい練習になります。

①グラブを地面につけたところへショートバンドを近くから投げる。
 グラブを上へ上げながらト・トンのタイミングでグラブに収まる感覚を覚える。

②4、5m離れ、その1mぐらい前へコーチが下からの山なりのボールを落として、ショートバンドで捕る。
 自分からショートバンドの位置へ動けるようにようにする。

③距離を長くしてツーバウンド目をショートバンドにする。

④普通の柔らかいノックでショートバンドでいけるものはショートバンドを意識させる。

ここでは身のこなしがものを言うので、出来る子は飲み込みが早いですが両手で捕ることが身に付いちゃっている子はここでも両手でグラブを前に出してしまうので、どうしても思い切りが悪い。それと下から上へのグラブ使いも、片手のほうが身につきます。というより止まっているのならいざ知らず、動きの中で両手ではグラブを下(地面近く)へ、前へ持っていくことは無理があります。

この練習中にあるコーチがいいました。
“今のは上手かったな~。でもそれが両手でできたらもっといいぞ”

違うんだな~片手でいいんだよ片手で

スポンサーサイト

ジュニアドラゴンズ

  • 2014/10/26(日) 21:16:14

ジュニアドラゴンズ

ジュニアドラゴンズの結団式が先日あったそうですが、今年は札幌ドームでなく福岡ヤフオク!ドームなんですね。
そんな話題も実は当クラブからも選手が選抜されたからです。

これって少し前の弱小チームからすれば凄いことなんですが、彼に誘われて入った子も多いようで、それがチームの
躍進につながったような気もします。 

3年生で当時の六年生と同じぐらいのボールを投げていましたから素質はすでに持ち合わせていたのでしょう。
それでも一時横投げみたいになり、肘を痛めていました。
今はしっかり腕を振り下ろすことができるのですが、キャッチボールでは軸足がしっかり前で出ないこともありますの
そこを注意してほしいと思います。

この時期、小学6年生でいつも見られるのは、ボールがB号では軽くなるので、強いボールが投げれるようになり、
勘違いしてステップしたりボールを素早く握ることを怠ってしまうことです。
採ったボールをグラブにいれたままヒョイっと上げて片手でキャッチしたり、横投げをしたみたり。

気の緩む時期ですが、合同練習などをして次のステップへ備えてください。

たかが姿勢されど姿勢

  • 2014/09/21(日) 20:47:47

姿勢から野球を学ぶ (1)
ー姿勢で筋肉の力が入る場所が違ってしまうー


最近は土曜日曜はその朝どこへ行こうか決めるありさまです。高校野球であれば愛知、岐阜なら秋季大会のベスト8、ベスト4ぐらいでどちらかへ行っているのでしょうが、学童やDVD三昧な生活です。

小学校が遠征でないときは、午前中の練習に顔を出しています。
今日はヒマラヤ杯のグループ優勝をかけての試合ということで、その前の下級生の練習と試合を拝見。

前々回でしたかボールをグラブに当てれなくて、グラブと手で挟むような摂り方の子は、教えたことをちゃんと守っていたのでまずは安心です。膝や肘に遊びがないので、柔く使うことを何度も何度も教えます。



今回は宮本慎也氏がPL時代に体の仕組みから教わったのだが今の子はその逆の子供が多いということを書いています。
一つには「気を付け」の姿勢で立たせると両足の親指をくっつけてしまうという。
本来は「かかとを揃えるのが野球には必要」だと書いています。
 野球の守備では腰を落とす時や足を運ぶ時、スローイングの時はこの内側の筋肉を使う。
腰が落ちない子は体が硬いからとか、足の筋力がないから我慢できないとかで片付けてしまいがちですが、この起立の姿勢を知らいない子はそれだけでハンデをもって野球をしていることになりそうです。

その点、中学の硬式グラブで練習の最後でやっていた姿勢の作り方は高校へ行ってから非常に役にたったのでは。
捕球姿勢では非常にいい指導であったと思っています。

ごろ捕球
※ごろ捕球 姿勢で検索した写真を使わさせてもらっています

普通の捕球姿勢をとり、後ろから補助の1人が選手の両足の外から両足の内側へ足を入れます。馬乗りになった補助員のお尻は選手の腰にくる感じでしょうか。
ただ低くなるだけでなくお尻が上がっていると上手く乗れませんのでこうやって、ここまで低くするということを体で覚えるにはいいです。

軟式ではそういう低いボールは少ないしょうが、小学生でも練習のはじめか、最後に取り入れてみることをお薦めします。

打つ瞬間までボールを見る (2)

  • 2014/09/17(水) 21:24:49

span style="color:#3333cc">打つ瞬間までボールを見る (2)
ーその意味は何だろうかー


前回はボールを瞬間まで見ろということは、肩が早く開かない方法の一つと書きたかったのですが。
これを強調するとあれっと思ったとに手が出ないということが起きます。

ポイントがいつも前めで、体がつっこみぎみのバッターにボールをよく見ろと言われても、見た瞬間に今度はバットが出てきません。
好打者の中には、「ボールはボ~っと見ろ」という選手もいます。

これって私なり思うのは、目に力を入れてよく見ろではなく、「打つ瞬間まで、ボールを見るがごとく頭を残すんだよ」ではないでしょうか。
そういう意味では「ボールはボ~っと見ろ」も間違いではないと言えるかもしれません。

どうしても当たる瞬間まで顔を残すことが出来ない選手には、こんな指導をすることもあると聞いています。

「ボールを追いながらキャッチの捕球したところまで見ろ!」
これも、極端に逆のことをして矯正する方法でしょうが、この首を捕手の方へ振るという動作は結局ボールを見る際の首の動きと同じです。

投手が投げるボールを見ている首は、打つと判断した瞬間にボールを追ってヒッティングゾーンまで首をひねって戻さないと、頭を残せないわけで
それがいつもできるようにするには結局これがいい練習方法になるかもしれません。

だったら、アゴが上がったり、目が離れてしまう選手は投手のピッチング練習の際にこれにお付き合いする。
投手も打者がいたほうがより実践に近いでしょうから一石二鳥ですね。

キャッチボールで上手く構えれない

  • 2014/08/30(土) 20:31:18

キャッチボールで上手く構えれない
文字色

キャッチボールは基本中の基本といっても、入団して間もない子は投げるどころか上手く構えられない子もいます。
そのような子はボールを上手くグラブの芯で捕れなません。

それも大きくわけて二つのタイプあるようで、一つはグラブの網でいつもキャッチする子は、ボールを怖がっているやグラブが二つに折れてしまっていてグラブに芯がないのでこともあります。

もう一つは意外とこれも5人に1人2人ぐらいは両手でボールを両サイドから掴む子がいます。

でも、実はこれが普通といえば普通、グラブがなけれは、相手からゆっくり投げられればそうやって捕ってます。
 拍手するような構えですね。両手で捕るということを強調すればそう思い込むかもしれません。

当チームの低学年にもそんな子も二人います。これは早かれ遅かれ治るでしょうが時間が勿体ないし危ないです。

どうしたらよいか考えた末に、以下のことで一応、少し治りました。
そのような子は構えがまずなってない。

1.両足を均等に開いて構えていない。
  何故か半身になってしまっています。まっすぐ両足、上半身を相手へ向けるようにします。
2.両手の脇が空いていない。
  どんなに指導(両手へ前へ伸ばして少し手前へ引く)してもできません。

 それはやはりボール両サイドから掴むしかできないのでグラブを体から離すことが怖いんだと思います。
 そうだからグラブの芯を相手に見せることができなくて半分ぐらいしか相手に見えない。

 試した方法は
 (1)構える前にグラブの先(中指、ひと差し指を上から押させます)   これはグラブを広げる動作でよくやると思います。これにより、構える前の一定のリズムが出ます。
   グラブを一度叩くのもいいでしょうが、よりグラブを広げる意識をはっきりさせます。
 (2)その後に相手にパー(手の平)を必ず見せるよにします。

  また、この(1)を行うことにより、一度グラブを横にするので、肘があがりそのまま構えれば、  脇がくっついてしまう悪いクセ防げ構えの形がよくなりました。
  まさに一石二鳥の効果ありじゃないでしょうか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。