スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球のコツ

  • 2014/11/26(水) 23:13:37

野球のコツ
ー片手捕りとショートバンドの練習ー


私は両手で採れとほとんど言わないことは以前書いたと思いますが、学童が片手でポロポロするのはグラブの芯がなかったり、グラブの使い方が悪かったり、握力がないなど多くの理由があります。

それを補助的にもう一つの手を添えることを強制することは、かえって悪いくせをつけてしまいます。
手を伸ばせばシングルで取れるのにわざわざ両手でというコーチもいますし、前へ伸ばせばショートバンドで取れるのに
両手でいっていいバウンドを逃してしまいます。

ただ、器用な子でよくいるのはいつも片手でいつも獲りにいってしまうので、片手、両手のケースを覚えるのが大事な気がします。

ごろ捕球はしっかり前へ出ながらいかにハーフバウンドを避けるかですが、手を前に出してショートバウンドで捕る練習は
、かなりいい練習になります。

①グラブを地面につけたところへショートバンドを近くから投げる。
 グラブを上へ上げながらト・トンのタイミングでグラブに収まる感覚を覚える。

②4、5m離れ、その1mぐらい前へコーチが下からの山なりのボールを落として、ショートバンドで捕る。
 自分からショートバンドの位置へ動けるようにようにする。

③距離を長くしてツーバウンド目をショートバンドにする。

④普通の柔らかいノックでショートバンドでいけるものはショートバンドを意識させる。

ここでは身のこなしがものを言うので、出来る子は飲み込みが早いですが両手で捕ることが身に付いちゃっている子はここでも両手でグラブを前に出してしまうので、どうしても思い切りが悪い。それと下から上へのグラブ使いも、片手のほうが身につきます。というより止まっているのならいざ知らず、動きの中で両手ではグラブを下(地面近く)へ、前へ持っていくことは無理があります。

この練習中にあるコーチがいいました。
“今のは上手かったな~。でもそれが両手でできたらもっといいぞ”

違うんだな~片手でいいんだよ片手で

スポンサーサイト

野球のコツ

  • 2014/11/24(月) 20:48:37

野球のコツ
ーコントロールつけるにはー


コントロールをつけるには握り方や手の振りやステップなど数え切れないほどあるでしょうが、今回はこの題で、ボールを離す際に指で強く押すことを紹介します。

よくボールを手のひらに乗せて、指先で真上に上げることをしている選手(特に投手)をみますが、これって大事だなと思います。つまり指先感覚です。

これはあたりまえですが、初めての子はできません。手を全体を使ったり手首をつかってしまうのですが、主に人差し指、中指のみを使います。

私は小学校5年の秋という比較的遅く入部した学童には素振りだけでなく、これとボールを素早く掴む練習を日課とさせます。

投手では仰向けになり天井へ向かってボールを真上へ上げる練習ですが、これはボールを強く握ったりすれば上手くできないので軽く握る習慣もつきます。

私の経験ですが、トスバッティングでストライクが急に入らなくなった時に、指先で押す感覚でボールに回転をかけることにしたら力が抜けてストライクが入るようになりました。もう50才の時ですが・・・(笑)

これは投手だけでなく内野手でもこのスピンの感覚は必要です。これは短い距離でも磨けますからこの指先感覚を磨いておいて損はないでしょう。

もと中日鈴木孝政さんの言葉を借りて、これを野球のコツとします。
野球のコツ: 最初からボールを強く握ると、手首がロックされるためにスナップが効いた回転のよいボールは投げられません。はじめからしっかり握るのではなく、ボールが指先から離れる直前リリースする直前に指先に力をいれましょう。

『42 〜世界を変えた男〜』

  • 2014/11/10(月) 21:30:47

『42 〜世界を変えた男〜』

今は、息子が大学の受験勉強なので高校野球の練習試合も見ることもないですし、秋の県大会や東海大会なども見ることはありませんでした。 もっぱら少年野球ですが、今年はプロ野球の試合は1試合も球場では見ていないのに気がつきました。

すこし、気が抜けた感じです。

今回はひさしぶり野球の映画を見たのですが、派手さはないですが野球ファンは必見の映画です。
『42 〜世界を変えた男〜』 見られなくてもほとんどの方は知ってみえるでしょうが、黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの伝記ドラマです。そう全球団の永久欠番42のジャッキー・ロビンソンです。

その中で、ブルックリン・ドジャースの会長ブランチ・リッキーをハリソンフォードが名演技でしたね。
彼の代表作は何だろうなとふと考えたんですが、やっぱり私は「ブレードランナー」かな。そして「レイダースー失われたアーク」「逃亡者」 いや「刑事ジョンブック」かな? 迷いますね。

「ブレードランナー」といえば独特な哀しさのあるSFですが、その独特の哀しさのあるSFはと言えば・・・「ガタカ」「第9地区」が好きです。
 それにしてもハリソン・フォードは名作が多い。
 ハリソン・フォードの作品

最後に、映画の中でジャッキー・ロビンソンが私なんかと契約していいのか?というと(状況や言葉はちょっと違うかもしれません)、会長ブランチ・リッキーのこんなようなせりふがありました。
「君は私の野球への情熱を、またかりたててくれたよ」

 今は自分もそんなことを待っているかもしれません。 

江藤省三さんの野球教室

  • 2014/11/05(水) 20:39:03

江藤省三さんの野球教室


お久しぶりです。
今回は私がしばしば引用させてもらっている、江藤省三さんの野球教室をリンクします。
少年野球の本も出してみえますし、軟式、大学野球、硬式など幅広く活躍してみえるので、いろんな質問にも答えれるのはいいですね。

 江藤省三さんの野球教室

ジュニアドラゴンズ

  • 2014/10/26(日) 21:16:14

ジュニアドラゴンズ

ジュニアドラゴンズの結団式が先日あったそうですが、今年は札幌ドームでなく福岡ヤフオク!ドームなんですね。
そんな話題も実は当クラブからも選手が選抜されたからです。

これって少し前の弱小チームからすれば凄いことなんですが、彼に誘われて入った子も多いようで、それがチームの
躍進につながったような気もします。 

3年生で当時の六年生と同じぐらいのボールを投げていましたから素質はすでに持ち合わせていたのでしょう。
それでも一時横投げみたいになり、肘を痛めていました。
今はしっかり腕を振り下ろすことができるのですが、キャッチボールでは軸足がしっかり前で出ないこともありますの
そこを注意してほしいと思います。

この時期、小学6年生でいつも見られるのは、ボールがB号では軽くなるので、強いボールが投げれるようになり、
勘違いしてステップしたりボールを素早く握ることを怠ってしまうことです。
採ったボールをグラブにいれたままヒョイっと上げて片手でキャッチしたり、横投げをしたみたり。

気の緩む時期ですが、合同練習などをして次のステップへ備えてください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。